【地域貢献プロジェクト】ニンジンジャム&エコバック作り

渡辺雄二先生の地域貢献プロジェクト「食から広がる生活科学を地域へ発信!」の活動の一環として、「ニンジンジャムおよび野菜スタンプでの飾りエコバックづくりの親子体験教室」が9月26日(土)大妻女子大学千代田キャンパス大学校舎846、830実習室で行われました。
当日は、6組14人の親子が参加。本学家政学部食物学科の学生らのサポートを受けながら、子ども達は楽しそうに木べらを持ってニンジンジャム作りを楽しみ、できあがったジャムをおいしそうに試食していました。

後半は、さらに5人の親子が加わり、堀口美恵子先生の指導による野菜スタンプを使ったエコバックづくり。無地のエコバックに、レンコンやちんげん菜、オクラなど、いろいろな種類の野菜を使ってカラフルな模様を付けました。中には手形を付けてオリジナリティーを出す子どもも。アイディアいっぱいの楽しい企画となりました。

ninnzin21

ニンジンジャム➀

ninnzinn111

ニンジンジャム➁

ekobakku11

エコバッグ➀

ekobakku21

エコバッグ➁

【地域貢献プロジェクト】連光寺・若葉台保全地域の野生鳥獣映像ショー開催

連光寺・若葉台保全地域の 野生 鳥獣映像ショー
社会情報学部 環境情報学専攻 黒瀬奈緒子

平成27年度大妻女子大学地域地域貢献プロジェクトの一環として、「連光寺・若葉台保全地域の野生鳥獣映像ショー」を開催いたします。
2014年に東京都で50番目の保全地域に指定された「連光寺・若葉台保全地域は,住宅地の中にひっそりと取り残された小さな湿地を中心としたエリアです.ホタルや希少貝類が生息する一方,要注意外来生物のキショウブが広範囲に繁茂し,湿地植生には課題を抱えている地域です.このような場所を野生鳥獣がどのように利用しているか知るため,現在3台のセンサーカメラを設置しモニタリングしています.
興味深い映像の一部を映像フィルムにまとめてみましたので,ご紹介したいと思います.お誘いあわせの上,ご来場ください.

<開催日時>
2015 年10 月17 日(土)・ 18 日(日)
第1回 11:00~12:00
第2回 13:00~14:00
<会場>
大妻女子大学多摩キャンパス
人間関係学部棟・2階7260教室

※当日は,大妻女子大学・多摩祭が行われています.同会場では 黒瀬ゼミ主催の野生動物展も 同時開催しています.

<黒瀬ゼミホームページ>
http://www.sis.otsuma.ac.jp/kurose/index.html

【募集開始】学生と保護者向けのプロジェクト 「和を楽しむ」

平成27年度大妻女子大学地域連携推進センターの企画「和を楽しむ」を開催いたします。
参加をご希望の方は以下の内容をご確認の上、申込用紙をプリントアウトし必要事項をご記入いただき、9月19日(土)~10月3日(土)の9:00~17:00(11:10~12:10を除く)に千代田校別館7階地域連携推進センターまたは多摩校図書館棟2階地域貢献室に提出してください。
3回の連続企画となっておりますが、連続参加できない旨のお問い合わせが多数ございましたので、ご希望の回のみの参加も受け付けることになりました。「和を楽しむ」の参加ご希望の方は申込用紙の参加希望回の記入欄に必要事項を記入してご提出ください。
募集:各回10組、最少催行数:各回5組
受付は先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

第1回 学生とお父様で参加企画 「休みの日に親子でクッキング」
1. 日時 2015年10月31日(土) 11:00~15:00 (受付開始:10:30)
2. 会場 大妻女子大学 千代田キャンパス F棟 536調理実習室
3. 定員 10組(20名)
4. 参加費 1人1,000円(1組2,000円)
5. 内容 誰でも手軽に作れる手まきごはん、汁物、あえ物を生活習慣病予防になる食材を用いて簡単に作る方法を指導します。
6. 用意していただく物 エプロン、三角巾、ハンドタオル、上履きをご持参ください。
注)食物アレルギーの有る方は申込用紙にアレルギー食材をご記入ください。

第2回 学生とお母様で参加企画 「お正月に親子で着物を着よう」
1. 日時 2015年11月28日(土) 13:00~16:00 (受付開始:12:30)
2. 会場 大妻女子大学 千代田キャンパス F棟 533被服造形実習室
3. 定員 10組(20名)
4. 参加費 1人1,000円(1組2,000円)
5. 内容 着物(小紋)の着付けから、着物の際の立ち居振る舞い、着物の手入れの方法などを本学教員がわかりやすく指導します。
6. 用意していただく物  小紋の着物の着装を行いますので、着物と着付けに必要な物一式
thakusou

写真参照:(補正・肌着・半襟を付けた長じゅばんを含む)、足袋、草履(着物のまま帰る方)、フェイスタオル2~3枚
注)着物をお持ちで無い方は、事前に地域連携推進センターにメールでお問い合わせください。

 

 

第3回 学生とご両親で参加企画 「和食文化に触れる」
1. 日時 2016年1月9日(土) 11:00~15:00 (受付開始:10:30)
2. 会場 大妻女子大学 千代田キャンパス F棟 536調理実習室
3. 定員 10組(30名)
4. 参加費 1人2,000円(1組6,000円)
5. 内容 実際に和食料理を提供する料理人の方に学ぶ、おもてなし料理。学生のみなさんが調理し、ご両親に振る舞います。
6. 用意していただく物  エプロン、三角巾、ハンドタオル、上履きをご持参ください。
注)食物アレルギーの有る方は申込用紙にアレルギー食材をご記入ください。

※会場では、地域連携推進センターによる写真撮影を行います。撮影した内容は、記録や地域連携推進センター及び大学の広報活動に使用させて頂きます。予めご了承の上お申し込みください。

※参加費の入金等につきましては、申し込み終了後学生のみなさんにメールにてご連絡致します。

<問い合わせ先>
大妻女子大学地域連携推進センター
担当:山本 TEL:03-5275-6877 ※平日9:00~17:00 (11:10~12:10を除く)
E-mail:chiiki@ml.otsuma.ac.jp

【募集開始】女子高校生対象の親子体験教室

「アイスクリームおよび牛乳パック利用クラフトの手づくり親子体験教室」のご案内
※牛乳パック利用クラフトは、カルトナージュ(厚紙に布や紙を貼り、箱に組み立てるフランスの伝統的な手芸)等を予定しています。

平成27年度 大妻女子大地域貢献プロジェクト「食から広がる生活科学を地域へ発信!」の活動の一環として、表記の体験教室を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
皆様のご参加を、スタッフ一同、お待ちしております。

【開催内容】
1.日時     2015年10月17日(土) 13時半から15時半まで (受付開始13時)
2.場所     大妻女子大学 千代田キャンパス B棟 846教室食品加工実習室ほか
3.対象     東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県内在学の女子高校生と親
4.会費     無料
5.定員     親子9組 (親子1組で4名様まで参加できます)
6.お願い事項
・応募多数の場合は、申込締切日の翌日に、抽選にて参加者を決めさせていただき、受講券をお送りします。
・当日は、上記の受講券、エプロン等、上履きの持参をお願いします。
・当プロジェクトは、本学学生の教育一環の事業ですので、食物学科の学生がボランティア活動としてサポートいたします。
・当プロジェクトの活動記録として、活動の撮影を行います。

7.申込方法等  申込は、プロジェクト事務局まで電子メールまたはファクシミリでお願いします。
女子高校生本人のお名前(ふりがな付)と在学高校名および学年、同伴の保護者のお名前(ふりがな付)、参加人数、連絡先(電子メールアドレス またはファクシミリ電話番号)、緊急時の連絡先(電話番号)などを明記し、10月3日(土)までにお申し込みください。
<申し込み先>
メールアドレスwatanabe@otsuma.ac.jp
ファクシミリ  03-5275-9289
※皆様の個人情報は、上記のプロジェクトに関する連絡のみに使用します。

8.スタッフ   大妻女子大学家政学部食物学科助手および学生
9.主催責任者  大妻女子大学家政学部食物学科食品加工研究室 渡辺雄二

【会場決定!】「学生と共に伝える博物館の見方・楽しみ方」講座 

平成27年度大妻女子大学地域連携プロジェクト「学生と共に伝える博物館の見方・楽しみ方」講座を開催いたします。
学生と共に博物館の見方・楽しみ方について学ぶ講座を、7回開催致します。
生涯学習の場である博物館の新たな見方・楽しみ方を見つけてみませんか?

博物館は生涯学習の現場です。 この講座を受けることにより、生涯にわたって博物館で学び、博物館を楽しむ視点を得ていただければと思います。 この7回の講座の内容は、第1回目に全体像の説明(すなわち、本講座の目的と博物館とは、という基本的な話)、 そして自然史系博物館の見方・楽しみ方についての話を、大妻女子大学の学生も参加して紹介してゆきます。 第2回目以降も同様に、美術館系博物館、郷土史系博物館、児童系博物館、科学系博物館、人類史系博物館と続き、 最終回は参加者の皆様からの感想やアンケートなども素材にして全体のまとめを行います。 単に講義を行う通常の講座形式とは異なり、学生も参加しての見学ポイントの確認など、今後の博物館見学に 必ず役に立つ情報が満載です。また、児童系博物館の講座では、ワークショップ形式で、参加者の方と一緒に 簡単な工作を行います。ご興味のある回だけの参加も自由です。 7回通してご参加の方には「修了証」を進呈いたします。参加費無料です。 申込み要領に従ってお申込み下さい。

主催:大妻女子大学博物館
■日程・会場
各回の会場が決定しましたので、お知らせいたします。
※今後変更が生じた場合は随時ご連絡いたします。

第1回 平成27年10月31日(土) 14:00~16:30
会場:大妻女子大学千代田校舎 本館 F棟 744教室
・本講座の目的:南雲 智(大妻女子大学博物館館長)
・博物館とは :小川義和(大妻女子大学非常勤講師)
・自然史系博物館:小川義和(大妻女子大学非常勤講師)

第2回 11月6日(金) 14:00~16:00
会場:大妻女子大学千代田校舎 本館 F棟 632教室
・美術館系博物館:中西麻澄(大妻女子大学非常勤講師)

第3回 11月7日(土) 14:00~16:00
会場:大妻女子大学千代田校舎 本館 F棟 744教室
・郷土史系博物館:吉田 優(大妻女子大学非常勤講師)

第4回 11月13日(金) 14:00~16:00
会場:大妻女子大学千代田校舎 大学校舎 A棟 552教室
・児童系博物館:落合善郎(博物館活動支援センター理事)

第5回 11月14日(土) 14:00~16:00
会場:大妻女子大学千代田校舎 大学校舎 A棟 552教室
・科学系博物館:山田英徳(博物館活動支援センター理事)

第6回 11月20日(金) 14:00~16:00
会場:大妻女子大学千代田校舎 本館 F棟 632教室
・人類史系博物館:真家和生(大妻女子大学博物館教授)

第7回 11月21日(土) 14:00~15:30
会場:大妻女子大学千代田校舎 大学校舎 A棟 552教室
・まとめ:全講師

 

■申込要領
・参加費無料(但し、ワークショップの工作で実費が必要となった場合は300円程度、実費をいただく予定です) ・お好きな講座だけでも、ご参加いただけます。
・申込方法:メールあるいは葉書でお申込み下さい。
・申込先 :(メールの場合) otsumamuseum@ml.otsuma.ac.jp
(葉書の場合)〒102-8357 東京都千代田区三番町12 大妻女子大学博物館 講座係り
・申込時に必要な項目
1.氏名(ふりがな)・学生か社会人か、などをご記入下さい。
2.郵便番号・住所・メールあるいは電話(こちらからの連絡がある場合に必要となります)
3.参加希望講座:(例:第1回、第2回、・・・第7回)
・受付期間:平成27年9月1日(火)~10月24日(土)
・募集人員:約30名(締切間際で、ご希望人数が多くなった場合は教室を変更して開催します)

・問合せ先:大妻女子大学博物館 (水曜日~土曜日の10時~16時のみ開館です)
〒102-8357 東京都千代田区三番町12
03-5275-5739