今年も盛況でした 大妻さくらフェスティバル2014

九段小学校によるオープニング

九段小学校によるオープニング

「大妻さくらフェスティバル2014」(大妻女子大学主催、千代田区、大妻コタカ記念会後援)が3月29日、千代田キャンパスの大学校舎アトリウムと3月に完成したばかりの別館で開かれました。東京地方の3月は寒い日が続き、桜の開花が遅れるのではないかと気をもんでいましたが、中旬頃から気温が急上昇して3月25日に開花宣言。5日後の3月30日には早くも満開になり、平成に入ってから2番目のスピード満開となりました。

当日は天気にも恵まれ、桜が咲く中、約500名の来場者で賑わいました。今年は大学校舎アトリウムと別館の2会場に分かれての開催となり、アトリウムでは千代田学事業報告やイベント、別館では地域連携プロジェクト報告会が行われました。

千代田学事業報告では、千代田区内の5大学(共立女子大学、専修大学、東京家政学院大学、法政大学、本学)による5件の発表があり、千代田区に関係した食、歴史、環境、文化など様々なテーマについて、各大学独自の視点で捉えたユニークな発表が行われました。

ステージでは学内外11団体による演奏や演技のパフォーマンスが繰り広げられ、来場者を魅了しました。また今年から始まったスタンプラリーでは、子どもたちを初め多くの来場者が大学校舎や別館に置いてある4種類のスタンプを集め、桜をモチーフにした記念品を受け取りました。

別館で行われた地域連携プロジェクト報告会では、平成25年度に採択された地域連携プロジェクト12件の発表があり、本学の学生が行っている様々な地域連携活動の成果が報告されました。

その他、大妻女子大神輿の展示、起震車体験、第1回大妻さくらフェスティバル俳句大賞の受賞者発表、みんなで参加しよう「和グルミ活用体験コーナー」、大妻オリジナル練り切りの特別販売などたくさんの企画が催され、盛況のうちに終了しました。

詳しくはこちら(大妻女子大学ホームページ)をご覧ください。

(写真提供:広報戦略室)