令和2年度夏季集中講義「地域文化理解Ⅰ」を開催しました

 令和2年9月7日(月)から11日(金)の5日間、令和2年度夏季集中講義「地域文化理解Ⅰ」を千代田キャンパスG棟で開催しました。新型コロナウイルス感染防止にかかる対策を入念に講じ、京都女子大学からの受講生4名を含む30名が対面授業とフィールドワークを受講しました。
 「地域文化理解Ⅰ」は、東京という地域について本学の学生のみならず、協定校である京都女子大学の学生も受講できる内容を取り入れた短期集中型の講座として昨年度開設され、今年度で2回目の開講となりました。その概要・目的は、①東京の陸の玄関である「東京駅」とそこで働く人々の実態を知る、②東京の空の玄関である「羽田空港」とそこで働く人々の実態を知る、③メディア世界の中の日本および東京について学ぶ、④観光とおもてなし等の視点から探求するホスピタリティ精神を学ぶ、です。これらについて、(株)JALスカイ、東京ステーションホテル、文化放送からそれぞれ専門分野の講師をお招きし、座学講義とともに現地での実態見学(フィールドワーク)を加え、授業展開しました。講義に先立ち、大妻女子大学 井上美沙子副学長(地域連携推進センター所長)から開講の挨拶があり、その後、講義がスタートしました。

【開講挨拶(上段)と講義の様子(下段)】

 1日目は本講義の授業担当教員である玉井和博大妻女子大学非常勤講師による、「オリエンテーション(サービス&ホスピタリティ)」「観光立国への課題(世界&日本のホテル)」「グループディスカッションホスピタリティ産業の特殊性」」「DVD鑑賞(コンシェルジュの本質)」について講義がありました。受講学生からは、「サービスはトレーニングすれば誰でも身につけることができる確実なものであるが、ホスピタリティはマニュアル化できない個の感性・人間性による驚きのあるものであることを学び深く納得した。」「サービスはある意味で万人受けするものであることが大切でここまでやれば良いという一定の基準があるのに対し、ホスピタリティは相手の感性によるので基準のようなものがなく極めようとすればどこまでも際限なく極めることができると感じた。」などの感想がありました。

【講義の様子】

 2日目は東京ステーションホテル総支配人の藤崎斉氏から、「東京ステーションホテルの歴史と役割」「ホテルの業務と総支配人の役割」について講義があり、引き続き、東京駅丸の内駅舎の中にある東京ステーションホテルへ移動し、ホテルスタッフによる館内視察を含むフィールドワークが実施されました。最後に宿泊支配人の柘植奈央美氏からホテルマンとしてのこれまでの自身の体験談を交えた質疑応答がおこなわれました。受講学生からは、「ホテルを経営していくうえで他のホテルがまねできないような自分たちらしさを作り上げていくことが重要であると知り、このことは会社経営にとどまらず就職活動などにおいても自分自身が何をもっていて他人がまねできない武器をアピールすることが大切ではないかと感じた。」「案内してくださったホテルスタッフの方々の言葉遣いや立ち振る舞いが本当に美しく、いつの日かこのようなしぐさができるようになりたいと感じた。」などの感想がありました。

【講義の様子】

 3日目は日本航空のスタッフから「航空業界概論」について講義があり、続いて、JALスカイから国際パッセンジャーサービス担当スタッフの方々をお招きし、「JALスカイが目指すサービス」について講義がありました。受講学生からは、「挨拶や表情を少し変えるだけでもお客様からの印象がここまで変わるのかと実感すると同時にとても嬉しくなった。こういったところが接客業の楽しさ、やりがいなのだと思った。」「身だしなみや言葉遣いなどを教えていただきとても勉強になった。アイシャドウの色やチークの位置で与える印象の違いは、今後の自分の印象の与え方として研究したいと思う。」などの感想がありました。

【講義の様子】

 4日目は羽田空港で終日フィールドワークが実施されました。まず、JALスカイ代表取締役社長の屋敷和子氏から開講の挨拶があり、その後、同社の現場スタッフの方々から、ランプ(駐機場)見学・カウンター見学・ステーションオペレーション(運航支援業務)見学などがおこなわれ、「空港業務」「安全管理」について五感で体感する空港業務の数々を経験することができました。受講学生からは、「搭乗から離陸まで整備士・パイロット・管制官の間でさまざまなやり取り、チェック、安全確認が行われ、安全なフライトの実現にはさまざまなスタッフが関わっていることを理解した。」「安心安全を最優先にしながらも定時に出発、定時に到着するためには、何千人ものスタッフが関わっていること、そして、立場や役割に関係なくひとりひとりがプロフェッショナルであると感じた。また、自身の仕事を責任をもって遂行するだけではなく、スタッフ同士のコミュニケーションが大切だと思った」などの感想がありました。

【講義の様子】

 5日目は文化放送から報道スポーツセンター部次長の清水克彦氏をお招きし、「新型コロナウイルスと観光業界」「世界の中の日本」「超高齢社会の日本と景気低迷での就活」について講義がありました。受講学生からは、「社会に出る前に私自身が人としてどのようにありたいかを考えることに意識を向けようと思った。“社会の役に立つ”とはどういう意味なのかまだ十分に分かっていないが、就職活動を通して自分自身を見つめ直したいと思う。」「日中、日韓、日米の関係についてわかりやすく解説していただき、今後ニュースでこれらの国々のことが扱われたら以前よりも注目しようと思う。」などの感想がありました。最後に、玉井和博大妻女子大学非常勤講師から「新たな社会の在り方」について講義があり、今回の集中講義全体について総括されました。

【講義の様子】

~~ 最後に ~~
 今年度の講義は、現下のコロナ禍により講義内容やフィールドワークの範囲について大きな制約を受けたなかでの実施となりましたが、京都女子大学からも初の受講生を受け入れることでき、受講生たちは皆一様に観光とおもてなしの視点からホスピタリティ精神を修得することができたものと確信しております。受講生にはこの講義で学んだこと、経験したことを今後の進路にぜひ活かしていただければと切に願っております。大妻女子大学は、これからも、京都女子大学との更なる交流・相互の発展に向けて努力を続けていきたいと考えています。
 末筆となりますが、講師をお引き受けくださいました協力企業3社の関係者の皆様方に心より御礼申し上げます。

<参考>

・京都女子大学と大妻女子大学との包括交流協定(2018年4月10日締結)

・東京ステーションホテルと大妻女子大学との連携・協力に関する覚書(2018年6月12日締結)

・文化放送と大妻女子大学との連携・協力に関する協定(2018年7月23日締結)

・株式会社JALスカイと大妻女子大学との連携・協力に関する協定(2019年4月3日締結)

 

JALスカイFacebookはこちら

京都女子大学の受講学生インタビューはこちら

 

【集中講義イメージ動画】

2020年10月2日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp

【夏季集中講義】京都女子大学から4名の学生が参加しました

 夏季集中講義「地域文化理解Ⅰ」が、令和2年9月7日(月)から11日(金)に本学で行われ、包括交流協定を締結している京都女子大学から4名の学生が参加しました。集中講義受講後、4名の学生に参加理由と感想を伺いました。

今回の集中講義に参加した理由を教えてください。

◆深井 絵里佳さん◆
 京都女子大学と大妻女子大学で協定を結ぶというニュースを学内で知りました。大学受験の際、大妻女子大学も志望校の一つであったため、受講を希望しました。また、食物栄養学科であるため、社会情勢を学べる授業に憧れたのも理由の一つです。

◆梅尾 晴子さん◆
 結婚式場で1年生からアルバイトをしていて、おもてなし、サービス精神を磨いてきました。集中講義のシラバスを見て、サービスとホスピタリティの違いを学ぶことができる点に魅力を感じました。

◆菅沼 紗希さん◆
 昨年、竹安学長の授業を受講し、この集中講義を知りました。
 清水寺でアルバイトをしている時に、外国の方に「いいおもてなしだね」と言われたのが心に残っていて、高校生の時からおもてなしに興味を持っていました。現代社会学部では京都での学びが多いため、東京について学ぶことで、今後の自分の引き出しを増やすことができると考えました。

◆小嶋 あかりさん◆
 参加理由は3つあります。一つ目は、高校時代からエンタメ系のフリーマガジンの作成に携わっていて、メディアに関心があったこと。文化放送との協定を結んでいることを知り、受講を希望しました。二つ目は、人と関わることが好きで、おもてなしに興味があったこと。空港やホテルのフィールドワークに参加できるのが魅力です。三つ目は、中学校は京都女子中学校、高校は京都女子高等学校であったため、他の学校の授業を受けてみたかったことが理由です。

この集中講義を受講して、今の感想を教えてください。

◆深井 絵里佳さん◆
 以前、堀北真希主演の「ミス・パイロット」というドラマを見て、自分なりにパイロットに対するイメージを持っていました。実際にフィールドワークで現場を見ることで、地上に止まっている航空機を牽引したり、押したりして移動させる特殊な作業車のドライバー、管制官、パイロットが連絡を取り合って行動することを学びました。航空機を飛ばすのに、こんなに多くの人が関わっていることを改めて知る機会となりました。
 授業のロールプレイでは、階段の手前で車椅子の方がハンカチを落とした場合の対応をみんなの前で披露しました。単にハンカチを拾うだけではなく、プラスでどういう行動をしたら良いか、いかにマニュアルにプラスして行動できるかを考えることができました。
 卒業後の進路については、勉強で忙しく、将来のことを考える余裕がありませんでした。この授業をきっかけに、視野を広げて自分を見つめたいと思います。

◆梅尾 晴子さん◆
 サービスとホスピタリティの違いについて学ぶ初日の講義が印象的でした。結婚式場で働いていることから、これまでの自分を振り返り、これからどう行動すべきか考える機会になり、とても貴重な経験をすることができました。また、授業は、知っている企業ばかりでびっくりしました。文学部史学科なので、フィールドワークでお寺に行くことはあっても、企業に行くことはありませんでした。自分の学科ではできない学びです。
 また今回の集中講義は、コロナウィルスで変化する社会と私について考えることとなった5日間となりました。「らしさを つよさに 未来をひらく」という京都女子大学のミッションがありますが、それぞれの企業の独自性、サービスを考える中で「私らしさ」とは何かを考えることができました。これから就職活動において、人としてどうありたいかを考える上で、「社会」という視点で学ぶことが「私」を知ることにつながると思います。今回の学びを忘れず、行動につなげていきたいと考えています。

◆菅沼 紗希さん◆
 フィールドワークがとても楽しみでした。普段、YouTubeで工場の裏側を見るのが好きだったので、直接、働く現場を見ることができるフィールドワークを楽しみにしていました。表のキラキラした部分ではなく、その裏側で一生懸命に働いている人々に興味がありました。良い機会を得ることができたと思います。大学入学時には、街づくりに興味を持っていましたが、この1週間の講義を受講して、その思いが強くなりました。今後、やりたいことと知識をつなげていきたいと思います。

◆小嶋 あかりさん◆
 JALスカイの脇愛さんと藤野彩さんの授業が印象的でした。教室に入ってきた瞬間に「感じの良さ」を感じました。そして、実際、講義を受けてみて、接しやすい方だと思いました。
 今回、ホテルに宿泊し、講義を受講したが、大妻女子大学の学生寮に入寮できたら、さらに良かったと思います。

みなさん、ありがとうございました。
そして、5日間の集中講義、大変お疲れ様でした。

 

左から、梅尾晴子さん(文学部史学科・3年)、深井絵里佳さん(家政学部食物栄養学科・3年)、菅沼紗希さん(現代社会学部現代社会学科・3年)、小嶋あかりさん(法学部法学科・2年)、講師の玉井和博先生。

※講義中は、コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、全員マスクをしております。

この集中講義の報告記事はこちら

 

2020年9月23日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp

千代田区キャンパスコンソ 公開IR研究会 参加者募集!

地域連携推進センターからIR研究会のお知らせです。

 文部科学省中央教育審議会の「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)」では、教学マネジメントを支える基盤の1つとして教学に関わるインスティテューショナル・リサーチ(教学IR)への理解促進が挙げられ、同大学分科会の「教学マネジメント指針」では、学修成果・教育成果の把握・可視化の取組みの実現にはファカルティ・ディベロップメント及びスタッフ・ディベロップメントを通じた教職員の能力の向上や教育改善活動、教学IRの進展が必要不可欠であるとされています。この研究会では、IR活動を行う上で必要なデータリテラシーについて理解を深めるとともに、事例も参考に、教育改善の手段として有効に機能させていく大学におけるIRの取組みについて考えます。

 

【日  時】:令和2年9月4日(金)13:00~16時15分
【方  法】:オンラインによる実施
【対  象】:千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアムの教職員
       その他大学教職員
【申込締切】:9月1日(火)
【申込方法】:告知チラシのQRコードからお申し込みください。

 

※千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム(通称:千代田区キャンパスコンソ)とは、千代田区内の徒歩で行ける大学(大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部、共立女子大学・共立女子大学短期大学、東京家政学院大学、二松学舎大学、法政大学)で構成されたコンソーシアムです。

告知チラシ

【オンライン講座】 Part 3 「働くうえで知っておきたい基礎講座」参加者募集!

社会人を対象に、ZOOMによるオンライン講座を開催します。新型コロナウイルスの影響で、価値観や働き方が大きく変わる中、最新の情報を盛り込みながら、働く人を守るルールや年金・税金のことなどをお話しします。働く人、働きたい人への応援企画です!

日時:9月5日(土)、9月12日(土) ※2日間とも受講できることが条件です。

第1部 10:00-11:30 講師による講演

<テーマ> 9月5日 安心して働けるルールを知ろう!
      9月12日 これからの自分の働き方を考える!

<講師>  櫻井三樹子(特定社会保険労務士・年金アドバイザー)

第2部 11:30-11:45 個別相談
    11:30-12:00 ミニレクチャー

対象 次のキャリアを考えている方
※現在、大学に在学中の方は対象外です。

主催 千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム
(大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部、共立女子大学・共立女子大学短期大学、東京家政学院大学、二松学舎大学、法政大学)

 

申込方法はこちら

【オンライン講座】Part 2 「ハランで器を作り、夏の花をアレンジ」

外出する機会が少なくなっている皆さんへ、地域連携推進センターから自宅からご覧いただけるフラワーアレンジメント講座、「ハランで器を作り、夏の花をアレンジ」を動画配信いたします。講師は、平成29年9月30日に実施した地域連携推進センター主催の生涯学習講座「秋の風を感じるフラワーアレンジメント」を担当した上垣内 淳子(かみこうち あつこ)先生です。ぜひお楽しみください。

令和2年度「地域連携プロジェクト」「地域貢献プロジェクト」が決定

コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、6月20日(土) 開催の地域連携プロジェクト・地域貢献プロジェクトの採択授与式及び事務説明会は対面で行わず、メール等で実施しました。また、同日開催の「地域の方との懇談会」については延期します。

 

今年度は地域連携プロジェクトに6件(家政学部:被服学科1件、児童学科1件、/社会情報学部:1件/人間関係学部:人間関係学科2件/短大家政科1件)、地域貢献プロジェクトに3件(家政学部:食物学科:1件/短大家政科1件/英語教育研究所:1件)の応募があり、それぞれ6件、3件が採択されました。

 

採択された各プロジェクトの代表者とプロジェクト名は次のとおり。

【地域連携プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 阿部 栄子  家政学部 教授 ・和装振興プロジェクト~本場結城紬ユネスコ無形文化遺産登録10周年に向けて~

2 石井 雅幸  家政学部 教授 ・三番町アダプトフラワーロードの会との地域美化活動

3 松本 暢子 社会情報学部 教授 ・多摩市における街区公園改修に関するプロジェクト

4 堀 洋元  人間関係学部 准教授 ・「防災と言わない防災」の実現に向けた私たちのチャレンジ

5 八城 薫  人間関係学部 准教授 ・からきだ匠(たくみ)カフェ~地域がつながる場所~

6 堀口 美恵子  短期大学部 教授 ・未来を育む食と健康プロジェクト~SDGsにつなげる食育媒体の開発と実践~

 

【地域貢献プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 川口 美喜子 家政学部 教授 ・若い男性女性および学生のプレコンセプションケアの支援

2 田口 裕基 短期大学部 専任講師 ・ハーブ植栽と調理体験による地域教育プログラム

3 服部 孝彦 英語教育研究所 教授 ・中野地域の帰国小学生の英語力保持へのサポート

【オンライン講座】Part 1 喫茶文化入門

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大に伴い、外出する機会が少なくなっていることと思います。そこで地域連携推進センターでは、自宅からご覧いただける「喫茶文化入門」(講義編)を動画配信することといたしました。講師は、令和2年2月15日(土)に実施した公開講座「茶を美味しく 健康に楽しむために」を担当した趙 方任准教授です。ぜひお楽しみください。

【募集開始】地域連携プロジェクト・地域貢献プロジェクトの募集開始

令和2年度「地域連携プロジェクト」及び「地域貢献プロジェクト」の募集を開始します。

 ※「地域連携プロジェクト」は地域の方々と連携して一緒に行う活動、「地域貢献プロジェクト」は講座、講演会、演奏会のように地域の方々へ本学の知的財産を提供する活動が対象となります。
※応募の詳細は募集要項をご覧ください。

 ■地域連携プロジェクト
学生と教職員又は複数の教職員のグループによる地域社会と連携し、地域を活性化する事業を募集します。

【対象テーマ】
地域社会との連携を活性化するとともに、学生の教育に反映できる活動

【支援期間】
令和2年5月14日(木)~令和3年3月31日(水)

【応募資格】
・本学の教職員で構成されるグループ
・本学の教職員と学生(大学院生・短大生を含む)で構成されるグループ
   ※学生のみの応募はできません。

【支援額等】
1プロジェクトにつき30万円を上限とします。採択数10件程度。

【受付期間】
令和2年5月14日(木)~6月9日(火)12時まで

【募集要項】
20140526-01 ←こちらをクリックしてください。

 

■地域貢献プロジェクト
講座、講演会、音楽会開催等、地域社会の教育、学術、文化の発展に貢献する事業を募集します。
※個人でも応募できます。

【対象テーマ】
本学の教育と研究成果を地域社会へ還元又は地域社会の教育、学術、文化の発展に貢献する活動

【支援期間】
令和2年5月14日(木)~令和3年3月31日(水)

【応募資格】
・本学の教職員(個人又はグループ)
・本学の教職員と学生(大学院生・短大生を含む)で構成されるグループ
   ※学生のみの応募はできません。

【支援額等】
1プロジェクトにつき30万円を上限とします。採択数 数件程度。

【受付期間】
令和2年5月14日(木)~6月9日(火)12時まで

【募集要項】
 20140526-02 ←こちらをクリックしてください。

 

■問い合わせ先
大妻女子大学 地域連携推進センター事務部
TEL: 03-5275-6877 (内線 3782・3783)
E-mail: chiiki@ml.otsuma.ac.jp

大妻さくらフェスティバル2020 パンフレット表紙デザイン画入選者発表

sakura_haiku_line

応募してくださったみなさまに感謝いたします。厳正な審査により選ばれた受賞作品を発表いたします。
新型コロナウィルスの感染拡大をうけ、3月21日(土)に予定しておりました「大妻さくらフェスティバル2020」の開催を中止いたしました。

※掲載にあたり、敬称は省略させていただきました。

 

■ 表紙 ■
岩崎愛珠(大妻中野高等学校1年)

■ 裏表紙 ■
松田ひなた(大妻多摩高等学校2年)

菅野理穂(大妻嵐山高等学校2年)

前島ななみ(大妻嵐山中学校3年)

栗原未来(大妻嵐山中学校2年)

 

sakura_haiku_line