「学校や幼稚園・保育園を美術館・博物館に変身!」プロジェクト報告(2) ~連光寺小学校編~

今年も、11月21日、多摩市立連光寺小学校の図書室に、社会情報学部環境情報学専攻の生田ゼミの学生が制作した教材の「お店」が出店しました。

当日は、2時間目から5時間目までに1年生と2年生の4クラスの児童が、そして、中休みやお昼休みには、学年を問わず、多くの児童が図書室にやってきて教材を手にしてくれました。

今年度は、ゼミ生の制作した「読み聞かせ機能を付加した絵本」、「動画や音声からなる『宇宙と星座を学ぶ』教材」、「太陽系の惑星を学ぶ教材」、「地球環境を学ぶ電子書籍」、「AR(追加された仮想現実)やGridOnputを活用して制作した『さけがおおきくなるまで』の教科書の単元の副教材」、「音声ペンを用いた『はじめて学ぶ50音と単語』」、「世界の国々の朝食を通して『食育』の大切さを伝える電子書籍」、「絶滅危惧動物を通して環境を守ることの大切さを伝える電子書籍」、「天気の変化を学ぶ音声ペン教材」、そして、これまでの卒論生が制作した「多摩動物公園で遊ぼう!」、「音声ペンで学ぶ外国語(英語)活動用の教材」などを展示しました。また、今回は、石井ゼミの学生2名も参加し、理科の面白さを伝える試みを行いました。

各クラスの30名を超える児童全員が、必ずいずれかの教材を手にすることができるように、沢山の音声ペンを持って参加しました。「読み聞かせ機能を付加した絵本」の音声ペンの教材では、教科書の単元として取り上げられている「スイミー」などは、実際の「絵本」とは大きく異なることを児童に知って欲しいと願い、「実際の絵本に読み聞かせの機能を追加し、児童に読んでもらおう」と取り組まれました。教科書の単元に比べて絵が沢山描かれている「絵本」を手にしながら、じっと聞き入る児童が続出し、制作した学生を感動させてくれました。

読み聞かせ機能を付加した「絵本」に聞き入る児童

読み聞かせ機能を付加した「絵本」に聞き入る児童

八王子市立柏木小学校における授業時間に行われた教育実践でも大好評を博した「ARと音声ペンを用いた教科書の単元(さけがおおきくなるまで)の副読本」は、iPadやiPhoneを教科書の絵にかざすことで、動画で「さけが泳ぐ姿」などを鑑賞でき、児童はびっくり!先生たちは大感激!でした。また、「小さな園児や知的障害をもつ児童生徒の学習に使って欲しい!」と制作した「はじめて学ぶ50音と単語」の教材は、1、2年生の児童にも大好評!作った学生もびっくり!大感激の1日となりました。

iPhoneやiPadを利用してAR技術を駆使して作成した教科書の副読本に観入る児童

iPhoneやiPadを利用してAR技術を駆使して作成した教科書の副読本に観入る児童

「はじめて学ぶ50音と単語」に聞き入る児童

「はじめて学ぶ50音と単語」に聞き入る児童

 

 

 

 

 

 

 

 

「世界の国々の朝食を紹介しながら、児童に朝食を摂ることの大切さを伝えよう」と制作した電子書籍、そして、「絶滅危惧動物の存在を伝えながら地球環境を守ることの大切さを伝えよう」と制作した電子書籍は、高学年の児童用に制作したものではあったが、学生が分かりやすく説明しながら伝えることで、沢山の児童が食い入るように電子書籍を閲覧してくれました。

電子書籍を見つめる児童

電子書籍を見つめる児童

「宇宙と星座を学ぶ教材」、「太陽系の惑星を学ぶ教材」、「天気の変化を学ぶ教材」も高学年の児童向けの教材として制作したものでしたが、「宇宙と星座を学ぶ教材」には太陽系の惑星の動画が映し出されることもあり、1、2年生の児童も大喜びで実践に参加してくれました。こうした、学校では学んでいない内容でも、宇宙や星座、太陽系、そして、気象などの話題は、児童がテレビで観たり、プラネタリウムなどを鑑賞することがあり、音声ペンを耳に当てて興味津々に聞き入ってくれました。

スキャナーペンで触ると動画が観られる教材に夢中の児童

スキャナーペンで触ると動画が観られる教材に夢中の児童

石井ゼミの学生の理科の教材(納豆から作った生分解性プラスティックや酸化還元反応を利用した色の変化する水などの実験教室)にも、児童たちは手で触りながら大騒ぎとなりました。

連光寺小学校の図書館司書の澤先生、元司書の大島先生、そして、参加した12名の学生

連光寺小学校の図書館司書の澤先生、元司書の大島先生、そして、参加した12名の学生

 

(今年も、美味しい給食をご馳走になり、帰るときには下校する子どもたちと手を振りながらの別れとなりました。)

なお、株式会社リコーの「紙アプリ」の取り組みは、今年度は、「紙アクアリウム」と「紙エコタウン」を用いて、この取り組みとは別の日程(12月中旬)に行われる予定です。

(社会情報学部・生田茂教授)

 

 

 

関連記事

今年度も「学校や幼稚園・保育園を美術館・博物館に変身!」プロジェクトの活動始まる!(2014/10/15)
2014 PC Conference で「学校を美術館・博物館に変身!」の地域連携活動を紹介(2014/8/14)