【地域貢献プロジェクト】みかん缶詰およびみかん皮で染色したコサージュの手づくり親子体験教室

渡辺雄二先生の地域貢献プロジェクト「食から広がる生活科学を地域へ発信!」の活動の一環として、「みかん缶詰および宝物入れの手づくり親子体験教室」が1212日(土)大妻女子大学千代田キャンパス大学校舎846830実習室で行われました。

当日は、925人の親子が参加。初めて見る缶詰の刻印機と巻き締めの機械に、子ども達だけでなく、お母さん、お父さんも興味津々。まずは缶詰のふたに刻印機で記念日として当日の日付を刻印し、子ども達が自宅から持参した宝物を詰めた記念缶を作りました。その後、みかんの果肉とシロップを入れた缶詰造りを楽しみました。

kokuinn1

缶詰の刻印の様子

kannzume1

缶詰造りの様子

kannzume2

みかんの缶詰(巻き締め前)

kannzume3

みかんの缶詰(完成品)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、堀口美恵子先生の指導による宝物入れ作り。みかんの皮の他、玉ねぎの皮、ブルーベリー等で染色した布やリボン、レースを使ってお花を作り、それぞれが好きな箱にデコレーションしました。

takarabako1

記念缶、及びコサージュで飾った宝物入れの箱➀

takarabako2

記念缶、及びコサージュで飾った宝物入れの箱➁

takarabako3

コサージュで飾った宝物入れの箱➀

takarabako4

コサージュで飾った宝物入れの箱➁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手づくりのみかん缶詰に加えて、記念缶と宝物入れをお土産に、皆さん笑顔で帰っていきました。

 

【募集開始】冬休みにお正月の伝統行事を学ぼう 参加者募集!

参加者募集
大妻女子大学狭山台校で、冬休みに書き初めと、日本の伝統的なお正月の遊びを学び、体験しよう 

大妻女子大学狭山台キャンパスで、夏の自由研究に続き第2弾として、冬休みにお正月の伝統行事を学ぼうと題して教員と一緒に書き初め、日本の伝統的なお正月の遊びを学び、体験します。
参加希望の方は、以下の内容を確認のうえ、1月4日(月)までにメールでお申し込みください。
※12月29日(火)~1月4日の期間完全休業のため、お申込みいただいたメールの返信ができませんのでご了承ください。

日時 : 平成28年1月6日(水) 10時30分~15時00分 (受付:10時15分から)

対 象 者 : 小学生
※お子さんのみの参加となりますが、やむを得ない場合は保護者の方もご参加いただけます。

場   所 : 大妻女子大学 狭山台キャンパス  埼玉県入間市狭山台234 (現地集合・現地解散)
※当日の連絡先電話番号は1月5日にホームページ(http://www.chiiki.otsuma.ac.jp/wp/)
でお知らせします。

内   容 : 書き初めともちつき、その他日本の伝統的なお正月の遊びを学び体験する。

募集定員 : 30人

指   導 : 大妻女子大学教員

持 ち 物 : 習字道具・筆記用具・飲み物・タオル

そ の 他 : 自転車で来校する場合は、駐輪場に駐輪願います。
昼食はもちつきをして、おもちを食べます。
※食べ物アレルギーの有無、アレルギーのある方はアレルギー食材をご連絡ください。

申込み方法 : 以下のアドレスに必要事項を入力していただきメールでお申込み願います。
・参加者全員の氏名(ふりがな)、学年
※保護者の方が参加される場合は氏名をご記入ください。
・連絡先保護者氏名
・住所
・電話番号(当日連絡が取れる電話番号)
・メールアドレス(PCから受け取れるメールアドレス)

申し込み・問い合わせ先 :大妻女子大学 地域連携推進センター 担当:山本・佐々木
E-mail:chiiki@ml.otsuma.ac.jp

【地域貢献プロジェクト】多摩市・生物多様性保全を考えるワークショップ

このワークショップは,H27年度 大妻女子大学地域貢献プロジェクトの一環で行っています.

<多摩市・生物多様性保全を考えるワークショップ>
多摩市は,ジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」でも描かれたように,ニュータウン開発によって大幅に環境改変された作られた街です.一方で,緑が多く,まだ自然が残っている地域も点在しています.このような地域の生物多様性保全を考えることを目的とし,教育機関所属の多摩市内で活動しているメンバーで生物多様性保全を考えるWGを立ち上げました.
今回,これまでWGが行ってきたことを発表するワークショップを開催したいと思います.
第一部では,多摩市を中心に行った調査結果を報告します.
第二部では,データのまとめ方や管理方法の検討,教育普及について考えたいと思います.
お誘いあわせの上,ご参加ください.

日時:2016年1月23日(土)13:00~
会場:大妻女子大学 多摩キャンパス 社会情報学部棟1階6156教室
最寄駅:小田急線・唐木田駅(徒歩5分)
司会・進行:黒瀬奈緒子(大妻女子大学)

13:00~ 挨拶・概要説明 黒瀬奈緒子(大妻女子大学)

<第一部>
13:10~13:35 多摩市周辺の植物相調査と環境評価 ~外来種に着目して~  井上真里(大妻女子大学)
13:35~14:05 大妻多摩キャンパスおよび小山田緑地に生息する鳥類相調査と環境評価  黒崎七海(大妻女子大学)
14:05~14:35 大妻多摩キャンパスおよび小山田緑地に生息する哺乳類相調査と環境評価  三宮夏実(大妻女子大学)
14:35~15:00 生物多様性保全に寄与するビオトープの紹介   藤原裕子(大妻女子大学)

15:00~15:20 休憩

<第二部>
15:20~16:20 連光寺・若葉台里山保全地域の環境評価と今後の管理について  黒瀬奈緒子(大妻女子大学)

16:20~16:35 休憩

16:35~17:05 GPS情報を用いた生きものマップの作成法  田中雄(専門学校デジタルアーツ東京)
17:05~17:20 生物多様性保全教育の学校教育への導入について  福田章人(豊ヶ丘小学校)
17:20~17:45 総合討論

18:00~         懇親会

主催:多摩市生物多様性WG  後援:多摩市教育委員会
多摩市生物多様性WGのサイト:https://tamabio.wordpress.com/

さくらフェスティバル2016開催決定

毎年3月末に行われる「大妻さくらフェスティバル」が今年度も開催されます。
開催日が決定しましたので、お知らせいたします。

◇日時:2016年3月26日(土)10:00~15:00
◇場所:大妻女子大学千代田キャンパス大学校舎(東京都千代田区三番町12)
◇交通:JR・東京メトロ・都営新宿 市ケ谷駅下車徒歩10分、東京メトロ 半蔵門駅下車徒歩5分、東京メトロ・都営新宿 九段下駅下車徒歩12分 
※駐車場はございません
◇参加費:無料(事前予約不要)
◇プログラム等の詳細については、決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

『和を楽しむ』お正月に親子で着物を着ようを開催

地域連携推進センター独自企画『和を楽しむ』お正月に親子で着物を着ようを11月28日(土)に開催しました。

被服学科の阿部先生がボディーを使って着物の着方を説明した後に、参加者全員が着付けをスタート。
阿部先生が1人1人丁寧に指導をし、時間内に参加者全員がきれいに着物を着ることができました。
全員が着物を着て別室に移動し、和菓子とお茶をいただきながら、簡単なお作法などを教えていただきました。

【着付けの実習風景】
IMG_1124_01  IMG_1175_02
IMG_1194_03  IMG_1195_04
IMG_1200_05  IMG_1209_06
IMG_1217_07

【帯もこんなにきれいに結べました】
IMG_1222_08 IMG_1229_09 IMG_1233_10

【和菓子を食べながらお作法を学びました】
IMG_1237_11

【着物を着て】
IMG_1240_12

次回の地域連携推進センター独自企画は1月9日(土)の開催になります。
下記内容をご確認いただきふるってご参加ください。

学生とご両親で参加
和食の料理人に学ぶ「和食文化に触れる」
☆プロの料理人の指導で調理し、みんなで楽しく食事します!!
ご両親を大妻女子大学に連れてきませんか?! 申込締切12月16日(水)
※お問い合わせが多数ございましたので、学生とお父様、学生とお母様、ご両親での参加を希望される方のお申し込みも受けつけることにいたしました。

1. 日時 2016年1月9日(土) 11:00~15:00(受付開始:10:30)
2. 会場 大妻女子大学 千代田キャンパスF棟 536調理実習室
3. 参加費 1人2,000円(1組6,000円)
4. 内容 和食料理の料理人から、おもてなし料理を学びます。
注)食物アレルギーの有る方は申込用紙にアレルギー食材をご記入ください。

参加をご希望の方は以下の内容をメール送信または申込用紙をプリントアウトし必要事項をご記入いただき、申込締め切り日までに千代田校別館7階地域連携推進センターまたは多摩校図書館棟2階地域貢献室に提出してください。
<メール送信内容>
1.学部学科専攻、学籍番号、学生氏名、大妻webメール、携帯番号、食物アレルギーの有無(アレルギー食材)
2.保護者氏名、食物アレルギーの有無(アレルギー食材)
3.参加企画名

<問い合わせ先>
大妻女子大学地域連携推進センター
担当:山本 TEL:03-5275-6877 ※平日9:00~17:00 (11:10~12:10を除く)
E-mail:chiiki@ml.otsuma.ac.jp

2015年12月2日 | カテゴリー : イベント | 投稿者 : chiiki_wp