平成25年度地域連携プロジェクト報告会が開催されました

開会の挨拶

開会の挨拶

2014年3月29日(土)、平成25年度地域連携プロジェクト報告会が、「大妻さくらフェスティバル2014」の開催と合わせて、この3月に完成したばかりの大妻女子大学別館7階、地域連携推進センターで開催されました。

地域連携推進センターの大澤清二所長による開会の挨拶の後、平成25年度地域連携プロジェクトに採択された12プロジェクトの1年間の活動成果について、各プロジェクト代表者や参加学生等から発表が行われました。
各発表は、15分間の持ち時間では足りなくなってしまうほど内容が盛りだくさんで、学内外から集まった延べ50名の参加者はその発表を熱心に聴いていました。

プロジェクト実施後の感想(発表からの抜粋)
・プロジェクト参加学生には多摩市の職員や地域の人と共に働き、事業を共同で推進するという大学内では得がたい生きた社会的経験を得ることができた(「地域のこどもたちとお年寄りのメデイアリテラシー向上プロジェクト」代表者)。
・失敗から責任の重さを学ぶことができた(「地域の社会福祉法人との連携による学内カフェの運営」参加学生)。
・このレクチャーで参加者が自分に気付くという大変に深い体験をする事ができた(「唐木田コミュニティセンター『からきだ菖蒲館』での「人生振り返り講座」プロジェクト」受講生)。

当日の発表プログラム
①生田茂   社会情報学部 学校を美術館・博物館に変身!
②柴田邦臣  社会情報学部 デジタル・ディバイドを克服するメディア実践と地域連携活動
③炭谷晃男  社会情報学部 地域のこどもたちとお年寄りのメデイアリテラシー向上プロジェクト
④黒瀬奈緒子 社会情報学部 小山田緑地の生きもの調査プロジェクト
⑤田中優   人間関係学部 大妻多摩 TABLE FOR TWO ~大学・地域からの食の国際貢献を!~
⑥小川浩   人間関係学部 地域の社会福祉法人との連携による学内カフェの運営
⑦福島哲夫  人間関係学部 唐木田コミュニティセンター『からきだ菖蒲館』での「人生振り返り講座」プロジェクト
⑧荒井芳廣  人間関係学部 地域に根差した各種NGOへのインターンシップを通じたボランティア・グループの形成
⑨干川剛史  人間関係学部 東日本大震災被災地の商店街と連携した復興支援活動
⑩阿部和子  児童臨床研究センター 子育て広場オープニングプログラム作成プロジェクト
⑪阿部栄子  家政学部   きもの着装プロジェクト
⑫堀口美恵子 短大家政科  大妻力を活かした東北復興支援活動の推進

発表風景の写真
20140410-02 生田 茂20140410-03 柴田 邦臣20140410-04 炭谷 晃男20140410-05 黒瀬 奈緒子20140410-06 田中 優20140410-07 小川 浩20140410-08 福島 哲夫20140410-09 荒井 芳廣20140410-10 干川 剛史20140410-11 阿部 和子20140410-12 阿部 栄子20140410-13 堀口 美恵子
※写真内の番号は、発表プログラムの番号と対応しています。