第1回大妻さくらフェスティバル俳句大賞 1月5日から応募受付開始

平成26年3月29日に開催する「大妻さくらフェスティバル2014」のイベントとして

「さくら」及び「学校」をテーマとして俳句を募集いたします。

応募受付は平成26年1月5日(日)からです。

詳細は募集要項をご覧ください。

みなさまのご応募お待ちしております。

「学校を美術館・博物館に変身!」第3弾

11月28日に、社会情報学部の生田教授が主宰する「学校を美術館・博物館に変身!」第3弾が、府中市立第十小学校を舞台に行われました。
府中市立第十小学校の「展覧会」にあわせて、1学年4クラスの教室で行われたものです。当日は、生田ゼミの4年生8名が自分たちの制作した教材をもって参加しました。1年2組、3組、1組、4組の順番に1時間ずつ、クラスの中の6班を回る形で教育実践を行いました。
「音声や動画で川崎大師を学ぼう!」「音声ペンによる植物図鑑」「音声入りフラッシュカーで英語を学ぼう!」のマルチメディアを扱えるドットコードを活用した教材、そして、テキストと同期をとって読み上げを行う電子書籍「ねずみくんのちょっき」「100こめのクリスマスケーキ」「ホットケーキできあがり」、iBooks Author を用いて制作した「南極を通して自然環境を学ぼう!」という電子書籍をもって児童たちとの学び合いを行いました。1クラス30名の児童みんなが教材に触れることができるようにと、これまでの卒業生が制作した「多摩動物公園で遊ぼう!」「音声ペンで英単語を学ぼう!」という教材も動員されました。
音声ペンで教材に触れると音声が流れ、また、動画が動き出すことにびっくり! iPad でテキストと同期をとりながら音声が流れる電子書籍にびっくり! そして、自分たちの担任の先生の声で音読される「くじらぐも」「ずっと ずうっとだいすき」に「あ!先生の声だ!」と大騒ぎ。楽しい取り組みとなりました。(生田教授は、1学年の担任団とともに先生方の声を取り込んだ電子書籍作りを行っています。)

 

音声ペンの活用

音声ペンの活用

電子書籍の音読

電子書籍の音読

 

 

 

 

 

 

 

 

担任の先生が、いつもはみんなの中に入るのが苦手な児童が友達とイアフォンを共有している姿を見つけ、生田教授のもとにやってきて「先生!先生!驚くことが起きています。こんなことは始めてです!」って大感激の様子。いつもの授業が苦手な児童でも、こうした ICT を活用した共同の取り組みには喜んで参加できることを示してくれました。それぞれの児童の活躍の場を、さまざまな形で作り出すことの大切さを見事に証明してみせてくれました。
参加した学生は、児童たちの喜ぶ姿に大感激。アンケートや今後の教材作りのヒントをいただくことができました。担任の先生からは、「自分たちも電子書籍を作ってみたいので作り方を教えてほしい」とお願いされました。

1年の担任団とともに(学生の1人で授業のTAは途中で退席)

1年の担任団とともに(学生の1人で授業のTAは途中で退席)

クラスの児童一人ひとりの顔を思い描きながら、一人ひとりの学習進度や困り感に対応した教材を、担任の先生自ら制作することの大切さを共有することができました。なお、これまでの第1弾第2弾で大好評だったリコーの「紙アプリ」は25日からの1週間、1学年を中心として活用され、児童からは次のような感想をいただきました。

・びっくりしたことは。じぶんのさかながパソコンに出るとおもわなかったことです。
・うごきがペラペラしていておもしろかったです。
・ほんとにさかながいたかのようなぐらい、すごかったです。いろんなさかなが出てきておもしろかったです。
 もっとかきたかったです。

リコーの「紙アプリ」の活動

リコーの「紙アプリ」の活動

また、「展覧会」に参加された他校の先生方からもとても羨ましがられたとのことです。(社会情報学部・生田茂教授)

図書室に教材の「お店」を出店

11月22日、多摩市立連光寺小学校の図書室に「美術館・博物館」が誕生しました。(本取り組みは、社会情報学部環境情報学専攻の生田教授の主宰する地域連携プロジェクト「学校を美術館・博物館に変身!」の取組みの一環として、八王子市立柏木小学校における取組みに続く第2弾として行われたものです。)
図書室を一日借り切って学生の制作した教材の「お店」を出店する取り組みは、昨年度に続くものです。今年度は、リコーの「紙アプリ」も加わり、本プロジェクトの「美術館・博物館」作りを応援してくれました。

実践の様子(スキャナーペンで動画の利用)

実践の様子(スキャナーペンで動画の利用)

実践の様子(音声ペンで音声の利用)

実践の様子(音声ペンで音声の利用)

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は生田ゼミの卒研生6人が参加し、それぞれの学生の制作した「音声ペンで英語を学ぼう!」「音声と動画で川崎大師を学ぼう!」「音声と動画で植物図鑑を学ぼう!」そして、「ねずみくんのちょっき」「100こめのクリスマスケーキ」「ホットケーキできあがり」のテキストと同期をとって読み上げを行う電子書籍の「お店」を出店しました。
2時間目には1年生全員が、3時間目には3年2組が、4時間目には2年1組が、5時間目には2年2組の児童が参加をしてくれました。また、2時間目と3時間目の中休みとお昼休みには、学年を超えた多くの児童が参加してくれました。

それぞれの授業時間には、児童たちは班ごとに「お店」を回って学生の作った教材を評価してくれました。学生たちも、授業の初めに自分の「お店」の名前や出店している教材の簡単な説明を行い、「お店」に遊びに来てくれるように勧誘を行いました。参加した学生たちは、自分の教材を上手に操作しながら楽しく学んでくれる様子にホッとしながら、「とてもおもしろかった」という評価に大満足をしていました。お昼の給食の時間には、2人ずつクラスに入り、児童たちと一緒に給食をいただきました。

リコーの「紙アプリ」の取り組み

リコーの「紙アプリ」の取り組み

今回も柏木小学校における第1弾の取組み同様、リコーの「紙アクア」が大好評で、図書室には児童たちの描いた魚が泳ぐ大きな水族館が誕生しました。「紙レーサー」は児童たちが大喜びで(大騒ぎしながら)参加することもあり、途中から、翌日以降の自由な時間での取り組みとなる「先生方の特別な配慮」が行われました。(「紙アプリ」は1週間、連光寺小学校に設置されています。) 

参加した学生(澤司書教諭、大島前司書教諭とともに)

参加した学生(澤司書教諭、大島前司書教諭とともに)

今回も連光寺小学校の阿閉校長先生始め教職員の皆さんのご好意とご協力で実現しました。ここに厚く御礼申し上げます。(社会情報学部・生田茂教授)

◆講演会◆「ハイチを支援する女性たち」 12/14(JICA横浜)

大妻女子大学ボランティアグループ横浜の主催による「ハイチを支援する女性たち」の講演会が、12月14日(土)13時からJICA横浜で開催されます。

この講演会は、人間関係学部社会学専攻の荒井芳廣教授が取り組む地域連携プロジェクト「地域に根差した各種NGOへのインターンシップを通じたボランティア・グループの形成」により実施するもので、荒井教授とゼミ生で構成される「ボランティアグループ横浜」と「ハイチの会・セスラ」(ハイチのボンルポおよびモローリヤンクールにあるセスラ小学校へ教育支援を行っている、横浜に本部を置く支援団体)の協力によって開催されます。

カリブ海に位置するハイチは1804年にフランスから独立しましたが、独立以来、国家分裂や内乱が繰り返されるとともに、ハリケーンや大地震による被害によって現在も混乱が続き、国民は貧困に苦しんでいます。そのハイチに支援の手がさしのべられていますが、ハイチを支援する人たちはなぜか女性ばかりです。

ボランティアグループ横浜では同じ女性として、ハイチを支援する女性の活動に注目し、今回の講演会を企画しました。日本やハイチ国内外に居住するハイチ人のコミュニティ側からその支援活動を見渡すとともに、横浜で活動している女性中心の国際協力団体の現況をご報告いたします。これから社会に出て活動していこうとする若い世代の人たちに、何らかの指針が与えられればと願っています。

ご案内(クリックすると大きくなります)

ご案内(クリックで大きくなります)

アクセス(クリックすると大きくなります)

アクセス(クリックで大きくなります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加費無料、事前申し込み不要ですので、多くの方々の参加をお待ちしています。詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

なおこの講演会は、会場その他についてJICA横浜の支援を受けています。

「大妻さくらフェスティバル2014」の開催日が決まりました

20131204_01

 

 

 

 

 

毎年桜が咲く頃、「千代田のさくらまつり」(千代田区観光協会)と連携して行われる「大妻さくらフェスティバル」が今年度も開催されます。
開催日が決定しましたので、お知らせいたします。

◇日時:2014年3月29日(土)午前10時30分~午後4時
◇場所:大妻女子大学千代田キャンパス大学校舎地下1階アトリウム他(東京都千代田区三番町12)
◇交通:JR・東京メトロ・都営新宿 市ケ谷駅下車徒歩10分、東京メトロ 半蔵門駅下車徒歩5分、東京メトロ・都営新宿 九段下駅下車徒歩12分 ※駐車場はございません
◇参加費:無料(事前予約不要)
◇プログラム等の詳細については、決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

昨年度の様子はこちら(大妻女子大学ホームページ)をご覧ください。

福祉施設と連携した学内カフェ、開店中

多摩キャンパスの人間関係学部棟ラウンジにおいて、障害のある人と学生が協同してパン、クッキー、コーヒー、紅茶などを提供する、学内カフェの試みがスタートしています。これは本学地域連携プロジェクト「地域の社会福祉法人との連携による学内カフェの運営」として、人間関係学部人間福祉学科小川ゼミと社会情報学部情報デザイン専攻炭谷ゼミが共同で実施しているもので、プロジェクト参加学生には障害のある人と共に働く社会的体験、障害のある人には就労体験の一助となることを目的としています。

カフェに集まる学生たち

カフェに集まる学生たち

八王子市の社会福祉法人「由木かたくりの会」との連携により、毎週木曜の11:00~13:00にオープン。地域でパンやクッキーの製造販売、喫茶コーナーの運営で実績のある「由木かたくりの会」が、人間関係学部棟1階のラウンジにパンや飲み物などを搬入し、同会を利用している障害のある人と学生が協力して販売しています。ラウンジには、テーブルクロスで飾られたテーブルも準備。学内でちょっとしたカフェ気分が味わえます。障害のある人が良い素材でていねいに作ったパンや焼き菓子は、とても美味しいと大評判。一般の学生も木曜の開店を楽しみにしている様子です。
小川ゼミ、炭谷ゼミの学生は、「障害のある人にどこまで手助けしたら良いか、人によって違うので勉強になる」、「その日によって売れるものが違うので、販売の難しさを感じる」、「障害のある人が張り切って売ってくれるので嬉しい」など、それぞれの視点で学びを感じているようです。

ラウンジでカフェ気分

ラウンジでカフェ気分

この学内カフェの様子は、2013年11月1日の読売新聞多摩版に「思いやり売る学内カフェ」という見出しで掲載され、「障害者福祉施設が大学のイベントなどで製品を販売するケースは多いが、学生も巻き込んだ取り組みは珍しい」と大きなスペースで紹介されました。12月一杯、授業期間中は開店していますので、沢山の方々のご来店をお待ちしています。(人間関係学部・小川浩教授)

新聞作りでメディアリテラシー能力の向上を 子ども記者講座

大妻女子大学社会情報学部情報デザイン専攻の炭谷晃男ゼミが多摩市と共催する「子ども記者講座~ニュース報道記者になってみよう!~」が、8月26・28・30日の3日間、永山公民館(東京・多摩市)と本学多摩キャンパスで行われ、参加した小学4年生から中学生までの児童・生徒15人が本格的な新聞作りに挑戦しました。

発表の様子

最終日の子どもたちによる発表の様子(本学社会情報学部実習室にて)

これは、今年から本学でスタートした「地域連携プロジェクト」に採択された炭谷教授の「地域のこどもたちとお年寄りのメディアリテラシー向上プロジェクト」の一環として行われたもの。炭谷教授は同講座で講師を務め、同ゼミに所属する学生たちは子どもたちのサポートをしました。
同講座では、まず、報道の最前線で活躍する共同通信社の編集委員や朝日新聞社の記者が、記者の仕事から取材の仕方、原稿の書き方、写真の撮り方などをレクチャー。その後、子どもたちは実際に多摩市長や同教育委員会、京王電鉄、国体推進室、同市で営業しているお店などにインタビューし、全4ページ(タブロイド判)オールカラーの「2050年の大人新聞 多摩ジュニアだより」を作り上げました。さすが自主的に参加した子どもたちだけあって、どんなことにも意欲的! 取材でも物怖じすることなく積極的に質問をしていました。また、みんなで協力しながら取り組んだ新聞作りを通じて、子どもたちは「人に伝えること」「人とのコミュニケーション」の大切さも学んだようです。

子ども新聞

2050年の大人新聞 多摩ジュニアだより

同新聞は、多摩市内の小・中学校と公民館、図書館、児童館などの公共施設に掲示してあります。

(記事提供:大妻学院広報戦略室)

ドットコードや電子書籍教材で地域貢献

大妻女子大学では、平成25年度から「地域連携プロジェクト」がスタート――。採択された12件の1つである社会情報学部環境情報学専攻の生田茂教授が取り組む「学校を美術館・博物館に変身!」プロジェクトの活動の一環として、生田教授とゼミ生7人が、9月27日に東京都八王子市立柏木小学校の「子ども祭り」に参加しました。これは、生田教授が会長を務める同小学校の学校運営協議会との協働で行われたものです。
当日は、ゼミ生が制作した「マルチメディアを扱える最新のドットコードを用いた教材」や「最新の EPUB3(イーパブスリー) の Media Overlay(メディアオーバレイ) 機能を取り込んだ電子書籍」の展示、そして、博物館や美術館などでの展示用としてリコー社が開発した「紙アプリ」を紹介し、柏木小学校が博物館に変身しました。

児童の書いた絵

ゼミ生7人と同小学校の上田副校長先生(右から4番目)

児童たちからの関心を集めた「多摩動物公園で遊ぼう!」「高尾山を学ぼう!」「英単語を学ぼう!」「自然と遊ぼ!」「川崎大師を学ぼう!」などドットコードを活用した教材や「ランドセルをしょったじぞうさん」「はらぺこあおむし」などの iPad/iBooks 用の電子書籍。その中でも児童たちを1番驚かせたのは、紙アプリ「紙アクアリウム」と「紙レーサー」です。「紙アクアリウム」は、水族館の水槽に見立てた画面の中に児童が描いた「さかな」などの絵を泳がせるもので、「紙レーサー」は、児童が描いたレーシングカー4台でレースを行うもの。児童たちは、自分の描いた絵が自由に動き出すのにびっくり仰天。レーシングカーの競争では、大声で声援を送って大いに盛り上がりました。

ドットコードを活用した教材(写真左) 紙アクアリウム(写真右)

ドットコードを活用した教材(左) 紙アクアリウム(右)

児童のパワーに終止押され気味だった学生ですが、校長先生や副校長先生を始めとする職員のみなさんにも歓迎され、とても貴重な経験を積むことができたようで、「初めて自分が作ったドットコードを活用した教材を実際に子どもたちに使ってもらうことができ、面白かった、難しかったなどの意見が聞けた。今日の活動をさらに活かしながら卒論に励んでいこうと思います」、「とても楽しく刺激的な時間を過ごすことができた。実践での気付きと現場の声の大切さを改めて学びました」と感想を話しています。

今後も同プロジェクト活動の一環として、2つの小学校、そして1つの特別支援学校で取り組む準備を進めています。(社会情報学部・生田茂教授)

Welcome to S. Ikuta’s Web Page(生田教授HP)

(記事提供:大妻学院広報戦略室)

「地域連携プロジェクト」に12件採択

平成25年度から新たにスタートした大妻女子大学「地域連携プロジェクト」の認定証授与式が、7月23日(火)午後6時から千代田キャンパス本館E棟で行われ、採択された12件のプロジェクトの代表者が集まりました。

認定証授与式

認定証授与式

冒頭、「採択おめでとうございます」との言葉とともに挨拶に立った荻上紘一学長は「最近、地域連携活動が大学の主要な活動の1つになっている。採択された皆さまには、ぜひ、本学ホームページ等でPRしながら活動に取り組んでもらいたい」と話し、「どうぞ地域の活性化にご尽力ください」と伝えました。続いて地域連携推進センター所長・大澤清二教授(本学副学長)は、同プロジェクトへの応募が21件あったことに触れ、「当初は5件集まればいい方だと思っていた。予算の関係から12件しか選べなかったのは残念」と悔やみながら、「大妻教育の一環として、ぜひ学生とともに活動に励んでください」と激励しました。

また採択者の1人、社会情報学部・柴田邦臣准教授は「地域あっての大学。今回の採択で地域と連携した事業を行う良いきっかけをいただきました。女子大ならではの地域貢献に取り組んでいきます!」と意気込みを語っています。

(左から)採択の認定証授与、荻上学長、大澤所長

(左から)採択の認定証授与、荻上学長、大澤所長

同プロジェクトは、今年度から設置された地域連携推進センターが、学生の主体性や自立心が身に付く地域連携活動の一層の推進と発展を図ることを目的に創設したもの。「地域社会との連携を活性化するとともに、学生の教育に資する活動」をテーマに、教職員を対象に募集を行い、採択されたプロジェクトチームに活動経費を補助します。採択された地域連携プロジェクトのプロジェクト名と代表者一覧は次のとおり。

1 生田 茂 社会情報学部 教授
・学校を美術館・博物館に変身!

2 田中 優 人間関係学部 教授
・大妻多摩 TABLE FOR TWO ~大学・地域からの食の国際貢献を!~

3 干川 剛史 人間関係学部 教授
・東日本大震災被災地の商店街と連携した復興支援活動

4 黒瀬 奈緒子 社会情報学部 准教授
・小山田緑地の生きもの調査プロジェクト

5 福島 哲夫 人間関係学部 教授
・唐木田コミュニティセンター『からきだ菖蒲館』での 「人生振り返り講座」プロジェクト

6 荒井 芳廣 人間関係学部 教授
・地域に根差した各種NGOへのインターンシップを通じたボランティア・グループの形成

7 阿部 栄子 家政学部 教授
・きもの着装プロジェクト

8 柴田 邦臣 社会情報学部 准教授
・デジタル・ディバイドを克服するメディア実践と地域連携活動

9 阿部 和子 児童臨床研究センター 所長
・子育て広場オープニングプログラム作成プロジェクト

10 小川 浩 人間関係学部 教授
・地域の社会福祉法人との連携による学内カフェの運営

11 堀口 美恵子 短期大学部家政科 准教授
・「大妻力を活かした東北復興支援活動の推進」

12 炭谷 晃男 社会情報学部 教授
・地域のこどもたちとお年寄りのメディアリテラシー向上プロジェクト

(記事提供:大妻学院広報戦略室)