「スコットランド オーケストラ コンサート」を開催

「スコットランド オーケストラ コンサート」(主催:大妻女子大学地域連携推進センター、後援:千代田区・学校法人大妻学院・一般財団法人大妻コタカ記念会・大妻女子大学人間生活文化研究所)を7月3日(水)に大妻講堂(大妻女子大学千代田キャンパス内)で開催し、およそ450人が来場しました。  今回演奏したエアシャー・フィドル・オーケストラは弦楽器奏者の団体で、スコットランドの南西部サウス・エアシャーを拠点に活動し、1986年から伝統的なスコットランドの音楽と踊りをアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、南アフリカ、北欧、ヨーロッパ全土へと世界に届けています。過去には、ウエストミンスター宮殿、欧州議会、シドニーのオペラハウス、アメリカのホワイトハウスでも演奏活動をしてきました。日本に来るのは今回が初めてで、その最初のコンサート会場に本学が選ばれました。

このコンサートでは、バグパイプ(民族楽器の一つ)の演奏に始まり、弦楽器を中心とした演奏とスコットランドの踊りと歌が披露されました。ジャンプをしながらの弦楽器演奏もあり、そのパフォーマンスに誰もが驚き、伝統音楽に合わせた踊りに手拍子をしたり、一緒に歌ったりと会場が一体となって観客が楽しんでいた点が、とても印象的でした。  また、本日は、本学と日頃より親交の深い駐日英国大使館より、セーラ・マデン英国大使婦人がお見えになり、最後までコンサートを楽しんでいらっしゃいました。

なお、来場者から寄せられた募金100,408円は、全額「あしなが育英会」に寄付いたしました。ご協力、誠にありがとうございました。


2019年7月8日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp