恒例の大妻神輿 元気よく神輿振りの奉納を行いました

夏の風物詩「みたままつり」が7月13日(金)から16日(月)までの4日間、東京都千代田区の靖国神社で開催され、今年も大妻女子大学の学生が参加・協力しました。
お祭りの最終日にあたる16日(月)午後6時30分から、高張り提灯を先頭に大妻女子大学と麹町靖国講による「みこし振り」が盛大に行われました。

IMG_7228

当日は、35度の猛暑の中、体連に所属するチアリーディング部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、ラクロス部と一般応募の学生およそ100名が威勢の良い掛け声を響かせながら神輿を担ぎ、多くの人出でにぎわう靖国神社境内を練り歩きました。

IMG_7229

大鳥居前に集合

IMG_7230

みこし振り1

 

 

 

 

 

 

 

おそろいの赤い半被(はっぴ)を身にまとい一致団結した学生が、神社入口の鳥居から一番奥の拝殿まで約1時間、
元気よく神輿を担ぎきりました。

IMG_7231

みこし振り2

IMG_7232

みこし振り3

IMG_7236

休憩中のチアの演技

IMG_7237

みこし振り4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みこし振りの奉納後は、靖国神社から感謝状をいただき、更に千代田区三番町町会の世話役の方々から「今年は人数が多かったので、元気で勢いがあって神輿が盛り上がった」とお褒めの言葉をいただきました。

IMG_7238

本殿神輿入り

 

 


2018年7月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : chiiki_wp