【地域連携プロジェクト】「大妻囲碁フェスタ ~坂の上の街を囲碁で盛り上げる~」を開催しました

平成30年度地域連携プロジェクト「坂の街を囲碁で盛り上げる」の活動の一環として11月4日(日)に家政学部の川之上豊教授が「大妻囲碁フェスタ ~坂の上の街を囲碁で盛り上げる~」を大妻女子大学の地元である千代田区・九段商店街振興組合の皆さまなど、地域の方の協力のもと開催しました。
囲碁大会は10時~15時50分まで、昼食を挟み3局行い、それぞれの回で棋力により組み合わせを決めて対局しました。
大会参加者は25人、うち小学生が11人で、大人顔負けの対局をしていました。囲碁入門教室は参加者24人で、午前10時20分~12時、午後13時30分~15時10分に分かれて、日本棋院常務理事・棋士の原幸子氏がわかりやすく丁寧に囲碁の道具やルールの説明をし、通常の碁盤より小さな盤を使って囲碁の対戦を行いました。
参加した方々からは、「いろいろな方と対戦できて楽しかった」「またこのような機会があれば参加したい」「はじめて囲碁をやったが奥深いのでこれからもっと勉強していきたい」などの感想をいただき、とても盛況でした。

開会式

囲碁大会風景
 

囲碁入門教室風景