大妻さくらフェスティバル2016へどうぞ 3/26開催

大妻女子大学では3月26日(土)に、千代田キャンパス(JR市ケ谷駅ほか下車)で「大妻さくらフェスティバル2016」を開催いたします。
千鳥ヶ淵など数々の桜の名所を有する千代田区が行う「千代田のさくらまつり」(主催・千代田区観光協会)の一環として開催されるもので、当日は、石川雅己・千代田区長からご挨拶をいただくほか、千代田区内の大学の知を社会へ還元する「千代田学」のパネル発表、本学が行っている地域連携活動の報告、さらに地域交流を深めるさまざまなパフォーマンスやスタンプラリーなどの楽しいイベントが行われます。皆様お誘い合わせの上、ぜひ足をお運びください。入場無料。雨天決行。
当日、本学では新高3・高2年生向け学科説明会やCDPの報告会も実施しています。
posuta
■大妻さくらフェスティバル2016開催概要
◇日時:2016年3月26日(土)午前10時~午後3時
◇場所:大妻女子大学 千代田キャンパス 大学校舎地下1階アトリウム他(東京都千代田区三番町12番地
◇交通:JR・地下鉄市ヶ谷駅下車徒歩10分、地下鉄半蔵門駅下車徒歩5分(※駐車場はございません)
◇主催:大妻女子大学
◇後援:千代田区、大妻コタカ記念会、大妻中学高等学校
◇入場料:無料(事前予約不要)

■アトリウムステージプログラム(大学校舎地下1階アトリウム)
20150226-03_no_photo一般の方によるステージプログラムの撮影は禁止とさせていただきます。予めご了承ください。
▽10:00 開会・投げ合い・素囃子(九段小学校 九段囃子)・ビッグ・バンド演奏(九段小学校 九段Planets)
▽10:50 理事長挨拶(大妻学院理事長・花村邦昭)
▽10:55 来賓挨拶(千代田区長・石川雅己)
▽11:00~11:10 ステージ準備
▽11:10 きものファッションショー(大妻女子大学・阿部栄子)
▽11:30 合唱(大妻中学高等学校・コーラス部(高校))
▽11:50 チアリーディング演技(大妻女子大学・オールチアリーディングカンパニーLYNX)
▽12:10 みんなおいでよ♪パネルシアター(大妻女子大学パネルシアター部OG隊・『パネ☆ドル』)
▽12:30 描く楽しみが広がるリコーの紙アプリ体験コーナー(大妻女子大学・生田茂)
▽13:05~13:15 ステージ準備
▽13:15 和太鼓(駐日英国大使館太鼓会・どんBRI)
▽13:35 Pepperのようかい体操(大妻女子大学・松田晃一)
▽13:55 創作ダンス(大妻中学高等学校・ダンス部(高校))
▽14:15 日本舞踊(大妻中学高等学校・日本舞踊部)
▽14:35 バトントワリング演技(大妻中学高等学校 バトントワリング部(高校))
▽14:55 学長挨拶(大妻女子大学長・荻上紘一)
▽15:00 閉会

■「地域連携プロジェクト」報告会プログラム(大学校舎A棟2階257教室) 各15分
▽10:10 東日本大震災被災地の商店街と連携した復興支援活動(人間関係学部・干川剛史)
▽10:30 廃校を目前にした学力経済力底辺地域への学校と連携した児童支援プロジェクト(家政学部・石井雅幸)
▽10:50 学校や保育園・幼稚園を美術館・博物館に変身!(社会情報学部・生田茂)
▽11:10 都市生活者としての震災復興支援プロジェクト(家政学部・宮田安彦)
▽11:30 ヒューマノイドロボットPepperを通した参加・体験型イベント(社会情報学部・松田晃一)
▽11:45~12:00 休憩
▽12:00 誰もが子どもを見守り隊プロジェクト~皆で子育て支援をする地域づくりを目指して、できることから始めよう~(人間関係学部・藏野ともみ)
▽12:20 地域のこどもたちとお年寄りのメディアリテラシー向上プロジェクト(社会情報学部・炭谷晃男)
▽12:40 大学生と障害のある人が働き、学び、遊ぶプロジェクト(人間関係学部・小川浩)
▽13:00 現場の質向上の営みから「保育の質」を考える~学生の学び(養成)と保育現場の営み(質向上取組み)結びつけて~(家政学部・岡健)
▽13:20 学生と共に伝える博物館の見方・楽しみ方講座(博物館・真家和生)
▽13:35~13:45 休憩
▽13:45 学生主体のネパール大地震被災者支援プロジェクト(文学部・日下部尚徳)
▽14:05 能登の里海ガイドブック制作プロジェクト(社会情報学部・細谷夏実)
▽14:25 大妻発~未来を育む食と健康プロジェクト~(短期大学部・堀口美恵子)
▽14:45 福島の復興支援活動と学生のキャリア形成(社会情報学部・前納弘武)

■第3回大妻さくらフェスティバル俳句大賞発表(大学校舎1階掲示場)
本年1月に募集しました俳句大賞の受賞作品が決定いたしました。日本全国及び海外からの応募を含めて全1665句の中から選ばれた優秀な作品を当日、会場で発表いたします。
20150226-10_haiku

 

 

 

■スタンプラリー
会場の4カ所にスタンプが置いてあります。全部のスタンプを集めた人には、大妻特製のパウンドケーキ付き無料ドリンクチケットまたは素敵な景品を差し上げます。
20150226-04_stamprally

 

 


■起震車体験(大学校舎1階入口前)

千代田区の起震車がやってきます。いつ発生するか分からない大地震を起震車で体験し、地震に対する備えをしておきましょう。この機会に震度7を体験! ものすごく揺れます。参加費無料。雨天中止。
20150226-05_kishinsha

 

 

 

 

 

 

■大妻女子大神輿の展示(本館E棟1階エントランスホール)
毎年7月中旬に行われる靖國神社の「みたままつり」では、麹町靖國講とともに本学学生が神輿振りを奉納しています。そこで使われている大妻女子大神輿を、千代田区の三番町町会のご協力により展示いたします。また本学学生が実際に着用する法被も展示いたします。
sakurahp

 

 

 

 

 

 

 

 

■《体験コーナー》春色の作品を作ってみよう!(大学校舎A棟6階652教室)
米紙袋を利用したペーパービーズで、アクセサリーを作ります。参加費無料で、誰にでも簡単に作れ、出来上がったものはそのままお持ち帰りいただけます。

開催時間      12時から14時まで  ※材料が無くなり次第終了いたします。

教室には春をイメージする卒業生の作品(刺繍・つまみ画・押花・ちぎり絵・染色など)や地域貢献プロジェクト「食から広がる生活科学を地域へ発信!」において制作した作品(野菜スタンプのエコバック、牛乳パックのカルトナージュ小物入れ、染色コサージュで飾る宝物入れ、万華鏡など)も展示しています。是非、お立ち寄り下さい。

takarabako3

【宝物入れ作品例】

ekobakku11

【エコバッグ作品例】

b62a42de9ba9d9e724a0ba4667dc8b77

【米紙袋アクセサリー作品例】

 

 

 

 

 

 

■大妻オリジナル練り切りの特別販売(大学校舎地下1階アトリウム)
(株)大妻サポートのご協力により、大妻の校章をかたどった特製の紅白練り切りを、今年も一般向けに特別販売いたします。当日限りの販売ですのでお見逃しのないように。
20150226-09_nerikiri

 

 

 

 

 

 

■問い合わせ
大妻さくらフェスティバル実行委員会(大妻女子大学地域連携推進センター内)
Tel:(03)5275-6877 Fax:(03)5275-6800 メール:こちらから

【地域貢献プロジェクト】合唱団 音楽ボランティア

今年も昨年に引き続き、地域貢献プロジェクトで多摩地域の福祉施設を対象にした音楽ボランティアを行いました。125()を持ちまして、今年度の合唱団の地域貢献プロジェクトが無事終了しましたのでご報告いたします。

今年度は以下のような施設でボランティアを行いました。

1回 1128() デイサービス木曽(町田市)

2回 123() 百笑ひなた(多摩市)

3回 125() 優っくりグループホーム町田森野(町田市)

 

昨年度は主に体操を行ってから歌を歌うかたちでボランティアをしていましたが、検討を重ねた結果、今年度は昨年度とは違い、体操は行わずに曲数を増やし、より音楽に親しんでいただけるようなプログラムに変更しました。今年の定期演奏会の学生指揮者ステージの曲が、中島みゆきの「麦の唄」など親しみやすい曲だったこともあり、昨年の地域貢献プロジェクトで歌った曲(荒城の月や紅葉など)も含めて多くの曲をお届けすることができました。特に美空ひばりの曲が人気で、昨年に比べて利用者の方も一緒に歌ってくださることも多くなったため、とても良いものになったと思います。

「ふるさと」などを歌った時は、利用者の方は施設で手話を練習されているため、歌に合わせて体を動かして聴き入ってくださって嬉しかったです。曲数が多かったにも関わらず、11曲終わった後に拍手をしてくださるなど最後まで楽しんでくださり、アンコールもいただきました。アンコールの時、気に入った曲をすぐにリクエストしていただき、とても感動しました。

施設の職員の方からは「素晴らしい歌声、ありがとうございました。歌は利用者の方もとても喜んでもらえるし、一緒に歌うことで脳の活性化にもなるので、これからもぜひ来てほしいです」と言われ、利用者の方からも「とても楽しかったです、また来てください」などという声もいただき、かなり好評でした。このような外部での活動は私たちとしても、人前で歌うことでお客さまの反応が間近で見られるため、演奏会とまた違ったやりがいを得ることができています。これからもこのような活動を通して私たちの歌の技術の向上や、多摩地域への貢献として、高齢者の方の支援の一つになれたらと思います。このような機会を与えてくださった教職員の方々、またお世話になった福祉施設の職員の方々に感謝申し上げます。

多摩市・生物多様性保全を考えるワークショップを開催しました!

これは、平成27年度大妻女子大学地域貢献プロジェクト「連光寺・若葉台里山保全地域の生物多様性保全プロジェクト」の一環として企画したもので、年間の総まとめとして1月23日(土)に、大妻女子大学多摩キャンパスにて、「多摩市・生物多様性保全を考えるワークショップ」を開催しました。 1月23日(土)の連光寺・若葉台里山保全地域の生物多様性保全プロジェクトの詳細はこちらこちらをご覧ください。