平成27年度地域連携プロジェクト報告会が開催されました

【開会の挨拶】

【開会の挨拶】

2016年3月26日(土)、平成27年度地域連携プロジェクト報告会が、「大妻さくらフェスティバル2016」の開催と合わせて、大学校舎A棟2階の257教室で開催されました。

地域連携推進センターの大澤清二所長による開会の挨拶の後、平成27年度地域連携プロジェクトに採択された14プロジェクトの1年間の活動成果について、各プロジェクト代表者や学生等から発表が行われ、学内外から延べ319名が来場し、熱心に発表を聴きました。
どのプロジェクトも多くの学生が参加し、学生は実際に地域社会と関わる中で自分と他者との関係や在り方について学ぶという貴重な体験を得ることができました。これは本学の教育理念である「関係的自立」を実践して行うもので、本プロジェクトは地域に本学の知的財産を還元して貢献するだけでなく、学生の育成にも貢献しています。

当日の発表プログラム
①干川剛史  人間関係学部 東日本大震災被災地の商店街と連携した復興支援活動
②石井雅幸  家政学部 廃校を目前にした学力経済力底辺地域への学校と連携した児童支援プロジェクト
③生田茂   社会情報学部 学校や保育園・幼稚園を美術館・博物館に変身!
④宮田安彦  家政学部 都市生活者としての震災復興支援プロジェクト
⑤松田晃一  社会情報学部 ヒューマノイドロボットPepperを等した参加・体験型イベント
⑥藏野ともみ 人間関係学部 誰もが子どもを見守り隊プロジェクト~皆で子育て支援をする地域づくりを目指して、できることから始めよう~
⑦炭谷晃男  社会情報学部 地域のこどもたちとお年寄りのメディアリテラシー向上プロジェクト
⑧小川浩   人間関係学部 大学生と障害のある人が働き、学び、遊ぶプロジェクト
⑨岡健    家政学部 現場の質向上の営みから「保育の質」を考える~学生の学び(養成)と保育現場の営み(質向上取組み)結びつけて~
⑩真家和生  博物館 学生と共に伝える博物館の見方・楽しみ方講座
⑪日下部尚徳 文学部 学生主体のネパール大地震被災者支援プロジェクト
⑫細谷夏実  社会情報学部 能登の里海ガイドブック制作プロジェクト
⑬堀口美恵子 短大家政科 大妻発~未来を育む食と健康プロジェクト~
⑭前納弘武  社会情報学部 福島の復興支援活動と学生のキャリア形成
発表風景の写真
1 H28-干川 2 H28-石井 3 H28-生田 4 H28-宮田 5 H28-松田 6 H28-藏野 7 H28-炭谷 8 H28-小川 9 H28-岡 10 H28-真家 11 H28-日下部 12 H28-細谷 13 H28-堀口 14 H28-前納

※写真内の番号は、発表プログラムの番号と対応しています。

各プロジェクトの報告概要は、[大妻さくらフェスティバル2016」パンフレットをご覧ください。
「大妻さくらフェスティバル2016」パンフレットをご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

大盛況の大妻さくらフェスティバル2016

sakura1「大妻さくらフェスティバル2016」(大妻女子大学主催、千代田区、大妻コタカ記念会、大妻中学高等学校後援)が3月26日(土)、千代田キャンパスの大学校舎アトリウムで開かれました。開催当日は、花曇りの天気ということもあり、来場者が少なくなるのではと心配しましたが、約600人の来場者で賑わいました。

ステージでは、学内外12団体による演奏や演技のパフォーマンスが繰り広げられ、来場者を魅了しました。また、スタンプラリーでは、子どもたちを初め多くの来場者が大学校舎に置いてある4種類のスタンプを集め、サクラをモチーフにした記念品などを受け取りました。

千代田学事業報告では、千代田区内の7大学11件の事業報告がポスター掲示によって行われました。

sakkura2大学校舎2階で行われた地域連携プロジェクトの報告では、14件の発表があり、本学の学生が行っている様々な地域連携活動の成果が報告されました。また、大学校舎6階では「春色の作品を作ってみよう」と題した体験コーナーなどが行われました。

その他、大妻女子大学の神輿の展示、起震車体験、第3回大妻さくらフェスティバル俳句大賞の受賞者発表、大妻オリジナル練り切りの特別販売などたくさんの企画が催され、大盛況のうちに終了しました。

詳しくはこちら(大妻女子大学ホームページ)をご覧ください。

(写真提供:広報戦略室)

春休みに狭山台校でお花見をしよう開催

「春休みに狭山台校でお花見をしよう」(大妻女子大学地域連携推進センター主催)が4月3日、狭山台キャンパスで開催されました。当日は花曇りで時折雨もぱらつくあいにくのお天気にもかかわらず、おおよそ300人が来校し、満開のさくらを楽しみました。

【狭山台校の4月3日のさくら】
mannkai1 mannkai3

午前中は、本学家政学部ライフデザイン学科の教員で樹木医でもある甲野先生が「樹木の健康について学ぼう」と題してさくらを中心とした樹木についての講義やクイズを行った後、校庭のさくらを使って木の健康診断を行いました。大人だけでなく小学生の参加者も真剣に話を聞いて、実際に聴診器を当てたり、木槌で叩いて診断したりと楽しみながら勉強しました。
【樹木の健康診断風景】
kouno1 kouno2
【さくらの木のキーホルダー作りとさくらの葉を使ったはがき作りの風景】
kouno4 kouno3

午後は、小学生向けの企画として開催した畑体験(じゃがいもを植えよう)を行いました。まず家政学部児童学科の石井先生がじゃがいもの成長やじゃがいもの植え方について説明した後、実際に種芋を切って畑に植える準備を行い、狭山台校の畑にじゃがいもを参加者全員で植えました。
【みんなでじゃがいもを植えました】
jagaimo1 jagaimo2
jagaimo3 jagaimo4

今回の小学生向けの企画は夏の企画、冬の企画に続く第3弾で、一般向けの企画は初めてということで同時に開催しましたが、児童学科の川之上先生、石井先生、ライフデザイン学科の甲野先生や学生のみなさんのご協力で、無事に終了することができました。

今後は狭山台キャンパスだけでなく、千代田キャンパスや多摩キャンパスでも地域の方々や先生方と一緒に、企画を行っていきたいと考えておりますので、楽しみにしていてください。

2016年4月7日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp