『からだが喜ぶ食事で “ハッピーなコウレイシャ”になろう!』を開催しました

大妻女子大学では、8月19日(土)「からだが喜ぶ食事で “ハッピーなコウレイシャ”になろう!」(大妻女子大学地域連携推進センター主催)と題して講座を開催し、短期大学部家政科 下坂智惠教授を講師に、10名が熱心に話を聞きました。
まず最初に、日本人の健康寿命と平均寿命の差などをデータを用いてわかりやすく解説した後、病気のリスクを下げるための方法を4つに分けてお話しされました。続いて、からだが喜ぶ食事の例として、下坂教授が実際に調理実習の授業で教えている簡単に作れるレシピなどを紹介しました。最後に「幸せ・楽しさを感じるためにはストレスに対し自分なりの解消法を心がけることや、気の合う人との食事、長寿食は一食一食の積み重ねです。楽しみながら健康寿命を延ばしましょう」と締めくくりました。
参加者からは「健康寿命と平均寿命の差に驚いた」「レシピを参考にした食事を取り入れたい」「ストレスが全くない環境で生活するのは難しいが、自分なりの解消法を見つけ少しでもストレスを感じないで生活できるように心がけたい」との声が寄せられ、健康と食生活について意識高まる講座となりました。

【講座の様子と配付資料】
 

今後も、地域連携推進センターでは、いろいろな企画や講座を開催していく予定です。開催が決定しましたらホームページまたは千代田区の掲示版等でお知らせいたします。


2017年9月4日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp