【地域貢献】採択課題一覧(H26)


平成26年度 【地域貢献】採択課題

代表者 プロジェクト
阿部 栄子
きもの着装プロジェクト
和服は日本固有の衣服であり、そのなかには日本人ならではの文化が凝縮されています。さらに、自然を慈しむ生活様式の中で培われた先人たちの感性は、日本のきものに独特の美意識を生み出しました。国内だけでなく海外からも注目を浴びている日本人の誇るべき叡智が結集されているこの民族衣装「きもの」について、その奥深さを紹介すると同時に一人でも多くの方々に「きもの(和服)」に触れ、きものを着装していただきたいと考え、本プロジェク立ち上げました。
現代女性の殆どが一人では着装できなくなっていることから、本プロジェクトでは着装セミナーを開催し、着装技法をわかりやすく紹介します。単に、きものの着装だけでなく、きもの文化についてや歴史についても紹介する予定です。セミナーの受講対象は、本学の在学生はもちろん、卒業生、地域住民をも含めて多くの方々とします。受講者が日本文化を理解しつつ、きものが一人で着装できるようになることを目指します。本セミナーの受講を通して、世代を超えた人々が広く和服に興味をもち、日本文化の理解を深め、次世代へと本学の歴史と共に築いてきた「きもの文化」を着実に後世へと伝承して行くことを目的としています。
岡 健
多摩市立子育て総合センターにおける取組の報告
多摩市と本学は、連携事業を通じて地域社会に貢献するため、2003年「多摩市と大妻女子大学の連携に関わる基本協定書」を締結した。また、2008年にはこの協定書に基づき、子育て支援に係る相互協力および連携事業に関する細目協定を締結している。
本プロジェクトでは、これら協定のもと2009年11月から2014年3月まで三者(多摩市、NPO法人たすけあいの会ぽれぽれ)による協働事業として運営された「多摩市立子育て総合センター」の取り組みのうち、本学が大学の専門性を生かして担当した3機能(子育てひろば事業、一時保育事業、人材育成・研修・ネットワーク事業)の報告、及び、本学独自事業(子育て応援とうきょう会議における保育者研修、多摩市の専門学校である桜ヶ丘青溪看護専門学校の母性看護実習)の取り組みの報告をもとにシンポジウムを実施することを通して、その成果を地域社会に還元し、今後の地域社会における子育て支援分野の発展に貢献する活動を行う。
原田 龍二
大妻女子大学合唱団 音楽ボランティア
多摩ニュータウン地域は1966年から開発がはじまり、日本最大規模のニュータウンとなった。しかし、近年、初期入居地区では約40年が経ち、入居者の高齢化が問題になっている。そこで合唱団は、多摩ニュータウン地域の高齢者を対象に、高齢者向けの福祉施設を訪問して、歌に親しんでもらうボランティアをしたいと考えている。施設の利用者に、歌に親しんでもらうという身近な楽しみを通して高齢者の方が、少しでも健康で前向きな人生を送れるよう、その一助となれば幸いである。
大妻女子大学では2009年に子育て支援に係る連携をしたが、高齢者支援に係る取り組みはまだ行われていないため、この事業が高齢者支援の契機となれば幸いである。
平井 郁子
綿花の栽培から作品の製作まで
現代における生産分離社会において、原料から製品までの過程を体験学習できる機会はほとんど存在しない。特に繊維製品は90%以上が海外からの輸入に依存しているのが現状であるため、近隣での生産現場を見学することもままならなくなっている。そこで、短大の衣料管理士を履修している学生に身近な衣服の原料である綿花を育てる体験を通して、綿花の成長、素材の特徴などを学習させる。また、近隣住民の方を交えた綿花の講演会、栽培した綿花と東北の塩害のために栽培された綿花などをブレンドした綿を用いた作品つくりの講習会を開き、手仕事の面白さを伝えると共に、講習会で得られた収入を東日本大震災支援のための募金として被災地へ送り、地域貢献に役立てる。
平野 泰宏
運動・スポーツによる健康づくり、絆づくり、地域づくり
社会の成熟化が進み、私たちは自由で便利な社会生活を営んでいる。しかし成熟社会を実現した故に新たな問題も生起している。そのひとつが、かつて人類が経験したことのない未曾有の危機〝身体活動(運動)量の減少〟問題である。今般、日本の健康政策では健康寿命の短縮(要支援・介護)に至る主要原因としてロコモティブ・シンドロームが認識され、高齢者のみならず若年世代から日常生活における運動量の増加を推進している。
また、我々は震災を経験し、改めて人と人との繋がり(絆)の大切さを実感し、常日頃から地域社会への帰属意識を高めて健全で健康な地域社会を築いていくことが必要であることを痛感したところである。
本プロジェクトは、これら学生及び地域住民の健康づくりと、人と人との交流(絆)を礎とした健全で健康な地域づくりという課題に貢献するものである。