【東京2020応援プログラム】公開講座報告「足が1本くらい どうってことない!」

 12月14日(土)、東京2020応援プログラムとして、パラリンピック選手を招いて、公開講座を実施しました。講師は、東京パラリンピック代表に内定している鈴木徹さん(走り高跳び)。当日は、鈴木さんが持参した生活用の義足と競技用の義足に受講生全員が直接手に触れ、講演の中では、「才能よりも、夢中になること」の大切さ、義足に慣れるまでのつらさ、生活用の義足を取得するには補助が出るが、競技用の義足については高い費用を支払わなければならないことなど、普段、知ることができない鈴木さんの話に誰もが一生懸命に耳を傾けました。受講生は61名で、近隣の方、大学生が集まりました。

 「自分の人生において、大切なことに気づいた」という意見もあれば、「パラリンピックを身近に感じることができた」「来年のパラリンピックが楽しみ」という感想も多数ありました。障がい者に対する差別問題と人権について考えるきっかけを提供することで、来年のパラリンピック競技大会の機運情勢という「東京2020応援プログラム」の目的は十分に達成できたと思われます。

 来年のパラリンピック競技大会における鈴木徹さんの活躍に期待しています。

大妻さくらフェスティバル2020 俳句大賞の募集受付を開始しました

令和2年3月21日(土)に開催する「大妻さくらフェスティバル2020」のイベントとして、「春の動物」及び「水」をテーマとした俳句を募集いたします。

応募受付は令和元年12月4日(水)から令和2年1月10日(金)17時必着までです。

詳しくは募集要項をご覧ください。

募集要項

ホームページ応募フォーム

皆様からの沢山のご応募をお待ちしております。

 

募集を締め切りました。沢山のご応募、ありがとうございました。

大妻さくらフェスティバル2020パンフレット表紙デザイン画募集開始

大妻女子大学では令和2年3月21日(土)に開催する「大妻さくらフェスティバル2020」の一環として、大妻さくらフェスティバル開催パンフレット表紙デザイン画の募集を、以下の内容で行います。多くの方の応募をお待ちしております。

【審査・掲載方法及び賞品】
<審査・掲載方法>
大妻フェスティバル2020実行委員会が審査を行い、上位5点を入選作品とし、1位が表紙1面、2位~5位の4点が裏表紙1/4面に掲載となります。

【2019表紙】

<賞品>
1位 賞状、図書カード5千円分、2位~5位 賞状、図書カード3千円分

【応募条件】
1. 千代田区在住・在学の小・中・高・大学生
2. 応募作品は本人が創作した未発表のA4サイズのものに限ります。必ずご本人が作成し、「大妻さくらフェスティバル2020」と入れてください。
3. 応募作品はお一人様で1点までとし、2点以上の応募があった場合にはすべて無効とします。
4. 応募作品は返却いたしません。
5. 入選作品の発表や出版に関する著作権は学校法人大妻学院に帰属するものとします。
※ 二重出展や著しい類似作品が判明した場合は、入選を取り消す場合があります。

【応募方法】
<応募期間>
令和元年12月4日(水)から令和2年1月10日(金)(17時必着)まで。

<応募方法>
1.作品は折らずに郵送(必着)で、ご応募ください。※封筒の表に「表紙デザイン在中」と明記してください。
2.作品の裏に「郵便番号」、「住所」、「氏名」、「電話番号」、「Eメールアドレス」、「学校名」、「学年」を明記してください。

<個人情報の取り扱いについて>
ご応募いただいた方の個人情報は、作品の選考や連絡および賞品発送のために使用いたします。入選作品につきましては、学校名・学年・作者名を公表させていただきます。

【発表】
1.入選作品は、「大妻さくらフェスティバル2020」会場、同開催パンフレット、大妻女子大学地域連携推進センターホームページに掲載・発表いたします。
2.審査結果は入選者へ郵送でお知らせいたします。(令和2年3月予定)

【賞品授与・発送】
「大妻さくらフェスティバル2020」開催日(令和2年3月21日)から順次発送予定。

【主催】
「大妻さくらフェスティバル2020」実行委員会

【問い合わせ先・応募宛先】
「大妻さくらフェスティバル2020」実行委員会(大妻女子大学地域連携推進センター内)
〒102-8357 東京都千代田区三番町12番地
TEL:(03)5275-6877  ※9時~17時(土日祝日を除く)

 

募集を締め切りました。沢山のご応募、ありがとうございました。

【東京2020応援プログラム】公開講座報告「日常生活において 陥りやすい著作権・肖像権のNG行為って?」

 11月30日(土)、東京2020応援プログラムとして、「著作権・肖像権」をテーマに公開講座を実施しました。講師は、写真家でもあり、著作権法を専門とする塩澤一洋先生(成蹊大学法学部教授)。塩澤先生は「難しいことをやさしくするのが学者の役目、それを面白くするのが教員の役目」という考えを持っており、当日の講座でも、普段、理解しづらい著作権法の考え方を丁寧で分かりやすく、かつ体系的な説明が印象的でした。受講生は42名で、著作権に関心のある近隣の方のほか、大学生、大学職員、教員、出版社、一般企業の広報部など幅広いバックグラウンドを持つ方が集まりました。

 塩澤先生は大学院やロースクールで教えている授業方法をアレンジし、単なる知識の習得ではなく、自分の抱える著作権に係る問題について受講生一人ひとりが答えを出せる水準にまで導きたいと、講座内では、著作権法の考え方を条文と日常生活における具体例を交えて説明し、受講生全員が一生懸命に頷きながらメモを取っていました。そして、事前に受講生から提出された質問に対してもすべて回答してもらい、日常、抱えている問題についても解消し、充実した2時間となりました。

千代田区キャンパスコンソウィークでポスター展示を実施

 千代田区キャンパスコンソ(大妻女子大学・大妻女子短期大学部、共立女子大学・共立女子大学短期大学、東京家政学院大学、二松学舎大学、法政大学)は、千代田区や地域産業界(千代田区商工業連合会)等と連携・協力して、徒歩圏(近接地)のメリットを生かして様々な取り組みを行っています。 今回の千代田区キャンパスコンソウィークは、コンソーシアム活動の情報共有・理解促進、 コンソーシアムのPR・情報公開などを目的に開催しています。各構成大学の魅力的なプログラムや単位互換制度の紹介の他、様々な活動報告をポスター展示で行っています。 大学を超えた学び、千代田区の学びなどに興味ある方、ぜひお立ち寄りください。

場所:本館E棟1階正面玄関付近 掲示期間:12月2日(月)~12月6日(金)

2019年12月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : chiiki_wp