ドットコードや電子書籍教材で地域貢献

大妻女子大学では、平成25年度から「地域連携プロジェクト」がスタート――。採択された12件の1つである社会情報学部環境情報学専攻の生田茂教授が取り組む「学校を美術館・博物館に変身!」プロジェクトの活動の一環として、生田教授とゼミ生7人が、9月27日に東京都八王子市立柏木小学校の「子ども祭り」に参加しました。これは、生田教授が会長を務める同小学校の学校運営協議会との協働で行われたものです。
当日は、ゼミ生が制作した「マルチメディアを扱える最新のドットコードを用いた教材」や「最新の EPUB3(イーパブスリー) の Media Overlay(メディアオーバレイ) 機能を取り込んだ電子書籍」の展示、そして、博物館や美術館などでの展示用としてリコー社が開発した「紙アプリ」を紹介し、柏木小学校が博物館に変身しました。

児童の書いた絵

ゼミ生7人と同小学校の上田副校長先生(右から4番目)

児童たちからの関心を集めた「多摩動物公園で遊ぼう!」「高尾山を学ぼう!」「英単語を学ぼう!」「自然と遊ぼ!」「川崎大師を学ぼう!」などドットコードを活用した教材や「ランドセルをしょったじぞうさん」「はらぺこあおむし」などの iPad/iBooks 用の電子書籍。その中でも児童たちを1番驚かせたのは、紙アプリ「紙アクアリウム」と「紙レーサー」です。「紙アクアリウム」は、水族館の水槽に見立てた画面の中に児童が描いた「さかな」などの絵を泳がせるもので、「紙レーサー」は、児童が描いたレーシングカー4台でレースを行うもの。児童たちは、自分の描いた絵が自由に動き出すのにびっくり仰天。レーシングカーの競争では、大声で声援を送って大いに盛り上がりました。

ドットコードを活用した教材(写真左) 紙アクアリウム(写真右)

ドットコードを活用した教材(左) 紙アクアリウム(右)

児童のパワーに終止押され気味だった学生ですが、校長先生や副校長先生を始めとする職員のみなさんにも歓迎され、とても貴重な経験を積むことができたようで、「初めて自分が作ったドットコードを活用した教材を実際に子どもたちに使ってもらうことができ、面白かった、難しかったなどの意見が聞けた。今日の活動をさらに活かしながら卒論に励んでいこうと思います」、「とても楽しく刺激的な時間を過ごすことができた。実践での気付きと現場の声の大切さを改めて学びました」と感想を話しています。

今後も同プロジェクト活動の一環として、2つの小学校、そして1つの特別支援学校で取り組む準備を進めています。(社会情報学部・生田茂教授)

Welcome to S. Ikuta’s Web Page(生田教授HP)

(記事提供:大妻学院広報戦略室)