福祉施設と連携した学内カフェ、開店中

多摩キャンパスの人間関係学部棟ラウンジにおいて、障害のある人と学生が協同してパン、クッキー、コーヒー、紅茶などを提供する、学内カフェの試みがスタートしています。これは本学地域連携プロジェクト「地域の社会福祉法人との連携による学内カフェの運営」として、人間関係学部人間福祉学科小川ゼミと社会情報学部情報デザイン専攻炭谷ゼミが共同で実施しているもので、プロジェクト参加学生には障害のある人と共に働く社会的体験、障害のある人には就労体験の一助となることを目的としています。

カフェに集まる学生たち

カフェに集まる学生たち

八王子市の社会福祉法人「由木かたくりの会」との連携により、毎週木曜の11:00~13:00にオープン。地域でパンやクッキーの製造販売、喫茶コーナーの運営で実績のある「由木かたくりの会」が、人間関係学部棟1階のラウンジにパンや飲み物などを搬入し、同会を利用している障害のある人と学生が協力して販売しています。ラウンジには、テーブルクロスで飾られたテーブルも準備。学内でちょっとしたカフェ気分が味わえます。障害のある人が良い素材でていねいに作ったパンや焼き菓子は、とても美味しいと大評判。一般の学生も木曜の開店を楽しみにしている様子です。
小川ゼミ、炭谷ゼミの学生は、「障害のある人にどこまで手助けしたら良いか、人によって違うので勉強になる」、「その日によって売れるものが違うので、販売の難しさを感じる」、「障害のある人が張り切って売ってくれるので嬉しい」など、それぞれの視点で学びを感じているようです。

ラウンジでカフェ気分

ラウンジでカフェ気分

この学内カフェの様子は、2013年11月1日の読売新聞多摩版に「思いやり売る学内カフェ」という見出しで掲載され、「障害者福祉施設が大学のイベントなどで製品を販売するケースは多いが、学生も巻き込んだ取り組みは珍しい」と大きなスペースで紹介されました。12月一杯、授業期間中は開店していますので、沢山の方々のご来店をお待ちしています。(人間関係学部・小川浩教授)