京都女子大学との学生交流活動

大妻女子大学は、京都女子大学と連携協定を結び、両大学の強み・特色を生かした活動を行っていきます。その活動の一環として、7月14日(土)~15日(日)、本学学生と京都女子大学の学生が一緒に京都・杉本家でボランティア活動を行いました。その体験記をご紹介します。
今回参加した学生は、地域連携推進センターの参加募集に申込をした、社会情報学部3年の渡邉香菜さんと高松友美さんの2人。
京都で活動した7月14日(土)、15日(日)は両日共に気温39度を越えており、外を歩いていると陽射しが強く肌がじりじりとして痛さを感じるほどでした。
このような暑い中、参加した2人は、7月14日に京都女子大学・竹安栄子特命副学長・地域連携研究センター長より、15日にボランティア活動を行う重要文化財の町家、杉本家に関する歴史についてや、杉本家で祇園祭の期間中に展示している秋草図屏風などの京都の伝統や文化について詳しく教えていただきました。本学の学生は、メモをとりながら真剣に勉強していました。
7月15日、午前中は、前日に説明していただいた祇園祭の山鉾、中でも杉本家がお飾り場になっている「伯牙山」を中心に見学をし、午後は杉本家で屏風祭の受付などのボランティア活動を行いました。

 

【杉本家ボランティア・学生交流活動を終えて】
<渡邉香菜>
・京都はとても気温が高く暑い中、昔ながらの町家はクーラーではなく氷柱や扇風機で涼を取る生活、見学に訪れた方々が優しく「こんなに暑くて大変だね~ ちゃんと水分摂るんだよ」と声をかけてくださったり、杉本家の方々も、氷や冷たい飲み物を持ってきてくださるなど、人の優しさや温かさを感じることができました。また、普段交流をすることはない京都女子大学の学生の皆さんとボランティアを通じて交流し、ボランティアの仕事を教えてもらったり、見学者が途切れたときにそれぞれの大学の話や京都弁についてなどのお話をしました。3時間と短い時間でしたが、最後には「今度、大妻に来てね」「ぜったい大妻に行くね」そして、「バイバイ」ではなく「またね!」と自然に言い合えたことがとてもうれしく思いました。
<高松友美>
・杉本家の来場者が思っていたよりも多く、祇園祭中の屏風展開催期間は、1日1,000人以上の方が来場し、日本人だけでなく外国の方も多く、関心の高さが伺えました。
・ボランティア中に杉本家の方々と接していて感じたのは、日本の文化や伝統を知ってもらうために町家を保存し伝えるための心構えや見学者やボランティアスタッフへの気配りがすばらしく学ぶことが多かったです。
・京都に着いた日はボランティアなど大丈夫かな?と不安な気持ちがとても大きかったですが、実際にボランティアを終えてみると、もう終わってしまった。もっと京都女子大学の学生と交流する時間があったらな...と思いました。

今回参加した学生2人がボランティア体験を通じて感じたことは、杉本家が京都の良さというよりも昔ながらの日本の良さが詰まっていて、懐かしく、心地良かったということ。そして「人の温かさや優しさに触れることができました」と、感想がありました。有意義な2日間を過ごし、多くを学んだ学生交流になりました。

【ボランティアの様子】
    

2018年7月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : chiiki_wp

恒例の大妻神輿 元気よく神輿振りの奉納を行いました

夏の風物詩「みたままつり」が7月13日(金)から16日(月)までの4日間、東京都千代田区の靖国神社で開催され、今年も大妻女子大学の学生が参加・協力しました。
お祭りの最終日にあたる16日(月)午後6時30分から、高張り提灯を先頭に大妻女子大学と麹町靖国講による「みこし振り」が盛大に行われました。

IMG_7228

当日は、35度の猛暑の中、体連に所属するチアリーディング部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、ラクロス部と一般応募の学生およそ100名が威勢の良い掛け声を響かせながら神輿を担ぎ、多くの人出でにぎわう靖国神社境内を練り歩きました。

IMG_7229

大鳥居前に集合

IMG_7230

みこし振り1

 

 

 

 

 

 

 

おそろいの赤い半被(はっぴ)を身にまとい一致団結した学生が、神社入口の鳥居から一番奥の拝殿まで約1時間、
元気よく神輿を担ぎきりました。

IMG_7231

みこし振り2

IMG_7232

みこし振り3

IMG_7236

休憩中のチアの演技

IMG_7237

みこし振り4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みこし振りの奉納後は、靖国神社から感謝状をいただき、更に千代田区三番町町会の世話役の方々から「今年は人数が多かったので、元気で勢いがあって神輿が盛り上がった」とお褒めの言葉をいただきました。

IMG_7238

本殿神輿入り

 

 

2018年7月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : chiiki_wp

【千代田キャンパス】☆夏休み小学生企画第2弾☆ プログラミングワークショップ&自由研究&工作教室 参加者募集!

大妻女子大学千代田キャンパスで、夏休みに「プログラミングワークショップ」、「自由研究」、「工作教室」を開催します。本学教員が丁寧に指導しながら一緒に取り組みます。 参加希望の方は、以下の内容をご確認のうえ、8月19日(日)までにメールでお申し込みください。

【日 時】 平成30年8月22日(水) 10時00分~15時00分 (受付開始9時30分)
【対象者】 小学生 ※小学生のお子さんのみの参加となりますが、やむを得ない場合は保護者の方もご参加いただけます。
【場 所】 大妻女子大学 千代田キャンパス(東京都千代田区三番町12)

【内容・時間・定員】※A、B、Cで内容・時間が異なります。
A「小学4年生から6年生のためのプログラミングワークショップ」10:00~15:00
    募集定員20人 ※4年生から6年生対象

講師:本郷 健(大妻女子大学社会情報学部教授)
子供向けプログラミング言語であるScratchを使って、プログラミングの基礎から本格的なプログラミングに必要不可欠な考え方を学びます。 
ゲーム制作の体験を通して、楽しく学びます。

B自由研究「理科実験」10:00~15:00      募集定員20人
講師:石井 雅幸(大妻女子大学家政学部児童学科教授)
【黒点フレア観察】太陽の黒点やプロミネンスを太陽観察望遠鏡で観察します。一定の時間間隔で観察し、記録して行きます。【空気鉄砲】空気鉄砲、よく球が飛ぶ条件を探し出そうという研究になります。 【顕微鏡観察】生き物を中心に様々な部分や種類を観察し、形の違いなどを調べます。【昆虫標本を作ろう】昆虫の標本を作ります。標本にしたい昆虫を持って来てください。【自由研究に挑戦まとめをお手伝い】自分がこれまでに取り組んで来た自由研究のまとめをお手伝いをします。各自が取り組んできた研究を持って来てください。

C工作教室「香りのいろいろ」  ➀11:00~12:00、➁14:00~15:00 (➀、➁は同じ内容)  募集定員各10名
講師:堀口 美恵子(大妻女子大学短期大学部家政科教授)
・食べ物やハーブの香り当てクイズ
・ミニ講座(香りを感じる仕組み、香りとおいしさとの関係など)
・食べ物の香りを試薬ビンに閉じ込めよう!
・香辛料やドライフラワーを試験管につめて飾ろう!

 

 

 

 

 

 

【参 加 費】 無料 ※昼食をご希望の方は1人500円で用意します。
【持 ち 物】 筆記用具・飲み物・タオル
【申込み方法】次の1~4を入力し、申込み先E-mailアドレスへメールでお申し込みください。
1.参加者全員の氏名、学年
2.連絡先保護者の氏名、住所、電話番号(当日連絡が取れる電話番号)、メールアドレス(パソコンからメールが受け取れるアドレス)
3.参加希望の講座〔A又はB・C、半日のみの参加(Aを除く)も可能〕
4.昼食の要・不要(昼食が必要な場合は、食べ物アレルギーついてご明記ください)
※お申し込みの際にいただきました個人情報は、この企画に関する連絡のみに使用します。

【申込み先、問い合わせ先】:大妻女子大学 地域連携推進センター 担当:山本
TEL:03-5275-6877
E-mail:chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp
※夏休み期間中のため不在の場合があります。問い合わせ等は、メールでご連絡ください。

※駐車場・駐輪場がございませんので、当日は、徒歩又は公共交通機関のご利用をお願いします。

※当日は、地域連携推進センター職員が、教室の様子などを撮影させていただきます。撮影した内容は、記録及び地域連携推進センターまたは大学の広報活動に使用させて頂きます。予めご了承の上、お申し込みください。

浴衣の着付け講座開催

「浴衣着付け講座」(大妻女子大学地域連携推進センター主催)と題して、7月11日(水)13時30分から・12日(金)17時30分から・13日(金)10時からの3日間、本学家政学部被服学科教授 阿部栄子先生のご指導のもと、浴衣の着付け講座を行いました。
今年も本学の学生、以外に他大学の留学生や一般の方々から多数お申込みいただきました。今年は帯の結び方をアレンジできるように、何通りかの帯結びを指導したり、お子さんの浴衣の着付けを教わりに来た方などへの対応もしました。今年は昨年と進め方を変えて、先ず浴衣の着付けを先生が実演しながら説明した後に、帯び結びをマスターしてもい、浴衣を着て帯び結びまでを行いました。初めは浴衣の帯結びに苦戦しながらも何度も何度も練習していくと、徐々に短時間で上手に結べるようになり、浴衣の着付けをして帯を結んだときには手慣れた感じでとても上手に帯を結んでいました。終了間際には、実際に出かけた時の歩き方や浴衣での所作についても説明を受けるなど皆さんとても意欲的で「自分で着られたことで浴衣を着て出かけたくなった」と話し、そのまま浴衣で変えられたり、みたままつりにでかけたりした方もいましたし、「今年は自分で浴衣を着て花火大会やお祭りなどに出かけてみたい」と話す参加者も今した。
参加者の方々からは、「思っていたより簡単に着ることができた」「お祭りや花火大会などにもっと浴衣で参加したい」「来年は、違う帯結びも覚えたいのでまた参加したい」などの感想が寄せられました。

うまく着付けられたので記念に1枚
【7月11日】
 

 

【7月12日の講座の様子】
 

 

【7月13日の講座の様子】
 

【千代田キャンパス】☆夏休み小学生企画第1弾☆「理科実験教室」参加者募集!

大妻女子大学千代田キャンパスで、夏休みに「理科実験教室」を開催します。本学教員が丁寧に指導しながら一緒に取り組みます。
参加希望の方は、以下の内容をご確認のうえ、8月5日(日)までにメールでお申し込みください。

【日 時】 平成30年8月12日(日) 10時00分~15時00分 (受付開始9時30分)
【対象者】 小学生 ※小学生のお子さんのみの参加となりますが、やむを得ない場合は保護者の方もご参加いただけます。
【場 所】 大妻女子大学 千代田キャンパス(東京都千代田区三番町12)

【内容・時間・定員・講師】※午前午後で内容が異なります。
午前「水を調査する」10:00~12:00  募集定員30人
講師:田中直子(家政学部食物学科教授)、石井雅幸(家政学部児童学科教授)
私たちの生活に欠かせない水。水の検査を行いながら、水を今までと違った面からみてみませんか。
いろいろなところの水を検査して比べてみましょう。

午後「色を分ける」13:00~15:00      募集定員30人
講師:石井雅幸(家政学部児童学科教授)、田中直子(家政学部食物学科教授)
ペンの色などいろいろな色は何色からできているのか!
意外な事実に驚きです。この色は、実はこんな色の組み合わせだった!

【参 加 費】 無料 ※昼食をご希望の方は1人500円で用意します。
【持 ち 物】 筆記用具・飲み物・タオル
【申込み方法】次の①~④を入力し、申込み先E-mailアドレスへメールでお申し込みください。
①参加者全員の氏名、学年
②連絡先保護者の氏名、住所、電話番号(当日連絡が取れる電話番号)、メールアドレス(パソコンからメールが受け取れるアドレス)
③参加希望の講座〔半日のみの参加も可能〕
④昼食の要・不要(昼食が必要な場合は、食べ物アレルギーついてご明記ください)
※お申し込みの際にいただきました個人情報は、この理科実験教室に関する連絡のみに使用します。

【申込み先、問い合わせ先】:大妻女子大学 地域連携推進センター 担当:山本
TEL:03-5275-6877
E-mail:chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp
※夏休み期間中のため不在の場合があります。問い合わせ等は、メールでご連絡ください。

※駐車場・駐輪場がございませんので、当日は、徒歩又は公共交通機関のご利用をお願いします。

※当日は、地域連携推進センター職員が、教室の様子などを撮影させていただきます。撮影した内容は、記録及び地域連携推進センターまたは大学の広報活動に使用させて頂きます。予めご了承の上、お申し込みください。

東京2020オリンピック・パラリンピック大会 「OISスポーツレポーティングプログラム」参加者募集

東京2020オリンピック・パラリンピック大会
「OISスポーツレポーティングプログラム」参加者募集

  東京2020オリンピック・パラリンピック大会を通じて、国際的なスポーツジャーナリズムを
 体感いただき、将来スポーツジャーナリストやニュースメディアの職業を目指す学生の育成・
 支援となることを目指し、国際オリンピック委員会のオリンピックインフォメーションサービ
 ス(OIS)チームは、東京2020組織委員会とともに、東京2020大会にて、初めて、「OISスポーツ
 レポーティングプログラム」を実施することとなりました。
  大会前に実施されるトレーニングプログラムを経て「ヤングレポーター」に選出された学生
 さんは、大会期間中、各競技会場やメインプレスセンターにて、OISチームの一員として、経験
 豊富なスポーツ記者や編集者たちとともに、取材・編集活動の一翼を担っていただきます。
  世界最大のスポーツイベントを、ライブで取材できるこの貴重な機会に、ぜひ、ふるってご
 応募ください。

【オリンピックインフォメーションサービス(OIS)とは】
  OISは、オリンピック・パラリンピック大会における公式情報サービスです。IOCによって、
 平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックより、初めて導入されました。OISは各競技会場
 にレポーターを配置・取材し、大会関連情報(スポーツのプレビューやレビュー、競技や記者
 会見での記事、アスリートのインタビューなど)を、インフォメーションシステムを通じて、
 正確に、タイムリーにメディアに提供します。

【募集内容】
 ①対象:「OISスポーツレポーティングプログラム」にご参加いただける全国の連携大学・短期大学に在籍する学生
 ②募集総人数:約80名(トレーニングプログラム後に、ヤングレポーターを20名選出します)
 ③推薦人数:2名程度 (ただし、応募資格に該当する学生が複数いる場合は、これに限らない)
 ④応募資格
  (1)スポーツジャーナリズム、または、ニュースメディアの職業を目指している学生。
  (2)トレーニングプログラム時点(2019年)で、東京2020組織委員会と連携協定を結ぶ大学・
    短期大学に学籍があり、連携大学・短期大学から推薦をいただける学生。
  (3)日本国籍を有していること。
  (4)十分な英語力を有していること。(TOEIC 730点相当以上、または、同等レベルの資格、または、留学など英語圏滞在経験があり、英語でのライティング、コミュニケーション等を得意 とする方)
      (5)全てのトレーニングプログラム、東京2020大会期間中の活動に参加できること。
      (6)オリンピック・パラリンピックムーブメントに理解があること

【受付期間】
 2018年6月27日(水)~7月17日(火)
 ※参加希望者は、地域連携推進センター(別館7階)の窓口に、平日9:00~17:00に
  お越しください。

【プログラム概要】
 ①主催:国際オリンピック委員会(IOC)、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会
 ②大会までのスケジュール(予定)
 ・トレーニングプログラム期間
  2019年
  4月、6月ワークショップ(各1回計2日間)/東京
  7月~8月ライブトレーニング(1日以上)/東京
  秋最終選考ヤングレポーターを選出
 ・ヤングレポーター期間(選出者のみ)
  2020年
  7~9月東京2020大会にてヤングレポーターとして活動

 ③トレーニングプログラムについて
  日時:2019年4月、6月各1回それぞれ半日程度
  募集人数:最大約80名(募集人数を超える場合は、書類審査を行います)
  会場:東京
  内容:アスリートへのインタビュー、記者会見、スポーツジャーナリズムにおけるソーシャルメディアの使用方法などを、座学と競技大会でのライブトレーニングを通じ学んでいただきます。
 <注意事項>
  ・トレーニングプログラムは全て英語です。翻訳と通訳は利用できません。
  ・トレーニングプログラム中は、ご自身のパソコンをご持参いただく必要がございます。
  ・トレーニングプログラムに参加するにあたり、必要となる宿泊費・交通費等は自己負担となります。

 ④ヤングレポーターについて
  選出人数:約20名(トレーニングプログラム参加者より選考)
  活動期間:オリンピック大会期間(2020年7月16日~8月10日)
  パラリンピック大会期間(2020年8月19日~9月7日)
  活動場所:各競技会場、メインプレスセンターなど
  内容:OISチームの一員として、選手のインタビューやレポート、ライティング等の業務を担当していただきます。
  待遇:ヤングレポーターは、IOCと直接短期雇用契約を締結します。遠方からの参加により、宿泊場所などが必要な場合は、個別の内容で契約いたします。
     業務上必要な機材、システムは、IOCより貸与します。

   【問い合せ、申込先】
     地域連携推進センター(別館7階)担当:山本
    TEL:03-5275-6877 <平日9:00~17:00 (11:10~12:10を除く)>
     E-mail:chiiki@ml.otsuma.ac.jp

2018年7月2日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp