大妻さくらフェスティバル2015へどうぞ 3/28開催

ご案内(PDF)

ご案内(PDF)

大妻女子大学では3月28日(土)に、千代田キャンパス(JR市ケ谷駅ほか下車)で「大妻さくらフェスティバル2015」を開催いたします。
千鳥ヶ淵など数々の桜の名所を有する千代田区が行う「千代田のさくらまつり」(主催・千代田区観光協会)の一環として開催されるもので、当日は、石川雅己・千代田区長からご挨拶をいただくほか、千代田区内の大学の知を社会へ還元する「千代田学」のパネル発表、本学が行っている地域連携活動の報告、さらに地域交流を深めるさまざまなパフォーマンスやスタンプラリーなどの楽しいイベントが行われます。皆様お誘い合わせの上、ぜひ足をお運びください。入場無料。雨天決行。
当日、本学では新高3・高2年生向け学科説明会も実施しています。

 

 

■大妻さくらフェスティバル2015開催概要
◇日時:2015年3月28日(土)午前10時~午後3時
◇場所:大妻女子大学 千代田キャンパス 大学校舎地下1階アトリウム他(東京都千代田区三番町12番地
◇交通:JR・地下鉄市ケ谷駅下車徒歩10分、地下鉄半蔵門駅下車徒歩5分(※駐車場はございません)
◇主催:大妻女子大学
◇後援:千代田区、大妻コタカ記念会
◇入場料:無料(事前予約不要)

■アトリウムステージプログラム(大学校舎地下1階アトリウム)
20150226-03_no_photo一般の方によるステージプログラムの撮影は禁止とさせていただきます。予めご了承ください。
▽10:00 開会・投げ合い・素囃子(九段小学校 九段囃子)・ビッグ・バンド演奏(九段小学校 九段Planets)
▽10:50 理事長挨拶(大妻学院理事長・花村邦昭)
▽10:55 来賓挨拶(千代田区長・石川雅己)
▽11:00~11:10 ステージ準備
▽11:10 きものファッションショー(大妻女子大学・きものゼミナール)
▽11:30 合唱(大妻中学高等学校・音楽部(中学)・コーラス部(高校))
▽11:50 チアリーディング演技(大妻女子大学・オールチアリーディングカンパニーLYNX)
▽12:10 出張二松能楽堂(二松學舎大学・狂言研究会)
▽12:30 みんなの3331、千代田のまちアートセンター(アーツ千代田3331)
▽12:50~13:00 ステージ準備
▽13:00 和太鼓(駐日英国大使館太鼓会・どんBRI)
▽13:20 ファッションショー“Wake Up!”(大妻女子大学・ファッション造形学研究室)
▽13:40 Joy(大妻中学高等学校・ダンス部(高校))
▽13:55 日本舞踊(大妻中学高等学校・日本舞踊部)
▽14:15 バトントワリング演技(大妻中学高等学校 バトントワリング部(高校))
▽14:35 競技ダンス(法政大学・大妻女子大学・舞踏研究部)
▽14:55 学長挨拶(大妻女子大学長・荻上紘一)
▽15:00 閉会

■「地域連携プロジェクト」報告会プログラム(本館E棟4階454教室) 各15分
▽11:00 学校や幼稚園・保育園を美術館・博物館に変身!(社会情報学部・生田茂)
▽11:20 地域のこどもたちとお年寄りのメディアリテラシー向上プロジェクト(社会情報学部・炭谷晃男)
▽11:40 地域に根差した各種NPO/NGOへのボランティアおよびインターンシップを通じたボランティアグループの形成(人間関係学部・荒井芳廣)
▽12:00 大学生と障害のある人が働き、学び、遊ぼうプロジェクト(人間関係学部・小川浩)
▽12:15~13:00 休憩
▽13:00 誰もが子どもを見守り隊プロジェクト~児童虐待防止啓発活動(人間関係学部・藏野 ともみ)
▽13:20 学童期から青年期までの心の育ちを支える連続講座(人間関係学部・福島哲夫)
▽13:40 東日本大震災被災地の商店街と連携した復興支援活動(人間関係学部・干川 剛史)
▽13:55~14:05 休憩
▽14:05 被災地「きずな」プロジェクト(家政学部・水谷千代美)
▽14:25 九段商店街の国際化対応プロジェクト(家政学部・宮田安彦)
▽14:45 「和食文化」を子どもへ広める大妻力プロジェクト(短期大学部・堀口美恵子)

■第2回大妻さくらフェスティバル俳句大賞発表(大学校舎1階掲示場)
本年1月に募集しました俳句大賞の受賞作品が決定いたしました。日本全国及び海外からの応募を含めて全926句の中から選ばれた優秀な作品を当日、会場で発表いたします。
20150226-10_haiku

 

 

 

■スタンプラリー
会場の4カ所にスタンプが置いてあります。全部のスタンプを集めた人には、大妻特製のパウンドケーキ付き無料ドリンクチケットまたは素敵な景品を差し上げます。
20150226-04_stamprally

 

 


■起震車体験(大学校舎1階入口前)

千代田区の起震車がやってきます。いつ発生するか分からない大地震を起震車で体験し、地震に対する備えをしておきましょう。この機会に震度7を体験! ものすごく揺れます。参加費無料。雨天中止。
20150226-05_kishinsha

 

 

 

 

 

 

■大妻女子大神輿の展示(本館E棟1階エントランスホール)
毎年7月中旬に行われる靖國神社の「みたままつり」では、麹町靖國講とともに本学学生が神輿振りを奉納しています。そこで使われている大妻女子大神輿を、千代田区の三番町町会のご協力により展示いたします。また本学学生が実際に着用する法被も展示いたします。
20150226-06_mikoshi

 

 

 

 

 

 

■《体験コーナー》春色の作品を作ってみよう!(本館E棟4階452教室)
春の食空間をイメージする和の展示と以下の作品作りを行います。誰にでも簡単に作れ、出来上がったものはそのままお持ち帰りいただけます。

① 石けんカービングで桜を彫ってみましょう!(先着15名様 ※カッターを用いるため大人限定)
② 瓶や箱に和紙や写真を貼ってみましょう!
③ 和胡桃を使って、カスタネットを作ってみましょう!
20150226-07_wagurumi

 

 

 

参加費無料。材料が無くなり次第終了いたします。東日本大震災復興支援の一環として、和胡桃の活用を進める「三陸の和胡桃プロジェクト」に協力して開催します。

■バスケットボール公開試合(本館F棟地下1階アリーナ)
「大妻コタカ生誕130年記念バスケットボール公開試合」を行います。本学の学祖・大妻コタカは明治35年に広島県から単身上京し、和洋裁縫女学校で裁縫の勉強を始め、本学設立の基礎を築きました。平成26年に大妻コタカ生誕130年を迎えたことから、その和洋裁縫女学校を前身とする和洋女子中学校・高等学校・大学を招待して、本学バスケットボール部との試合を一般公開いたします。白熱した試合を間近で観戦できる機会ですので、どうぞご覧ください。

10:00~ 和洋国府台女子中学校 vs 大妻中学校
11:00~ 和洋国府台女子高等学校 vs 大妻高等学校
13:00~ 和洋女子大学 vs 大妻女子大学

20150226-08_basketball

 

 

 

 

 

 


■大妻オリジナル練り切りの特別販売(大学校舎地下1階アトリウム)

(株)大妻サポートのご協力により、大妻の校章をかたどった特製の紅白練り切りを、今年も一般向けに特別販売いたします。当日限りの販売ですのでお見逃しのないように。
20150226-09_nerikiri

 

 

 

 

 

 

■問い合わせ
大妻さくらフェスティバル実行委員会(大妻女子大学地域連携推進センター内)
Tel:(03)5275-6021 Fax:(03)5275-6800 メール:こちらから

【シンポジウム】多摩市立子育て総合センターにおける取組の報告 2/25開催

クリックするとPDFファイルが開きます

クリックするとPDFファイルが開きます

大妻女子大学は多摩市と連携して、2009年11月に開所した多摩市立子育て総合センターにおいて「子育てひろば事業」、「リフレッシュ一時保育事業」、「人材育成・研修・ネットワーク事業」を4年5ヶ月にわたり実施してきました。

この事業における本学の受託業務は2014年3月に終了しましたが、業務を終えて、地域貢献の一環として本学が果たしてきた役割とは何であったのか。多摩市民等の子育て支援事業にどういう効果をもたらしたのか。そして次への展開に向けて、これまでの取組がどのような可能性を持つのか等を含め、平成26年度地域貢献プロジェクト(家政学部児童学科・岡 健)のシンポジウムとして開催いたします。

本学の学生や教職員だけでなく、子育て支援に関心のある方はどなたでも参加できますので、どうぞお誘い合わせの上ご来場ください。皆様方の多くの参加をお待ちしております。

▽日 時 平成27年2月25日(水)13時30分~16時00分
▽会 場 大妻女子大学 千代田校舎 本館E棟452教室
▽登壇者
・松平 和也(多摩市立子育て総合センター長)
・柳川 路子(元多摩市立子育て総合センター「たまっこ」施設長)
・岡 健(元多摩市立子育て総合センター「たまっこ」スーパーバイザー)
▽指定討論者
・高橋 ゆう子(大妻女子大学家政学部児童臨床研究センター長)
▽参加者
・本学学生及び教員、子育て支援に関心のある方
▽お問い合わせ
・大妻女子大学児童臨床研究センター Tel 03-5275-6129
・E-mail jirinken@ml.otsuma.ac.jp

市ヶ谷駅からのアクセス[PDF]

半蔵門駅からのアクセス[PDF]