大盛況の大妻さくらフェスティバル2015

①P1050708
「大妻さくらフェスティバル2015」(大妻女子大学主催、千代田区、大妻コタカ記念会後援)が3月28日、千代田キャンパスの大学校舎アトリウムと本館で開かれました。当日はお天気にも恵まれ、東京の桜の開花宣言が出されて初の週末ということもあり、約650人もの来場者で賑わいました。

ステージでは、学内外13団体による演奏や演技のパフォーマンスが繰り広げられ、来場者を魅了しました。また、昨年から始まったスタンプラリーでは、子どもたちを初め多くの来場者が大学校舎や本館E棟に置いてある4種類のスタンプを集め、サクラをモチーフにした記念品を受け取りました。

千代田学事業報告では、千代田区内の7大学9件の事業報告がポスター掲示によって行われました。

修正済みDSC_0106
本館で行われた地域連携プロジェクトの報告では、10件の発表があり、本学の学生が行っている様々な地域連携活動の成果が報告されました。また、「春色の作品を作ってみよう!」と題した体験コーナーのほか、地下1階アリーナでは、和洋国府台女子中学・高等学校と和洋女子大学を招待し、白熱したバスケットボールの公開試合が行われました。

その他、大妻女子大学の神輿の展示、起震車体験、第2回大妻さくらフェスティバル俳句大賞の受賞者発表、大妻オリジナル練り切りの特別販売などたくさんの企画が催され、大盛況のうちに終了しました。

詳しくはこちら(大妻女子大学ホームページ)をご覧ください。

(写真提供:広報戦略室)