【平成29年度地域連携プロジェクトの報告】多摩で「子育て世代の居住・住替え支援ワークショップ」

平成29年度地域連携プロジェクト活動多摩で「子育て世代の居住・住替え支援ワークショップ」を行いました、社会情報学部社会情報学科環境情報学専攻 松本暢子教授の活動報告を掲載いたします。
地域への提案内容(乞田川沿い遊歩道の活性化多摩NTレンタルサイクル導入案)、アンケート結果もご覧ください。

1  はじめに
多摩市はニュータウン開発から約50年を経過し、急激な少子高齢化に直面しています。高齢者への対応とともに、子育て世代の多摩ニュータウンへの住み替えの促進が必要となっています。そこで、本プロジェクトでは、多摩ニュータウンの社会的資源である「子育て世代の居住地としての特性」や「良質な住宅ストックの存在」の「多摩で子育てしたくなる」魅力に関する情報を発信するため、子育て世代の居住意向を把握することにしました。

2 ワークショップの開催
 多摩市都市計画課および市民と連携、協働して開催したイベントは、以下のとおりです。
 ●(プレイベント)キッズワークショップ(工作:お家を作ろう!)
  パネル展示(多摩の子育てと住まいの情報など)
  9月17日(日) 11:00~16:00 ベルブ永山3階ギャラリー
 ●ワークショップ:「多摩で子育てする家族」のための住まいと住環境を考えるワークショップ
  10月14日(土)・12月2日(土)
  いずれも、13:00~16:00 パルテノン多摩 シティサロン
 ●成果報告会   1月23日(火)13:30~15:30 大妻女子大学 社会情報学部棟6113教室

【キッズワークショップ風景】

【キッズワークショップ風景】

【お家をつくろう!】

【お家をつくろう!】

多摩で子育てする家族にとっての多摩の魅力と課題を、参加者間で共有する目的で、2回のワークショップを開催しました。その開催に先駆けて、永山フェスティバルに参加し、子ども向けワークショップを行ったほか、多摩ニュータウンニュースへの参加者募集の掲載、保育園への広報などを行いました。
子ども対象の「お家をつくろう!」は、学生のアイデアをもとにお家型の段ボール製の小物入れ100個と、装飾・彩色用のマーカー、シールなどを用意し、完成したお家の撮影を行うための背景を準備して実施した。親子で作業するほか、学生が子ども達の手伝いをするなど、用意した100個が終了の16時前に無くなるほどの盛況でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パルテノン多摩内のシティサロンにおいて開催した2回のワークショップは、学生が主体となって企画・運営を行いました。

第1回(10/14)では、主旨説明 グループ編成 自己紹介ののち、①「多摩NT・子育て」の事例紹介(話題提供)、②多摩NT・子育てマップ(仮)の作成(グループごと)、③作成したマップの発表・意見交換を行いました。
第2回(12/2)では、第1回での成果を確認するために、2班に分かれて街歩きを行い、その結果を撮影した写真を含めて意見交換しました。

【ワークショップ自己紹介】

【ワークショップ自己紹介】

【ワークショップでの意見交換・作業風景】

【ワークショップでの意見交換・作業風景】

 

 

 

 

 

 

 

これらのワークショップでの情報をもとに、「多摩で子育てしたくなる住まい・住環境」についての提案をまとめ、報告会(を開催した。報告会(1/23)では、4つの提案(多摩中央公園のリニューアル、子育てカフェ(支援施設)の提案、乞田川沿い遊歩道の活性化多摩NTレンタルサイクル導入案)がまとめられ、参加者との意見交換が行われました。

3 調査の実施と分析
 子育て家族の居住ニーズの把握を目的として、多摩市内全保育園・子ども園(23園)を対象として実施した「子育て世帯の住まいに関するアンケート調査」の概要は以下のとおりです。
調査時期:平成29年10月1日~31日
調査方法:質問紙調査  保育園・子ども園を通して調査票の配布、回収を行った。
調査対象:多摩市内の認可保育園および子ども園 全23園(子ども園5園を含む)
      23園に通う園児(定員2742名)の保護者
回収状況:兄弟姉妹のいる場合は1世帯として、世帯単位で配布。
配布数 2176票、回収数 802票(有効回収率 36.9%)
アンケートを集計し、アンケート結果をもとに分析を行った。

調査回答者は比較的経済的時間的に余裕のある層とみられ、持ち家率72%と高く、「当分住み続ける」と90%が答えている。64.3%が親と近居しており、46.2%が子育ての手助けを依頼することがあるとしている。住まいおよび住環境に関して、満足度は高いものの、自由記述欄では周辺環境や人的ネットワークを含めた子育て支援へのニーズが少なくないと考えられます。

4 おわりに ―今後の課題と展開―
 今回の試みでは、多摩市都市計画課等との連携により、市民参加のワークショップを開催し、多摩市における子育て家族の居住ニーズについて量的・質的に把握することに努めました。ワークショップには子育て中の市民の参加を得て、学生が主体で行うことの意義、学生による提案についてのご意見・ご感想を頂戴し、こうした取り組みを評価していただきました。
 一方、保育園・子ども園の園長会の協力を得て行った調査は現在分析中であり、多摩市での現状を理解するためには他市との比較などが必要であると考えている。多摩ニュータウンは、当初から子育て配慮された空間計画であったことから、子育てする家族にふさわしい居住環境を、今後の再整備を含めて維持・形成していく方策を連携の中で摸索していきたいと考えております。

平成30年度「地域連携プロジェクト」「地域貢献プロジェクト」が決定

平成30年度「地域連携プロジェクト」「地域貢献プロジェクト」の採択決定通知授与式及び事務説明会を6月16日(土)午後1時00分から千代田キャンパス本館E棟で実施し、採択されたプロジェクトの代表者が集まりました。

今年度は地域連携プロジェクトに19件(家政学部:食物学科2件、児童学科3件、ライフデザイン学科1件/社会情報学部:4件/人間関係学部:人間関係学科5件、人間福祉学科3件/教職総合支援センター1件)、地域貢献プロジェクトに7件(家政学部:ライフデザイン学科1件/人間関係学部:人間福祉学科2件/比較文化学部2件/短大家政科2件)の応募があり、それぞれ16件、7件が採択されました。伊藤学長からは「高大連携、地域連携、企業との連携、国際社会との連携等、社会全体を見据えた連携活動を考えて取り組んでいって欲しい」との挨拶をいただきました。また地域連携推進センター所長である井上副学長からは「地域に根を張り、さらなる大学のあり方を考え、活動に取り組んでいって欲しい」との言葉がかけられました。

  

 

採択された各プロジェクトの代表者とプロジェクト名は次のとおり。

【地域連携プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 石井 雅幸  家政学部 教授 ・三番町アダプトフラワーロードの会との地域美化活動

2 小川 浩  人間関係学部 教授 ・障害者雇用企業との連携によるTボール大会の開催

3 加藤 悦雄  家政学部 准教授 ・親子の居場所づくりに向けた「大泉こども食堂」プロジェクト

4 川之上 豊  家政学部 教授・坂の上の街を囲碁で盛り上げる

5 藏野 ともみ 人間関係学部 教授 ・誰もが子ども見守り隊プロジェクト-子どもも大人も誰かが不自由だと思うことを知るために、私たちの「伝える」取組み-

6 甲野 毅  家政学部 准教授 ・千代田&多摩地域 子供自然体験教育プロジェクト

7 炭谷 晃男  社会情報学部 教授 ・どろん子大運動会と寺子屋活動

8 高波 嘉一  家政学部 教授 ・大学近隣店舗と学生とのコラボレーションによる「健康×ボランティア」プロジェクト

9 田中 直子  家政学部 教授 ・むささび食堂:食事で心の共生を

10 深水 浩司 教職総合支援センター 常勤特任講師 ・神保町の出版と書店を元気にするプロジェクト

11 細谷 夏実 社会情報学部 教授 ・能登の里海を守る:伝統漁と地域の活性化プロジェクト

12 堀 洋元  人間関係学部 准教授 ・唐木田発:学生と地域でコラボする体験型防災講座

13 松田 晃一 社会情報学部 教授 ・地域の子どもたちが体を動かして仲間と遊べるロボット中心の遊び環境づくり支援

14 松本 暢子 社会情報学部 教授 ・多摩における子育て家族の居住・住み替え支援プロジェクト

15 八城 薫  人間関係学部 准教授 ・からきだ匠(たくみ)カフェ~地域がつながる場所~

16 山本 真知子 人間関係学部 専任講師 ・里親・ファミリーホームの子ども支援プロジェクト

【地域貢献プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 大西 一也 家政学部 教授 ・子どもの創造性を育てるものづくりワークショップ

2 小川 浩 人間関係学部 教授 ・障害者雇用を支える現場スタッフのためのゼミナールⅡ

3 久保 忠行 比較文化学部 准教授 ・ジュニアアスリートのためのスポーツ栄養セミナー

4 藏野 ともみ 人間関係学部 教授 ・認知症や精神疾患を抱える人々の地域移行・地域定着を学ぶワークショップ

5 高田 馨里 比較文化学部 准教授 ・東京都少女サッカー大会(小学生)支援プロジェクト

6 富永 暁子 短期大学部 准教授 ・「だし」で育む和食のみらい推進プロジェクト2

7 堀口 美恵子 短期大学部 教授 ・大妻力を世羅町の第6次産業支援につなげる地域貢献活動の試み

 

地域の方との懇談会を開催しました

平成30年度 地域の方との懇談会を6月16日(土)、大妻女子大学G棟3階のアクティブラウンジで開催しました。
懇談会の開催は4回目の開催で、地域住民の皆さまが本学に求める活動等についてご意見を伺う機会として開催しました。
当日は、本学周辺の町会・商店街振興組合の役員の方々など、およそ30人が出席くださいました。
会の始めに、本学で行っている地域連携活動の取り組みを家政学部児童学科加藤悦雄教授、家政学部ライフデザイン学科の甲野毅准教授、の2名に代表で発表してもらいました。また、本学の防災設備等について総務グループ相浦課長より説明をしました。地域連携・地域貢献活動をより知っていただく試みとして、短期大学部家政科食物栄養専攻堀口教授による「ハーバリウム作り~コタカ先生の故郷である世羅町のドライフラワーを使って~」体験をしていただきました。参加された地域の方々が楽しそうに体験コーナーで体験をしていました。

【地域連携活動発表の様子】
 

【体験コーナーの様子】
 

【懇談会の様子】

 

本学の今年度地域連携プロジェクト・地域貢献プロジェクト採択教員と地域の方々で和やかに懇談が行われ、今後の本学との連携活動について意見交換をすることができました。

2018年6月27日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

【多摩キャンパス】夏休み小学生企画「プログラミング教室&理科実験」

夏休み小学生企画として、大妻女子大学多摩キャンパスで「小学4年生から6年生のためのプログラミング教室(入門・初級コース)」「理科実験教室」を行います。本学教員が丁寧に指導し、一緒に取り組みます。参加をご希望の方は、以下の内容をご確認のうえ、7月29日(日)までにメールでお申し込みください。

【開催日時】平成30年8月7日(火)

【開催場所】大妻女子大学多摩キャンパス(多摩市唐木田2-7-1)

【参加費】 無料 ※昼食を希望の方は、500円でご用意いたします。

【開催内容】
➀「小学4年生から6年生のためのプログラミングワークショップ(入門・初級コース)」 
※募集人員に達したため、申込を終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。
開催時間 10:00~15:00(途中1時間昼食休憩有り)
講  師 社会情報学部情報デザイン専攻・本郷健教授、坂井 岳志氏(日本教育情報学会理事・前世田谷区立八幡小学校)
開催内容 子ども向けプログラミング言語であるScratchを使って、プログラミングの基礎から本格的なプログラミングに必要不可欠な考え方を学びます。ゲーム制作の体験を通して、楽しく学びます。
募集人数 20人(先着順)  

➁「身近な水を調べてみよう」※午前午後、同一の内容です。 ※申込受付中
開催時間 午前:10:00~12:00、または、午後:13:00~15:00
講  師 社会情報学部環境情報学専攻・細谷夏実教授
開催内容 川や池、海などの水は私たちや生きものにとってとても大切です。水の性質や汚れなどについて、実際に簡単な実験で調べ、身近な水について考えてみましょう。
募集人数 午前:20人、午後:20人(先着順)

【申込方法】
次の1~4の内容を入力し、申込み先E-mailアドレスへメールでお申し込みください。
1 参加者全員の氏名(ふりがな)・学年
2 連絡先保護者の氏名・住所・電話番号(当日連絡のとれる電話番号)・メールアドレス(パソコンからのメールが受け取れるアドレス)
3 参加する講座の番号(➀又は➁の午前、➁の午後など。)
4 昼食の要・不要(昼食が必要な場合は、食べ物アレルギーについてご明記ください)
※お申し込みでいただきました個人情報は、本企画に関する連絡のみに使用します。

【申込み先・問合せ先】
大妻女子大学地域連携推進センター
E-mail: chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp
TEL: 03-5275-6877

※夏休み期間中のため不在の場合がございますので、メールにてお問い合わせください。
※会場では、地域連携推進センター職員が、教室の様子などを撮影させていただきます。撮影した内容は、記録及び地域連携推進センターまたは大学の広報活動に使用させて頂きます。予めご了承の上、お申し込みください。
※校内に駐輪場・駐車場がございませんので、徒歩・公共交通機関を利用し、ご来校ください。

今年も大妻の学生が「みたままつり」で御神輿を担ぎます

今年も靖國神社で恒例の「みたままつり」が7月13日(金)~16日(月・祝)に開催されます。

16日(月・祝)午後6時30分から、麹町靖國講と大妻女子大学による「みこし振り」が行われます。

大妻女子大学の学生が担ぐ女神輿が威勢のいいかけ声とともに参道を練り歩きますので、

皆様お誘いあわせの上、ぜひご覧ください。

1434939502_0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<靖國神社ホームページ> http://www.yasukuni.or.jp/news_detail.php?article_id=0198

2018年6月26日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

日枝神社の山王祭に学生参加!

日本三大祭に数えられ、江戸三大祭の1つでもある日枝神社の「山王祭」が6月7日(木)~17日(日)に開催されます。

大妻女子大学は、地元三番町の一員として、6月9日(土)山王祭に参加します。16時頃清水谷公園を出発し日枝神社の境内まで、学生およそ20人と教職員が町会の皆さまと一緒に山車を引き、御神輿を担いで日枝神社宮入を行います。

威勢の良い宮入の様子を、ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

<日枝神社ホームページ> http://www.tenkamatsuri.jp/index.html