【千代田キャンパス】夏休み小学生講座2019  「理科実験教室」&「工作教室」参加者募集!

【千代田キャンパス】 夏休み小学生講座2019 「理科実験教室」&「工作教室」参加者募集!

大妻女子大学千代田キャンパスで、夏休みに「理科実験教室」&「工作教室」を開催します。本学教員が丁寧に指導しながら一緒に取り組みます。 参加希望の方は、以下の内容をご確認のうえ、8月20日(火)までにメールでお申し込みください。

【日 時】 令和元年8月24日(土) 10時00分~15時00分 (受付開始9時30分)
【対象者】 小学生 ※小学生のお子さんのみの参加となりますが、やむを得ない場合は保護者の方もご参加いただけます。
【場 所】 大妻女子大学 千代田キャンパス(東京都千代田区三番町12) 本館F棟

【時間・定員・講師・内容】
<理科実験教室> ※午前・午後を使って行います。半日だけの参加もOK!
①~⑤  10:00~15:00(お昼休憩 12:00~13:00)  募集定員20人
講師:石井雅幸(家政学部児童学科教授)
※講座内容、持ち物については、「夏休み小学生講座 講座詳細」をご覧ください。

<工作教室> ※片方だけの参加でもOK!
⑥ 13:00~13:45      募集定員10人
⑦ 14:15~15:00      募集定員10人
講師:堀口美恵子 (短期大学部家政科教授)
※講座内容、持ち物については、「夏休み小学生講座 講座詳細」をご覧ください。

<共通>
【参 加 費】 無料 ※昼食をご希望の方は1人500円で用意します。
【申込み方法】次の(1)~(7)を入力し、申込み先にE-mailでお申し込みください。
(件名に「理科実験教室参加希望」または「工作教室参加希望」と記入)
(1) 参加者全員の氏名、学年
(2) 連絡先保護者の氏名
(3) 住所
(4) 電話番号(当日連絡が取れる電話番号)
(5) メールアドレス(パソコンからメールが受け取れるアドレス)
(6) 参加希望の講座(半日のみの参加も可能)
(7) 昼食の要・不要(昼食が必要な場合は、食べ物アレルギーついてご明記ください)

※お申し込みの際にいただきました個人情報は、この夏休み小学生講座に関する連絡のみに使用します。

【申込み先、問い合わせ先】
大妻女子大学 地域連携推進センター
E-mail:chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp

※夏休み期間中のため不在の場合があります。問い合わせ等は、メールでご連絡ください。

※駐車場・駐輪場がございませんので、当日は、徒歩又は公共交通機関のご利用をお願いします。

※当日は、地域連携推進センター職員が、教室の様子などを撮影させていただきます。撮影した内容は、記録及び地域連携推進センターまたは大学の広報活動に使用させて頂きます。予めご了承の上、お申し込みください。

夏休み小学生企画告知チラシ

講座詳細

浴衣の着付け講座開催

7月9日(火)から11日(木)の3日間、家政学部被服学科の阿部栄子教授に講師を務めていただき、浴衣着付け講座をF棟5階被服造形実習室で開催しました。

本学学生や卒業生、地域の方々が参加しました。昨年楽しかったからと2年連続で参加した受講生は、短時間の練習でとてもきれいに着装することができました。「楽しかった」「来年も参加したい」「浴衣で花火を見物に行きます」と皆さん笑顔で帰られました。後日受講生から「靖國神社のみたままつりに浴衣で行くことができ、嬉しかったです。来年は違う帯の結び方を覚えたいです」とメールが届きました。

また、千代田区在勤の男性からの受講希望に応じて、今回初めて男性向けの着付け講座も開催しました。何度も練習され、独りで着装できるようになり「他の教室とは全然違う。これで地元のお祭りに参加して、地域活動に貢献できる」と、たいへん喜んでいました。

 阿部教授も「今年は参加された皆さんがとても熱心で、お帰りの際、笑顔で参加して良かったと満足されていたので、やって良かった。来年も頑張ります」と、おっしゃっていました。

うまく着付けられたので記念に1枚

  

  

  

地域の方との懇談会を開催しました

2019年度 地域の方との懇談会を6月15日(土)、大妻女子大学G棟3階のアクティブラウンジで開催しました。
懇談会は今年で4回目で、地域住民の皆さまから本学に求める活動等についてご意見を伺う機会として開催しています。
当日は、本学周辺の町会・商店街振興組合の役員の方々など、およそ20人が出席くださいました。
会の始めに、本学で行っている地域連携活動の取り組みを人間関係学部人間関係学科の堀洋元准教授、社会情報学部環境情報学専攻の細谷夏実教授、人間関係学部人間福祉学科の藏野ともみ教授の3名に代表で発表してもらいました。また、地域連携・地域貢献活動をより知っていただく試みとして、短期大学部家政科食物栄養専攻堀口教授による体験コーナー「染色コサージュ&ワイヤークラフト~世羅町の香りをつめて~」として、ワイヤークラフト作りを体験していただきました。参加された地域の方々が楽しそうに体験コーナーで体験をしていました。

【地域連携活動発表の様子】
 

【体験コーナーの様子】
 

【懇談会の様子】

 

本学の今年度地域連携プロジェクト・地域貢献プロジェクト採択教員と地域の方々で和やかに懇談が行われ、今後の本学との連携活動について意見交換をすることができました。

2019年6月19日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

【地域連携推進センター企画】大妻みちあそび 参加者募集

大妻女子大学地域連携推進センターでは、幼児から小学生向けの子育て支援講座として『大妻みちあそび』を開催します。募集は親子で30組。
参加ご希望の方は、以下の内容をご確認のうえ、メールまたはFAXでお申し込みください。
※当日参加も可能ですが、事前申込をお願いいたします。当日になって参加を希望される場合は、直接、大妻女子大学へお越しください。 

【日  時】2019年7月20日(土)  <午前の部>10:00~12:00(受付開始:  9:30)
                  <午後の部>13:00~15:00(受付開始:12:30)

【会  場】大妻女子大学 千代田キャンパス(千代田区三番町12番地)校舎と校舎の間の道で実施します。本館入り口付近に集合してください。

【内  容】なわとび、しゃぼん玉、けん玉、水遊び などを用意します。大妻女子大学の先生や学生と一緒に、健康的に屋外で体を動かして遊びましょう。一緒に遊んでたくさんお友だちを作りましょう。
※遊びたいおもちゃ、読みたい本などがあればご持参ください。

【参 加 費】無料

【対  象】幼児及び小学生の親子 ※小学生以上は、お子さんのみの参加も可。

【募集人数】親子で30組

【持 ち 物】動きやすく汚れてもいい格好。着替え。飲み物・タオル持参。

【申込方法】メールかFAXに「大妻みちあそび参加申込」と明記し、以下の内容を記入して、下記申込先へお送りください。
➀氏名(ふりがな)、➁お子様の年齢、➂保護者氏名、➃住所、➄電話番号(当日連絡のつく番号)、➅メールアドレス(パソコンからメールが受け取れるアドレス)⑦参加希望時間(「午前の部」または「午後の部」)
※お申し込みでいただきました個人情報は、本企画に関する連絡のみに使用します。

【お願い】
駐車場・駐輪場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。

【問い合わせ・申込先】
大妻女子大学地域連携推進センター
担当:栗田
TEL:03-5275-6877※平日9:00~17:00(11:10~12:10を除く)
FAX:03-5275-6800
E-mail:chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp

【募集開始】女性限定!浴衣着付け講座 参加者募集

大妻女子大学地域連携推進センターでは、女性限定で千代田区在住・在勤・在学の方向けの「浴衣の着付け講座」を開催します。お子様・外国人の方も歓迎します。
参加費は無料。参加をご希望の方は以下の内容をご確認の上、7月7日(日)までに必要事項を記載し、メールまたはFAXでお申し込みください。

【開催日程】
第1回 7月  9日(火)15:00~16:50(受付開始:14:40)
第2回 7月10日(水)12:50~14:40(受付開始:12:30)
第3回 7月11日(木)12:50~14:40(受付開始:12:30)

【募集人数】
各回10名、最少催行人数:各回3名
受付は先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

【会  場】
大妻女子大学 千代田キャンパスF棟 533被服造形実習室

【内  容】
浴衣の着付けから、浴衣での歩き方、浴衣のたたみ方(お手入れ方法)などを本学教員がわかりやすく指導します。
※ご自分の浴衣を着たままお帰りいただくこともできます。
※ご希望に合わせて、変わり結びや男性の帯結びもご紹介します。

【用意していただく物】

浴衣、帯、着付けに必要な物一式(肌着、ひも2本程度、伊達締め、帯板)、草履または下駄(必要な場合は足袋も)、フェイスタオル2~3枚

 

 

 

 

 

 

注)浴衣をお持ちでない方には、浴衣と半幅帯のセットを、会場内に限りお貸しいたします。(婦人物のみ、数に限りがあります。)

<申し込み方法>
次の①~⑥を入力し、申し込み先E-mailアドレスへメールでお申し込みください。
【浴衣着付け講座参加申込】
①参加者氏名・ふりがな
②メールアドレス(パソコンからメールが受け取れるアドレス)
③住所、電話番号(当日連絡が取れる電話番号)
④身分(学生・卒業生・一般の別。※本学学生の場合は、学部学科・学籍番号を記載してください。)
⑤参加する回(【開催日程】の第1~3回からお選びください)
⑥浴衣等の貸し出し希望の有無

<申し込み・問い合わせ先>
大妻女子大学地域連携推進センター 担当:宮澤
TEL:03-5275-6877 ※平日9:00~17:00 (11:10~12:10を除く)
FAX:03-5275-6800
E-mail:chiiki-event@ml.otsuma.ac.jp

※会場では、地域連携推進センター職員が、講座風景や着付け終了後などを撮影させていただきます。撮影した内容は、記録及び地域連携推進センターまたは大学の広報活動に使用させて頂きます。予めご了承の上お申し込みください。
※お知らせいただきました個人情報は、この企画の連絡のみに使用いたします。

【アダプト事業】九段小学校・九段幼稚園の児童・園児と一緒に花植え活動

 千代田区と地元三番町町会、大妻女子大学、九段小学校、(株)プランナーワールド、子育て広場「あい・ぽーと麹町」などが連携・協力し、三番町町内の歩道に年2回、花植えを行っており、5月30日(木)に春の活動を行いました。 校舎の立て替え工事が終わり、三番町の新校舎に戻ってきた九段小学校児童・九段幼稚園児も参加した今回の活動は、大変賑やかで、活気がありました。本学家政学部児童学科1年生、小学生、幼稚園児が一緒にチームになり、マリーゴールド、インパチェンス、ニチニチソウ、ジニア、ダイアンサス、トレニア、ポーチェラカ、合わせて2,600鉢を「番町学園通り」「大妻通り」に設けられた90カ所もの植樹桝(ます)に地域の方々と協力しながら一緒に植えました。 1時間かけて90センチ×200センチの植樹桝が鮮やかな花でいっぱいになりました。
 

<アダプト事業とは> アダプト事業とは、市民と行政が協同で進める街の美化プログラム。アダプト(Adopt)とは、英語で「養子」の意味。公共の場所を養子にみたて、市民がわが子のように愛情をもって世話(清掃美化)をし、行政がこれを支援する制度。1985年、アメリカテキサス州において始まった。この州の運輸局が管理する高速道路で、ゴミの散乱がひどく、増え続ける清掃費に悩まされていた。そこで、市民に道路を維持管理してもらう目的で協力を呼びかけた。「公共施設里親制度」とも呼ばれ、世界各国に普及している。

【花植えの様子】
    

 

 

 

 

 

 

2019年5月30日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp

第6回 大妻さくらフェスティバル俳句大賞 受賞作品発表

sakura_haiku_line

海外を含め、全国から526名、1,217句という多数の応募がありました。応募してくださったみなさまに感謝いたします。
厳正な審査により選ばれた受賞作品を発表いたします。
これらの作品は「大妻さくらフェスティバル2019」の会場で発表するとともに、「大妻さくらフェスティバル2019」のパンフレットに掲載させていただきます。
※掲載にあたり、敬称は省略させていただきました。

sakura_haiku_rijichou-shou

■ 全テーマ、全部門 ■
下校時き牛島神社春祭
東京都墨田区 西戸悠悟 9歳

へいのうえまどろむ猫の目春祭
東京都千代田区 田室志織 15歳

しばらくは浮いては惑うやながし雛
東京都世田谷区 野上卓 68歳

休みとる父の明るき春の海
愛知県名古屋市 水野結雅 11歳

凪の瀬戸ミカンの花の霞む島
広島県広島市 黒飛義竹 74歳


sakura_haiku_yuushuu-shou

■ テーマ 春祭 ■
小学生以下の部
赤信号十回足ぶみ春祭
東京都墨田区 吉井 凌生 9歳〉

ママと行く大だいこの音春祭
東京都墨田区 武田 海飛 9歳

だるまふでそっとしんちょう春祭り
東京都墨田区 佐藤 龍之介 9歳

中学・高校生の部
雛壇の人形なでる子供たち
東京都千代田区 浅田 美都 15歳

にぎやかな祭りはじまり山笑ふ
東京都千代田区 齊藤 綾香 15歳

折り紙で作った小さな雛祭
東京都千代田区 井澤 美織 15歳

一般の部
春祭少し背伸びの帯締めて
佐賀県唐津市 古賀 由美子 63歳

式三番武骨や村の春祭
東京都杉並区 岡崎 志昴 69歳

春祭り飾り終えたる児の寝息
埼玉県所沢市 占部 耕三 72歳

■ テーマ 海 ■
小学生以下の部
きらきらとまばゆい光春の海
東京都千代田区 越前 美月 11歳

さむいのにカモメとんでる冬の海
東京都墨田区 藤森 ちか 9歳

星光る夜空と同じ夏の海
東京都墨田区 福元 咲菜 9歳

中学・高校生の部
灯台と二人っきりで過ごす秋
静岡県静岡市 丸山 夏奈 14歳

沖縄の冬晴の中波を聴く
東京都小金井市 野村 茉央 17歳

潮風の涼しき路面電車かな
東京都千代田区 吉川 かれん 15歳

一般の部
海を見に行く凩と共に行く
京都府舞鶴市 小見 伸雄  49歳

春の波昨日ピッコロ今日はオーボエ
東京都福生市 原茂 敬浩 71歳

波の花老爺のごとき岩飾る
奈良県奈良市 嶋田 眞 71歳

sakura_haiku_line

東京に開花宣言! 3/23(土)は大妻さくらフェスティバル2019!

靖国神社にある標本木の桜(3/17)

靖国神社にある標本木の桜

本日、3月21日(木)、東京に待望の開花宣言が出ました。
ここ数日の暖かさがさくらのつぼみを膨らませ、本学の近くにある東京都千代田区の靖国神社の、境内の標本木に数輪の桜が花開いていました。
桜は開花してから一週間くらいで満開になるそうですので、今週末開催の「大妻さくらフェスティバル2019」には2分か3分咲き程度かとは思いますが、少し早めのお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

さくらの満開には少し早めの今週末の3月23日(土)。すでにお知らせをしていますが、本学で「大妻さくらフェスティバル2019」が開催されます。北の丸公園や千鳥ヶ淵の桜を見た後、大妻さくらフェスティバルを見るも良し、大妻さくらフェスティバルを見てから花見に行くも良し。「さくら」いっぱいの千代田区にどうぞ足をお運びください。

「大妻さくらフェスティバル2019」の詳しい案内はこちらです。

大妻女子大神輿は、大妻さくらフェスティバルの開催に先駆けて、本館E棟1階エントランスホールに展示中(3/8~4/8予定)です。大妻さくらフェスティバル2019や、お近くにお越しの際は是非ともお寄りください。

omikosi01

御神輿展示風景➀

omikosi02

御神輿展示風景➁

今年も開催します!「大妻さくらフェスティバル2019」

3月23日(土)大妻女子大学千代田キャンパス(JR市ケ谷駅ほか下車)で「大妻さくらフェスティバル2019」を開催いたします。
千鳥ヶ淵など数々の桜の名所を有する千代田区が行う「千代田のさくらまつり」(主催・千代田区観光協会)の一環として開催されるもので、当日は、石川雅己・千代田区長からご挨拶をいただくほか、「千代田学」(千代田区内の大学が調査・研究活動)のパネル発表、本学が行っている地域連携活動の報告、さらに地域交流を深めるさまざまなパフォーマンスなどの楽しいイベントが行われます。皆様お誘い合わせの上、ぜひ足をお運びください。
入場無料。雨天決行。
当日、本学では新高3・高2年生向け学科説明会やCDPの報告会も実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大妻さくらフェスティバル2019開催概要
◇日時:2019年3月23日(土)午前10時~午後3時
◇場所:大妻女子大学 千代田キャンパス 大学校舎地下1階アトリウム他(東京都千代田区三番町12番地
◇交通:JR・地下鉄市ヶ谷駅下車徒歩10分、地下鉄半蔵門駅下車徒歩5分(※駐車場はございません)
◇主催:大妻女子大学
◇後援:千代田区、大妻コタカ記念会、大妻中学高等学校
◇協賛:千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム
◇入場料:無料(事前予約不要)

■アトリウムステージプログラム(大学校舎地下1階 アトリウム)
20150226-03_no_photo一般の方によるステージプログラムの撮影は禁止とさせていただきます。予めご了承ください。
▽10:00 開会・居囃子(九段小学校 九段囃子)・ビッグ・バンド演奏(九段小学校 九段Planets)
▽10:50 理事長挨拶(大妻学院理事長・伊藤正直)
▽10:55 来賓挨拶(千代田区長・石川雅己)
▽11:00~11:10 ステージ準備
▽11:10 合唱(大妻中学高等学校・コーラス部(高校))
▽11:30 日本舞踊(大妻中学高等学校・日本舞踊部)
▽11:50 競技ダンス(法政大学・大妻女子大学・舞踏研究部)
▽12:10 休憩  ※12:20~12:50 千代田学 ポスターセッション
▽13:00 和太鼓(駐日英国大使館太鼓会・どんBRI)
▽13:20~13:30 ステージ準備
▽13:30 チアリーディング演技(大妻女子大学・オールチアリーディングカンパニーLYNX)
▽13:50 アカペラ(二松学舎大学・アカペラサークルVoice of Nation)
▽14:10 フラダンス(大妻女子大学OG Mauhana Hula Studio)
▽14:30 バトントワリング演技(大妻中学高等学校 バトントワリング部)
▽14:50 大妻さくらフェスティバル実行委員長挨拶(地域連携推進センター所長・井上美沙子)
▽15:00 閉会

■「地域連携プロジェクト」報告会プログラム(大学校舎地下1階ラウンジりょうま) 各20分
▽10:00 神保町の出版社と書店を元気にするプロジェクト(教職総合支援センター・深水浩司)
▽10:20 からきだ匠(たくみ)カフェ~地域がつながる場所~(人間関係学部・八城薫)
▽10:40 坂の上の街を囲碁で盛り上げる(家政学部・川之上豊)
▽11:00 どろん子大運動会と寺子屋活動(社会情報学部・炭谷晃男)
▽11:20 三番町アダプトフラワーロードの会との地域美化活動(家政学部・石井雅幸)
▽11:40 里親・ファミリーホームの子ども支援プロジェクト(人間関係学部・山本真知子)
▽12:00 千代田&多摩地域 子供自然体験教育プロジェクト(家政学部・甲野毅)
▽12:20 能登の里海を守る:伝統漁と地域の活性化プロジェクト(社会情報学部・細谷夏実)
▽12:40 子どもの居場所づくりに向けた「大泉子ども食堂」プロジェクト(家政学部・加藤悦雄)
▽13:00 誰もが子どもを見守り隊プロジェクト-子どもも大人も誰かが不自由だと思うことを知るために、私たちの「伝える」取組み-(人間関係学部・藏野ともみ)
▽13:20 地域の子どもたちが体を動かして仲間と遊べるロボット中心の遊び環境づくり支援(社会情報学部・松田晃一)
▽13:40 唐木田発:学生と地域でコラボする体験型防災講座(人間関係学部・堀洋元)
▽14:00 多摩における子育て家族の居住・住み替え支援プロジェクト(社会情報学部・松本暢子)
▽14:20 大学近隣店舗と学生のコラボレーションによる「健康✕ボランティア」プロジェクト(家政学部・高波嘉一)
▽14:40 障害者雇用企業との連携によるTボール大会の開催(人間関係学部・小川浩)
▽15:00 むささび食堂:食事で心の共生を(家政学部・田中直子)

■大妻さくらフェスティバル第6回俳句大賞発表(大学校舎1階掲示場)
本年1月に募集しました俳句大賞の受賞作品が決定いたしました。日本全国からの応募を含めて全1,217句の中から選ばれた優秀な作品を当日、会場で発表いたします。
20150226-10_haiku

 

 

 

■大妻女子大神輿の展示(本館E棟1階 エントランスホール)
毎年7月中旬に行われる靖國神社の「みたままつり」では、麹町靖國講とともに本学学生が神輿振りを奉納しています。そこで使われている大妻女子大神輿を、千代田区の三番町町会のご協力により展示いたします。また本学学生が実際に着用する法被も展示いたします。
sakurahp

 

 

 

 

 

■体験コーナー
【炭を活用したクラフト作り(消臭袋作り)】(大学校舎地下1 階講堂控室)
家政学部ライフデザイン学科環境教育学ゼミです。 昨年の夏休み、メンバーで訪れた妙高高原のすばらしさを、みなさんも感じてみませんか? 私たちは天然林で除伐をし、その木材から炭を作りました。ここ では、その炭を活用したクラフト作り(消臭袋作り)体験が出来ます。作り方は簡単。気に入った炭をおしゃれな袋に入れて、しばるだけ。ぜひお越しください。お待ちしております。※参加費無料(材料が無くなり次第終了) 開催時間 12時30分~13時30分まで

【癒やしのクラフト作り&三陸復興支援のワークショップ】(大学校舎地下1階 アトリウム)
コタカ先生の故郷である広島県世羅町のドライフラワーやヒノキなどの間伐材、桜の花びらや食物の色素で染色した布や毛糸を用い、香りの良いコサージュやミニブーケを作ります。桜型の石鹸カービングも作れます(中学生以上)。 また、三陸の和ぐるみを用いたカスタネットなども作れます。ぜひ、お立ち寄りください。※参加費無料(材料が無くなり次第終了) 開催時間 10時~15時まで(作品により開始時間が異なります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■大妻オリジナル練り切りの特別販売(大学校舎地下1階 購買部)
(株)大妻サポートのご協力により、大妻の校章をかたどった特製の紅白練り切りを、今年も一般向けに特別販売いたします。当日限りの販売ですのでお見逃しのないように。
20150226-09_nerikiri

 

 

 

 

 

■問い合わせ
大妻さくらフェスティバル2019実行委員会(大妻女子大学地域連携推進センター内)
Tel:(03)5275-6877 Fax:(03)5275-6800 メール:こちらから

石川県穴水町の雪中ジャンボかきまつりに大妻ブースを出展しました

大妻女子大学が包括連携協定を結んでいる石川県穴水町で、2月9日(土)10日(日)に「雪中ジャンボかきまつり」が開催されました。このイベントは、穴水町の「まいもんまつり」の一つで、広場に総延長400mの炭火コンロを設置して、穴水の牡蠣をはじめとする海の幸、山の幸を楽しむもので、毎年2日間で数万人の来場者が訪れる町の一大イベントです。 今回、この雪中ジャンボかきまつり会場に大妻女子大学のブースを出展しました。 ブースでは、今年度本学社会情報学部教授の細谷先生とゼミ生の活動内容(穴水町の小学生に地元のお魚や蛎などの海洋生物を書いてもらった絵をカードにし、裏にお魚の名前や特徴などを表記したお魚カードの製作活動、地元のやぶ椿を使った椿茶の作り活動など)をパネルにして展示し、来場者の方に学生が作った椿茶を試飲してもらい、活動に関するアンケートにご協力いただきました。 また、小学生の書いた絵をデザインしたのれんやのぼり旗を作成しブースに飾り付けしたり、アンケートにご協力いただいた方につば黄茶のティーパックやお魚の絵のポストカードをプレゼントしました。来場者の中には、本学の卒業生や東京近郊からのお客さんもいて、大妻?なぜ?と不思議に思ってブースに立ち寄ってくださる方もいました。また、中高生やご家族の方は将来の大学受験のためにと本学の学部学科について聞きに来てくれました。2日間とも雪の降る中ではありましたが、300名を超す方々がブースに立ち寄ってくださり、ポストカード100セットとつば黄茶のティーパック100個もすべて配布し、100枚以上のアンケートを回収することができました。アンケートは集計し、今後の活動に反映させていきたいと考えております。ご来場及びアンケートへのご協力ありがとうございました。

【大妻ブースの様子】
   

穴水では農家民宿に宿泊し、今では見かけなくなったいろりで暖をとりながら、地元の方々から穴水に関するお話を伺ったり、おいしい郷土料理をいただいたりと、貴重な体験をすることができました。 昔ながらのお家のお風呂や、トイレを今風にリフォームしてあり、快適にすごすことができました。

【農家民宿の様子】
   

2019年2月14日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : chiiki_wp