多摩地域障害者雇用Tボール大会開催

大妻女子大学多摩キャンパスで、多摩地域障害者雇用Tボール大会が、4月29日(日)盛大に開催されました。

当日は多摩地域で障害者雇用を行う大手企業の特例子会社19社、25チームが参加。選手500人、応援300人、大妻女子大学の学生ボランティア30人、総勢800人以上が集う盛会となりました。

Tボールは、バッティングティーにボールを乗せて打つソフトボールに似た球技で、ルールを工夫することで身体障害、知的障害など、幅広い障害のある人が楽しむことができるものです。
参加選手は知的障害のある人が多いが、中には身体や聴覚に障害のある人もいて、車いすのままバッティングをしたり、学生ボランティアに車いすを押してもらって守備をする様子も見られました。
大会を支えたボランティアは、会場となった大妻女大学人間関係学部人間福祉学科の学生たち。会場の準備や片づけの他、各チームに入って応援をしたり一緒にプレーをして、障害のある人との交流を深めました。
  
「最初は緊張したが、一緒に応援しているうちにチームに溶け込めて、すごく楽しかった」「障害のある方がいきいきとプレーしている様子を見て、ますます福祉の勉強を頑張ろうと思った」などの感想がボランティア学生から寄せられました。

昨年度のTボール大会でボランティアをした学生の中から、この春に2名が特例子会社に指導員として就職したという。人間関係学部長の小川教授は「人間福祉学科では障害者の就労支援に携わる人材育成に力を入れているので、この大会は学生にとっての教育的な意義も大きい」と言う。

地元の企業と大学との連携によるTボール大会は、来年もますます盛会になりそうです。

(人間関係学部人間福祉学科教授・小川浩)