【募集開始】冬休みにお正月の伝統行事を学ぼう 参加者募集!

参加者募集
大妻女子大学狭山台校で、冬休みに書き初めと、日本の伝統的なお正月遊びを学び、体験しよう 

大妻女子大学狭山台キャンパスでは、キャンパス移転を機に小学生向けに楽しく学べる体験学習などの企画行ってきましたが、今回が最後の開催となります。
今回の「冬休みにお正月の伝統行事を学ぼう」は昨年に引き続き、書き初めやもちつき、日本の伝統的なお正月遊びを学び、体験します。※低学年で書道の道具を持っていない方は写生(絵を描く)もできます。
参加希望の方は、以下の内容を確認のうえ、1月3日(火)までにメールでお申し込みください。
※12月29日(木)~1月3日(火)の期間は、完全休業のため、お申し込みいただいたメールの返信ができない場合がございますのでご了承ください。

日時 : 平成29年1月5日(木) 10時00分~15時00分 (受付:9時45分から)

対 象 者 : 小学生
※お子さんのみの参加となりますが、やむを得ない場合は保護者の方もご参加いただけます。

場   所 : 大妻女子大学 狭山台キャンパス  埼玉県入間市狭山台234 (現地集合・現地解散)
※当日の連絡先電話番号は1月4日までにメールにてご連絡いたします。

内   容 : 書き初めともちつき、その他日本の伝統的なお正月の遊びを学び体験する。
※低学年で習字道具を持っていない場合は、写生(絵を描く)を行います。

参 加 費 : 1人500円 ※保護者の方が参加された場合も同様に徴収させていただきます。

募集定員 : 30人 ※定員になり次第、申し込みを締め切ります。

指   導 : 大妻女子大学教員他

持 ち 物 : 習字道具又は絵具セット・筆記用具・飲み物・タオル

そ の 他 : 自転車で来校する場合は、駐輪場に駐輪願います。
昼食はもちつきをして、おもちを食べます。
※食べ物アレルギーの有無、アレルギーのある方はアレルギー食材をご連絡ください。

申込み方法 : 以下のアドレスに必要事項を入力していただきメールでお申込み願います。
・参加者全員の氏名(ふりがな)、学年
※保護者の方が参加される場合は氏名をご記入ください。
・連絡先保護者氏名
・住所
・電話番号(当日連絡が取れる電話番号)
・メールアドレス(PCから受け取れるメールアドレス)

申し込み・問い合わせ先 :大妻女子大学 地域連携推進センター 担当:山本・佐々木
E-mail:chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp

2016年12月8日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp

【地域貢献プロジェクト】山王祭と大妻学院 祭りをとおした大学博物館の地域貢献

地域貢献プロジェクト「祭りをとおした大学博物館の地域貢献-申年の山王祭」の一環としてシンポジウムを行い、地域の方々や卒業生などたくさんの方々が参加してくださいました。

日時 1022() 12:50~16:10

場所 大妻女子大学 本館 F棟4階 F432教室

sinnpo01
第1部では、前諏訪市教育次長 高見俊樹氏より「大妻神社-諏訪氏の社家の伝統」、本学理事長・学長 花村邦昭より「大妻コタカの神社信仰」、大妻コタカ記念会会長 井上小百合氏より「大妻学院と日枝神社」と題して、大妻学院と日枝神社をテーマに、大妻学院が江戸天下祭りの中心をなす地域であったこと、戦前の学校行事と学内中庭にあった大妻神社のことなど、学院の歴史を振り返りながらお話しいただきました。

 
sinnpo02
休憩を挟んで本学博物館学芸員 楢崎修一郎より、大妻女子大学博物館の紹介、所蔵品と展示、研究活動について簡単な説明があり、その後、第2部を開催しました。
第2部では、本学博物館准教授 是澤博昭より「山王祭と地域の役割」、成城大学・立正大学非常勤講師 滝口正哉氏より「基調報告 申年の山王祭」、麹町出張所地区連合町会会長 笠井清純氏より「地域の中の山王祭」、日枝神社権禰宜 伊久裕之氏より「日枝神社と山王祭」と題して、山王祭と地域の役割をテーマに、祭礼に従事する地域の活動家、研究家、山車人形の専門家の観点から地域と祭礼の関係などについてお話しいただきました。

 

 

【参加者からの感想】
・第1部、第2部ともにとても貴重なお話を伺うことができて良かったです。またこのような機会がありましたら是非参加したいです。
・すばらしいシンポジウムでした。地域社会に密着した「山王祭と大妻学院」というテーマが良かった。パネラーの皆さまは学識が高く、精神文化を通して意義深いシンポジウムでした。祭りの歴史と歩みを知る良い機会でした。地元の方々のハッピ(はんてん)(糀町)姿は粋でいいですね。
など、たくさんのご意見や感想をいただきました。

「新聞紙で作るエコバッグとさつまいも掘り体験」開催

「新聞紙で作るエコバッグとさつまいも掘り体験」(大妻女子大学地域連携推進センター主催)が11月20日、狭山台キャンパスで開催されました。
当日はお天気にも恵まれ、暖かい陽射しの中、小学生24人が参加して行われました。
午前中はライフデザイン学科の林原先生がエコバッグの作り方を説明し、甲野先生、小関先生、ライフデザイン学科の学生たちが子どもたちをサポートしながら、新聞紙素材のエコバッグ作りに挑戦しました。子どもたちは、英字新聞の写真や広告のデザインから自分のバックの表になるデザインを選び、そのデザインがうまくバッグの表面に来るように考えながら真剣に作業に取り組みました。
次に、のりが乾くのを待っている間に、場所を畑に移動しさつまいも掘りを行いました。子どもたちは一列に並び、さつまいもの蔓(つる)をかき分けて土を掘り、大きなさつまいもを掘り出していました。大きすぎてなかなか掘り出せないものもたくさんありました。
子どもたちは、みんなで協力し合って畑のさつまいもをきれいに掘り出してくれました。
おいも掘りの後は、地元のお母さん方が作ってくれた豚汁と各自が具材をトッピングして作った爆弾おにぎりをたべました。みんな何度もおかわりをして食べるほどおいしい野外炊事の昼食でした。
午後は焼き芋が焼き上がるのを待ちながら、さつまいもの蔓(つる)でリース作りをしました。
さつまいもの蔓(つる)をきれいな円形に丸め、いらない葉をとり除き、学校の敷地に落ちている栗やクルミ、松ぼっくりなど、いろいろな木の実やリボンで飾り付けをしてリースの完成です。
リースができあがる頃に焼き芋が焼き上がり、みんなで食べました。

今年度開催の狭山台キャンパス企画は今回が4回目で、ライフデザイン学科の甲野先生、林原先生、小関先生とライフデザイン学科の学生のみなさん、地域の方々のご協力で、体調不良やけがをする参加者もなく、無事に終了することができました。

参加した小学生からは、次回の企画にもぜひ参加したいとの声が上がるなど、大好評でした。
次回1月の企画が狭山台キャンパスでの最後の企画になります。

今後も、千代田キャンパス、多摩キャンパスで地域の方々や子どもたち、先生方や学生と一緒に、いろいろな企画を行っていきたいと考えています。

H28.11.20-01 H28.11.20-02 sayama H28.11.20-03 H28.11.20-04 H28.11.20-05 H28.11.20-06

2016年11月24日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp

【地域貢献プロジェクト】ヨガパフォーマンス&レッスン参加者追加募集決定

【参加者追加募集】
11月20日(日)で申し込みを締め切りましたが、定員に若干名の空きがありますので追加募集をいたします。
たくさんの方々に楽しくヨガを体験してもらえたらと思っておりますので、ふるってご参加ください。
申し込み締め切り11月25日(金)12時まで ※定員になりましたら締め切らせいていただきます。
参加費無料。皆様のご参加を、スタッフ一同、お待ちしております。

平成28年度 大妻女子大学地域貢献プロジェクト「身体活動を通した地域住民の健康・体力・絆づくり」活動の一環として、「ヨガパフォーマンス&レッスン」を下記のとおり開催します。

【開催内容】
1.日時11月27日(日) 13:30~15:30 (13時受付開始)
2.内容 三和由香利先生(2011年ヨガの世界大会日本人初ワールドチャンピオン)によるヨガレッスンを行います。
3.対象 30歳以上の女性
4.定員 50~60名
5.場所 大妻女子大学 本館F棟地下アリーナ(千代田区三番町12)
6.持ち物 上履き、運動のできる服装、タオル、飲み物
7.お願い事項
・駐車場、駐輪場がございませんので公共交通機関をご利用ください。
8.申込方法等
申込は、以下の内容を明記のうえEメールまたはFAXにて11月20日(日)までにお申し込みください。
➀「ヨガパフォーマンス&レッスン」 ➁参加される方の氏名・フリガナ ➂生年月日
➃年齢 ➄住所 ➅連絡先電話番号 ➆メールアドレス(パソコンから受け取れるようにしておいてください。)

問い合わせ・申込先
大妻女子大学スポーツ教育共同研究室
メールアドレス:sports-edu@ml.otsuma.ac.jp
FAX番号:03-5275-6150
※皆様の個人情報は、上記のプロジェクトに関する連絡のみに使用します。

【地域貢献プロジェクト】「幸福感いっぱいの親子健康運動遊び」参加者追加募集決定

【参加者追加募集】
11月20日(日)で申し込みを締め切りましたが、定員まで若干名のあきがありますので追加募集を決定しました。一人でも多くの方々と楽しい時間を過ごせたらと思っておりますので、ふるってお申し込みください。
申し込み締め切り11月25日(金)12時まで※定員になりましたら締め切らせいていただきます。
皆様のご参加を、スタッフ一同、お待ちしております。

平成28年度 大妻女子大学地域貢献プロジェクト「身体活動を通した地域住民の健康・体力・絆づくり」活動の一環として、「幸福感いっぱいの親子健康運動遊び」を下記のとおり開催します。

【開催内容】
1.日時 11月27日(日) 10:15~11:30
2.内容 簡単な道具を使って親子で身体を動かしたり、リズムに合わせて運動したりします。
3.対象 幼児・小学校低学年の親子
4.定員 親子で40組
5.場所 大妻女子大学 本館F棟地下アリーナ(千代田区三番町12) 場所が変更になりました→大学校舎C棟5階体育館
6.持ち物 上履き、運動のできる服装、タオル、飲み物
7.お願い事項
駐車場・駐輪場がございませんので公共交通機関をご利用ください。
8.申込方法等
申込は、以下の内容を明記のうえEメールまたはFAXにて11月20日(日)までにお申し込みください。
➀「幸福いっぱいの親子健康運動遊び」 ➁参加される方全員のお名前とふりがな ➂生年月日
➃年齢 ➄住所 ➅連絡先電話番号 ➆メールアドレス(パソコンから受け取れるようにしておいてください。)

問い合わせ・申込先
大妻女子大学スポーツ教育共同研究室
メールアドレス:sports-edu@ml.otsuma.ac.jp
FAX番号:03-5275-6150
※皆様の個人情報は、上記のプロジェクトに関する連絡のみに使用します。

地域の方々と千代田キャンパス近隣の花植活動

千代田区と地元三番町会、大妻女子大学や九段小学校などで連携し、三番町内の歩道に年2回、花植を行っています。
今回も、本学家政学部児童学科1年生約100名、地元三番町会などが組織する「フラワーロードの会」のみなさんと、アイネスのみなさん、千代田区の方々ともに、本学千代田キャンパス近隣の花植え作業を11月12日(土)に行い、歩道をたくさんの花で彩りました――。

パンジー、ビオラ、ノースポール、ストック合わせて1,800鉢を「番町学園通り」「大妻通り」に設けられた植樹桝(ます)に地域の方々と協力しながら一緒に植えました。
それぞれのグループで、パンジー、ビオラの色の組み合わせを考えたり、背の高いノースポールとストックの配置を話し合いながら、花植えをしていました。
2時間かけて90センチ×200センチの植樹桝約70カ所が鮮やかな花でいっぱいになりました。

【花植の様子】
adaputo02 adaputo03

 

 

 

 

 

歩道への花植えがはじまったのは平成19年7月。地元三番町の方々が、花を愛で育てる事を通じ、三番町を訪れる方々への「おもてなし」の気持ちを広めたいとの願いからはじまりました。現在は千代田区が行う環境美化活動推進を目的とした助成「アダプトシステム」を利用して、春と秋の年2回行っています。

本学も地域連携・貢献活動の一環として当初から参加しています。

2016年11月14日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

【地域連携プロジェクト】大泉子ども食堂開催

地域連携プロジェクト『子ども支援に向けた大妻女子大学児童学科「大泉子ども食堂」の実施プロジェクト』の一環として、平成28年11月5日(土)、児童学科の学生などによる「大泉子ども食堂」の第1回目のプログラムが行われました。子ども食堂とは、地域の子どもたちに無料または低額の料金で食事提供し、一緒にご飯を食べたり、交流したり、遊んだりして過ごすことのできる地域の居場所として期待され、今、全国に広がりつつあります(また、深刻化する子どもの貧困問題に対する子ども支援のはたらきも担っています)。
当日は、保育士などを目指す学生ボランティアスタッフ、おとなボランティアスタッフで会場づくりと調理、遊び支援に取り組みました。開所時間は11:00~15:00までとし、定員は20名、食事は12時から提供できるように準備しました。
11:30頃から「こんにちは。子ども食堂はここですか?」と、子どもたちが集まり始めました。この日は、子ども15名(0歳から小学5年生まで)、保護者6名、主任児童委員・児童館職員・放課後子どもクラブ職員など地域の福祉関係者4名(子どもを連れてきてくださいました)の参加者を得ることができました。
そして、手作り卓球に熱中してお腹を空かせていた子ども、調理や配膳のお手伝いをしてくれた子どもと保護者、ご飯を3杯食べた子ども、もっと遊びたくてなかなか帰ろうとしない子どもなど、さまざまな子どもの姿に接することができました。

【大泉子ども食堂の写真】

kato01 kato02 kato03

 

 

 

 

 

 

 

 

【今後の予定】
年内は11月19日(土)、12月17日(土)、12月23日(金)祝日に大泉子ども食堂を開店する予定です。子どもや若者による子どもたち自身の地域の居場所として、さらに子どもを包摂する地域のつながり作りの基盤として、可能な限り活動を継続していきたいと考えています。

(家政学部児童学科准教授)加藤悦雄

初めてのスマホ教室(第2回)開催

「初めてのスマホ教室」(大妻女子大学地域連携推進センター主催)と題して、10月29日(土)、社会情報学部教授 炭谷先生のご指導のもと、スマートフォンの使い方やLINE、Instagram等アプリの使い方を学ぶ講座を行いました。

講座は、スマートフォンの使い方に関する内容とアプリの使い方に関する内容の2つのグループに分かれてスタートしました。
まず最初にそれぞれのグループの担当者が使い方に関する解説をした後に、実際にスマートフォンを使ってメールを作成したり、アプリをインストールして使ってみたりと、皆さん真剣に取り組んでいました。
参加者の中には、スマホを購入したばかりの方や少しは使っているがLINEなどをもっと活用したい方など様々で、それぞれ使っている状況の違いを考えながら2時間と限られた時間の中で、よりスマートフォンを普段の生活の中で活用してもらえるように、実際に一緒に操作しながら説明を進めました。また、参加した方々の状況に合わせて個別に対応するなどし、その場で少しでもわからないことをなくすように進めていきました。
参加した方からは、「個別に説明してもらえたのが良かった」「次の機会にはワンステップ進んだ内容を勉強したい」「次回はいつ開催するのか」など、次回の講座への参加を希望する声が多く、スマートフォンについて理解を深めてもらうことのできる講座になりました。
次回の開催を期待する声もありましたので、今後もこのように地域の皆さまに喜んでいただけるような講座の開催を考えていきたいと思っています。
地域連携推進センター主催の企画につきましては、大妻女子大学地域連携推進センター事務部のホームページや千代田区の掲示板でお知らせいたします。興味のある方はぜひご参加ください。

【講座の様子】

sumaho2 01 sumaho2 02

2016年11月1日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp

【地域貢献プロジェクト】ダンボール工作で楽しくリサイクルを学ぼう!開催

【地域貢献プロジェクト】ダンボール工作で楽しくリサイクルを学ぼう!開催

家政学部ライフデザイン学科の大西先生が主宰する地域貢献プロジェクト「子どもの創造性を育てるものづくりワークショップ」の一環として、ダンボール工作で楽しくリサイクルを学ぼう!が 10 月16日に大妻女子大学千代田キャンパスで開催されました。
当日は、地域の親子約30名が参加し、本学の学生と一緒に楽しくダンボール工作に取り組みました。

【開催の様子】
oonisi01 oonisi02
oonisi03 oonisi04

参加者と学生のコメントをご紹介します。(一部抜粋)
◯参加者のコメント
「とても楽しかったようで、夢中で作業をしていました。学生の皆さんにも、とてもよくしていただき、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました」

「エコについて少し難しかったけど、子どもたちにも分かるように説明をしてくださり、参加して良かったです。準備や当日のお世話など、とても良かったので、次回も続けてください」

「近所に住んでいるので、このようなコミュニケーションはとても嬉しいです。ぜひまた企画してください」

「勉強している大学生の皆さんと子どもたちのふれあいが新鮮でした。機会があれば、どんどん交流したいです」

◯学生のコメント
プロジェクトに参加した学生からは「参加した子ども達の年齢に幅があったので資料づくりなどでは全員にわかりやすくするのが難しく、また、当日の作業のしやすさなどを考えて机の高さなどの調整、制作進度の違いから早く終わってしまった子ども達への対応など、ワークショップを進めていく上での難しさもあったが、地域の方々と一緒にイベントを行うという貴重な体験ができたてとても良かったと思います。」との感想が寄せられています。

今後は、今回のイベントを踏まえてもっと皆さんに楽しみながら学んでもらえるイベントを考えていけたらと考えています。
(家政学部ライフデザイン学科教授・大西一也)

【募集開始】「新聞紙で作るエコバッグとさつまいも掘り体験」

大妻女子大学狭山台校で、新聞紙で作るエコバッグとさつまいも掘り体験を開催します。

今年度3回目の狭山台校企画「新聞紙で作るエコバッグとさつまいも掘り体験」を大妻女子大学狭山台キャンパスで行います。楽しくリサイクルを学ぶ一環として、新聞紙の一面広告などを使って新聞とは思えないようなユニークなエコバッグを作ります。エコバッグ作りのほか、6月に植えたさつまいもを参加者みんなで収穫し、焼き芋にしておやつとします。午後は、さつまいものつるを使ったリース作りと葉っぱなどを使った手作りはがきやしおりの制作を行います。※午後の内容につきましては、午前中の作業状況により作成できない場合がありますのでご了承ください。
参加希望の方は、以下の内容を確認のうえ、11月13日(日)までにメールでお申し込みください。

日  時: 平成28年11月20日(日) 10時00分~15時00分 (受付:9時45分から)
※終了時間は多少前後します。

対 象 者 : 小学生
※小学生のお子さんのみの参加となりますが、やむを得ない場合は保護者の方もご参加いただけます。

場  所 : 大妻女子大学 狭山台キャンパス  埼玉県入間市狭山台234 (現地集合・現地解散)
※当日の連絡先電話番号は11月18日以降ホームページ(http://www.chiiki.otsuma.ac.jp/wp/)
でお知らせします。

内  容 : 新聞紙を使ったエコバッグ作りとさつまいも掘り体験を大妻女子大学の教員と一緒に取り組みます。

【制作イメージ:エコバッグ(左)・しおり(右)】
E shiori

参 加 費 : 1人500円 ※保護者の方が参加された場合も同様に徴収させていただきます。

募集定員 : 30人(最小催行人数10人)

指  導 : 大妻女子大学教員

持 ち 物 : 筆記用具・飲み物・タオル・帽子

そ の 他 :
・昼食を用意します(野外炊事)。
※食べ物アレルギーの有無、アレルギーのある方はアレルギー食材をご連絡ください。
・自転車で来校する場合は、駐輪場に駐輪ください。

申込み方法 : 以下のアドレスに必要事項を入力していただきメールでお申し込みください。
・参加者全員の氏名(ふりがな)、学年
※保護者の方が参加される場合は、参加する保護者の氏名もご記入ください。
・連絡先保護者氏名
・住所
・電話番号(当日連絡が取れる電話番号)
・メールアドレス(PCから受け取れるメールアドレス)

申し込み・問い合わせ先 :大妻女子大学 地域連携推進センター 担当:山本・佐々木
E-mail:chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp