【地域連携推進センター企画】書道講座 「暮らしの中の書道」 ~美文字をめざして~を開催しました

12月8日(土)、毎日書道展会員で元高等学校教諭である 秋山桂翠(京子)氏を講師に迎え、「暮らしの中の書道」 ~美文字をめざして~をテーマにフ書道講座を開催しました。はじめに、参加者全員の御名前の文字のについて解説していただき、美しい文字を書くためのポイントを学んだ後、自分の名前など、先生が準備してくださったお手本に沿って参加者が筆ペンと筆の違いなども試しながら練習をしました。最後にフォトフレーム付きのカレンダーに飾る作品をゴールドが浮き上がる墨で書き上げました。
参加した方は、筆で文字を書くのは久しぶりという方が多かったですが、「丁寧に指導してくださったのでわかりやすかった」「自分の名前がうまく書けるようになったので、今年の年賀状は、筆で書いてみようと思う」「単発ではなく連続した講習会があると良いと思う」などのの感想をいただきました。

開始から2時間、皆さん真剣に黙々と、練習用紙に練習をされ、作品がが完成すると、他の参加者の方々とお互いに観賞し合いながら書道の奥深さとむずかしさを語り合うなど、充実した書道講座となりました。

【講座の様子】
   

今後もいろいろな企画を開催する予定ですので、開催が決まりましたら、ホームページと千代田区の掲示板でお知らせいたします。興味のある方はぜひご参加ください。

2018年12月15日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

大妻さくらフェスティバル2019パンフレット表紙デザイン画募集開始

大妻女子大学では平成31年3月23日(土)に開催する「大妻さくらフェスティバル2019」の一環として、大妻さくらフェスティバル開催パンフレット表紙デザイン画の募集を、以下の内容で行います。多くの方の応募をお待ちしております。

【審査・掲載方法及び賞品】
<審査・掲載方法>
大妻フェスティバル2019実行委員会が審査を行い、上位5点を入選作品とし、1位が表紙1面、2位~5位の4点が裏表紙1/4面に掲載となります。
【2018表紙】   【2017表紙】
   

 

 

 

 

<賞品>
1位 賞状、図書カード5千円分、2位~5位 賞状、図書カード3千円分

【応募条件】
1. 千代田区在住・在学の小・中・高・大学生
2. 応募作品は本人が創作した未発表のA4サイズのものに限ります。必ずご本人が作成し、「大妻さくらフェスティバル2019」と入れてください。
3. 応募作品はお一人様で1点までとし、2点以上の応募があった場合にはすべて無効とします。
4. 応募作品は返却いたしません。
5. 入選作品の発表や出版に関する著作権は学校法人大妻学院に帰属するものとします。
※ 二重出展や著しい類似作品が判明した場合は、入選を取り消す場合があります。

【応募方法】
<応募期間>
平成30年12月5日(水)から平成31年1月10日(木)(17時必着)まで。

<応募方法>
1.作品は折らずに郵送(必着)で、ご応募ください。※封筒の表に「表紙デザイン在中」と明記してください。
2.作品の裏に「郵便番号」、「住所」、「氏名」、「電話番号」、「Eメールアドレス」、「学校名」、「学年」を明記してください。

<個人情報の取り扱いについて>
ご応募いただいた方の個人情報は、作品の選考や連絡および賞品発送のために使用いたします。入選作品につきましては、学校名・学年・作者名を公表させていただきます。

【発表】
1.入選作品は、「大妻さくらフェスティバル2019」会場、同開催パンフレット、大妻女子大学地域連携推進センターホームページに掲載・発表いたします。
2.審査結果は入選者へ郵送でお知らせいたします。(平成31年3月予定)

【賞品授与・発送】
「大妻さくらフェスティバル2019」開催日(平成31年3月23日)から順次発送予定。

【主催】
「大妻さくらフェスティバル2019」実行委員会

【問い合わせ先・応募宛先】
「大妻さくらフェスティバル2019」実行委員会(大妻女子大学地域連携推進センター内)
〒102-8357 東京都千代田区三番町12番地
TEL:(03)5275-6877  ※9時~17時(土日祝日を除く)

【地域連携推進センター企画】「初めてのスマホ教室」を開催しました

「初めてのスマホ教室」(大妻女子大学地域連携推進センター主催)と題して、12月1日(土)、本学社会情報学部情報デザイン専攻 炭谷教授のご指導のもと、スマートフォンやタブレットの基本的な使い方を学んだ後に、SNS活用方法についてを学ぶ講座を行いました。
参加した方は、SNSって何かの説明を受け「LINE」「Instagram」「Twitter」「Facebook」それぞれ興味を持った内容に分かれて使い方を学び、実際に使えるように、登録作業からスタート!わからないところは本学学生がマンツーマンで指導し、同じグループの人が同じ速度で講座が進むようにしました。
次に、写真の投稿のためにソフトを使って写真のアレンジの方法など学び、いろいろな写真を加工して練習しました。最終的に、加工した写真をお友達に送ったり、投稿したりしました。担当学生が使い方に関する解説をした後、実際にスマートフォンを使って作成したり、アプリをインストールして使ってみたりと、皆さん真剣に取り組んでいました。
参加者の中には、「スマホを購入したばかり」や「タブレットを購入したが使い方がわからなくて何ヶ月もねかせていた」という方もいて、2時間と限られた時間の中で、より多くのスマートフォンの機能の活用ができるように、参加した方々の状況に合わせて個別対応もしていきました。
参加した方からは、「個別に説明してもらえたのが良かった」「次回はいつ開催するのか」など、次回の講座への参加を希望する方も多く、スマートフォンについての実践的な活用講座となりました。
次回の開催が決まりましたら、ホームページと千代田区の掲示板でお知らせいたします。興味のある方はぜひご参加ください。

【講座の様子】
   

2018年12月6日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

大妻さくらフェスティバル2019 第6回 俳句大賞の募集受付を開始しました

平成31年3月23日(土)に開催する「大妻さくらフェスティバル2019」のイベントとして、「春祭」及び「海」をテーマとした俳句を募集いたします。

応募受付は平成30年12月5日(水)から平成31年1月10日(木)17時必着までです。

詳しくはトップページにあるバナーをクリックするか、ここから俳句大賞のページにお入りください。

皆様からの沢山のご応募をお待ちしております。

大妻さくらフェスティバル2019開催決定

毎年3月末に行われる「大妻さくらフェスティバル」が今年度も開催されます。
「大妻さくらフェスティバル2019」の開催日が決定しましたので、お知らせいたします。

◇日時:2019年3月23日(土)10:00~15:00
◇場所:大妻女子大学千代田キャンパス大学校舎(東京都千代田区三番町12)
◇交通:JR・東京メトロ・都営新宿 市ケ谷駅下車徒歩10分、東京メトロ 半蔵門駅下車徒歩5分、東京メトロ・都営新宿 九段下駅下車徒歩12分
※駐車場・駐輪場はございません
◇参加費:無料(事前予約不要)
◇プログラム等の詳細については、決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

2018年12月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : chiiki_wp

「学校法人大妻学院創立110周年記念オルガンコンサート」を開催

「学校法人大妻学院創立110周年記念オルガンコンサート」(主催:大妻女子大学地域連携推進センター、後援:千代田区・大妻学院・大妻女子大学・大妻中学高等学校・大妻コタカ記念会)を11月17日(土)に大妻講堂(大妻女子大学千代田キャンパス内)で開催し、およそ550人が来場しました。

演奏に先立ち、伊藤正直理事長が「本学が創立110周年を迎えるにあたり、本学学生においても今後の学びとなるような企画をたくさん用意し、年間通して開催しており、その1つとして本日『学校法人大妻学院創立110周年記念オルガンコンサート』を開催しました。今後もたくさんの企画を開催していく予定ですので、ご参加ください。」と挨拶し、続いてオルガン奏者のエイドリアン・パーティングトン氏が挨拶をしました。
今回演奏したのは、英・グロスター大聖堂の音楽監督であるエイドリアン・パーティングトン氏。バッハほかオルガンの名曲作品と日本でもポピュラーな「さくら」や「ふるさと」、全10曲をパイプオルガンで披露しました。来場者からは「パイプオルガンの音色と演奏が素晴らしかった」「日本の曲も有り懐かしい気持ちになった」「大妻にこんなすてきなパイプオルガンがあることを知らなかったので、今後もコンサートを開催して欲しい」などと感想が寄せられています。
演奏終了後は、盛大な拍手とともにエイドリアン・パーティングトン氏に花束が贈られ、会場出口では、募金(任意)が行われました。ご来場の皆さま、募金にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

なお、来場者から寄せられた募金240,119円は全額「あしなが育英会」に寄付いたしました。
ご協力、誠にありがとうございました。

2018年11月22日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp

【アダプト事業】九段小学校・九段幼稚園の児童・園児と一緒に花植活動を実施

千代田区と地元三番町町会、大妻女子大学、大妻中学・高等学校や九段小学校、(株)プランナーワールド、(株)アイネスなどが連携し、三番町町内の歩道に年2回、花植を行っていますが、千代田区のクリーンデーに合わせて、11月6日(火)に秋の花植活動を行いました。
立て替え工事を行っていた九段小学校・九段幼稚園の新校舎がこの8月に完成し、今回久しぶりにこの活動に九段小学校児童・九段幼稚園児の皆さんも参加。本学家政学部児童学科1年生約100名が小学生や幼稚園生と一緒にチームになり、地元三番町町会などが組織する「フラワーロードの会」の皆さんと力を合わせて歩道をたくさんの花で彩りました――。今回は、ノースポール、パンジー、ビオラ、ミニ葉ボタン、合わせて2,000鉢を「番町学園通り」「大妻通り」に設けられた90カ所もの植樹桝(ます)に地域の方々と協力しながら一緒に植えました。

今回、大妻中学・高等学校の生徒は、授業の関係で11月5日(月)の放課後に大妻中学・高等学校校舎周辺の植樹桝に花を植えました。

それぞれのグループで、ノースポール、パンジー、ビオラ、ミニ葉ボタンの色の組み合わせや配置を考え、話し合いながら、花植えをしていました。
1時間かけて90センチ×200センチの植樹桝約80カ所が鮮やかな花でいっぱいになりました。

【花植の様子】
   

 

 

 

 

 

 

2018年11月21日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

【地域連携プロジェクト】「秋の 自然で遊ぼう」参加者募集

平成30年度地域連携プロジェクト「千代田&多摩地域 子供自然体験教育プロジェクト」の活動の一環として、本学家政学部の甲野毅准教授が「秋の 自然で遊ぼう」を下記のとおり開催します。内容は、立川公園内に5つのゾーンを儲け葉っぱの写真立てを作ったり、水の生き物を探したりします。
皆様のご参加を、お待ちしております。 申込締切:11月21日(水)必着

【開催日程】
1. 日 時:11月25(日)10:00~12:00(受付開始:9:45~)

2. 場 所:立川公園ガニガラ広場

3. 参加費:無料

4. 開催内容
  はらっぱゾーンでは、色のついた葉っぱでアートづくりをします。
  森ゾーンでは、葉っぱの写真立てをつくります。
  小川ゾーンでは、水の生き物を探したりします。
  ビオトープゾーンでは、生き物が生きぬく方法を学びます。
  田んぼゾーンでは、どろと砂の違いを学びます。

5. 申込締切:11月21日(水)必着

6. 持ち物:飲み物、タオル

7. 申込方法
下記➀~➂の項目を記載していただき、メール(chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp)にてお申し込みください。
詳細につきましては、返信メールにて、ご案内させていただきます。
➀「秋の 自然で遊ぼう」参加希望、➁参加者全員のお名前(ふりがな)、➂携帯番号(当日連絡のつく番号)
※お申し込みでいただきました個人情報は、本企画に関する連絡のみに使用します。

8. お問い合わせ先
立川市環境対策課
☎ 042(523)2111
E-mail::kankyoutaisaku@city.tachikawa.lg.jp

文化放送の浜祭に協力

大妻女子大学放送研究会の学生5人が、11月3日(文化の日)に行われた「浜松町グリーン・サウンドフェスタ-浜祭-」(以降、浜祭と表記)にボランティアスタッフとして参加しました。浜祭は、文化放送が増上寺や東京タワーなど浜松町周辺を会場に年1回開催しているもので今年で12回目。
本学の学生5人は、増上寺での文化放送グッズ販売のブースを担当。カレンダーやオリジナルボールペンなどの販売を担当し、たくさんのお客様とふれあい、貴重な経験をさせていただきました。
文化放送とは今年7月に連携協定を結び、今後スタジオ見学などもさせていただく予定です。

担当ブースの風景

写真は、学生5人と、文化放送・清水克彦様(中央の男性)、井上美沙子副学長(右端)

2018年11月7日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp

【地域連携プロジェクト】「大妻囲碁フェスタ ~坂の上の街を囲碁で盛り上げる~」を開催しました

平成30年度地域連携プロジェクト「坂の街を囲碁で盛り上げる」の活動の一環として11月4日(日)に家政学部の川之上豊教授が「大妻囲碁フェスタ ~坂の上の街を囲碁で盛り上げる~」を大妻女子大学の地元である千代田区・九段商店街振興組合の皆さまなど、地域の方の協力のもと開催しました。
囲碁大会は10時~15時50分まで、昼食を挟み3局行い、それぞれの回で棋力により組み合わせを決めて対局しました。
大会参加者は25人、うち小学生が11人で、大人顔負けの対局をしていました。囲碁入門教室は参加者24人で、午前10時20分~12時、午後13時30分~15時10分に分かれて、日本棋院常務理事・棋士の原幸子氏がわかりやすく丁寧に囲碁の道具やルールの説明をし、通常の碁盤より小さな盤を使って囲碁の対戦を行いました。
参加した方々からは、「いろいろな方と対戦できて楽しかった」「またこのような機会があれば参加したい」「はじめて囲碁をやったが奥深いのでこれからもっと勉強していきたい」などの感想をいただき、とても盛況でした。

開会式

囲碁大会風景
 

囲碁入門教室風景