「大妻みちあそび」開催

9月8日(土)13時から15時「大妻みちあそび」と題して、普段遊ぶことのできない道で、元気に遊んでお友だちをたくさんつくろう!という企画を実施。大妻女子大学の校舎間の道に子どもが約30人、保護者が20人ほど集まって、お絵かきにフラフープ、水鉄砲にしゃぼん玉など、思い思いの遊びを楽しみました。
当日は、お天気は良かったものの風が強く、予定していたテントを立てることができなかったり、飛ばされそうで会場の装飾ができないアクシデントがあったものの、通行止めにして人工芝を敷いたエリアで寝ころんだり、大きなビニールプールのエリアで水をかけあったりなど、いくつかのエリアに分かれ、それぞれが好きな遊びを楽しみました。中にはプールに入ってしまう子どもも。最初は保護者から離れようとしなかった子どもたちも、時間がたつにつれて本学の学生や初めて会った子どもたちともすぐに仲良しになり、元気いっぱい走り回っていました。偶然通りかかって参加した近所の子どもたちもいて、まるで公園のようににぎやかになりました。
この企画は、TOKYO PLAYの嶋村先生、石田先生にご指導いただき、大妻女子大学地域連携推進センターが実施したもの。参加した子どもたちからは「楽しかった」「もう終わり~、帰るの嫌だ」との声があがり、保護者の方々からは「毎年やってるんですか?」「今度はいつ開催ですか?」「また参加したい」などの感想が寄せられました。大好評をいただき、今後もこのような地域貢献イベントを企画していきたいと考えています。

楽しそうに遊ぶ風景
【みんな大好き水遊び】
 

 

【いろんなことして遊んだよ】

 

【お片付けもお手伝い】


2018年9月10日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp