2019年度「地域連携プロジェクト」「地域貢献プロジェクト」が決定

2019年度「地域連携プロジェクト」「地域貢献プロジェクト」の採択決定通知授与式及び事務説明会を6月15日(土)午後1時00分から千代田キャンパス本館E棟で実施し、採択されたプロジェクトの代表者が集まりました。

今年度は地域連携プロジェクトに14件(家政学部:食物学科2件、児童学科2件、ライフデザイン学科1件/社会情報学部:3件/人間関係学部:人間関係学科2件、人間福祉学科1件/比較文化学部:1件/教職総合支援センター1件/スポーツ共同研究室1件)、地域貢献プロジェクトに9件(家政学部:食物学科:1件、ライフデザイン学科1件/社会情報学部:1件/比較文化学部2件/短大家政科1件/教職総合支援センター:1名/英語教育研究所:1件/国際センター1件)の応募があり、それぞれ12件、4件が採択されました。

  

 

採択された各プロジェクトの代表者とプロジェクト名は次のとおり。

【地域連携プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 石井 雅幸  家政学部 教授 ・三番町アダプトフラワーロードの会との地域美化活動

2 小川 浩  人間関係学部 教授 ・障害者雇用企業との連携によるTボール大会の開催

3 加藤 悦雄  家政学部 准教授 ・子どもの育ちを地域で見届ける「大泉こども食堂」プロジェクト

4 川之上 豊  家政学部 教授・大妻囲碁フェスタ-坂の上の街を囲碁で盛り上げる-

5 甲野 毅  家政学部 准教授 ・千代田&多摩地域 子供自然体験教育プロジェクト

6 炭谷 晃男  社会情報学部 教授 ・多摩NTにおける子どもと中高年の居場所づくり

7 田中 直子  家政学部 教授 ・むささび食堂:食事がつなぐ地域の輪

8 深水 浩司 教職総合支援センター 常勤特任講師 ・神保町の出版と書店を元気にするプロジェクト2019

9 細谷 夏実 社会情報学部 教授 ・能登の里海を守る:地域の活性化と海育普及プロジェクト

10 堀 洋元  人間関係学部 准教授 ・体験から学ぶ防災~防災と言わない防災を目指して~

11 松本 暢子 社会情報学部 教授 ・多摩市における街区公園改修に関するプロジェクト

12 八城 薫  人間関係学部 准教授 ・からきだ匠(たくみ)カフェ~地域がつながる場所~

 

【地域貢献プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 川口 美喜子 家政学部 教授 ・働く男性女性のプレコンセプションケアの支援

2 渡邉 顕彦 比較文化学部 准教授 ・Likio Ellinidon: ギリシャ伝統舞踊公演

3 堀口 美恵子 短期大学部 教授 ・大妻力による世羅町の6次産業支援を区民の健康力向上につなげる地域貢献活動について

4 深水 浩司 教職総合支援センター 常勤特任講師 ・多摩図書館ツアー2019(学びのかなめ、公共図書館、学校図書館、大学図書館、そして世界の図書館を知る)

 

【募集開始】地域連携プロジェクト・地域貢献プロジェクトの募集開始

2019年度「地域連携プロジェクト」及び「地域貢献プロジェクト」の募集を開始します。

 ※「地域連携プロジェクト」は地域の方々と連携して一緒に行う活動、「地域貢献プロジェクト」は講座、講演会、演奏会のように地域の方々へ本学の知的財産を提供する活動が対象となります。
※応募の詳細は募集要項をご覧ください。

 ■地域連携プロジェクト
学生と教職員又は複数の教職員のグループによる地域社会と連携し、地域を活性化する事業を募集します。

【対象テーマ】
地域社会との連携を活性化するとともに、学生の教育に反映できる活動

【支援期間】
2019年5月9日(木)~2020年3月31日(火)

【応募資格】
・本学の教職員で構成されるグループ
・本学の教職員と学生(大学院生・短大生を含む)で構成されるグループ
   ※学生のみの応募はできません。

【支援額等】
1プロジェクトにつき30万円を上限とします。採択数10件程度。

【受付期間】
2019年5月9日(木)~6月4日(火)12時まで

【募集要項】
20140526-01 ←こちらをクリックしてください。

 

■地域貢献プロジェクト
講座、講演会、音楽会開催等、地域社会の教育、学術、文化の発展に貢献する事業を募集します。
※個人でも応募できます。

【対象テーマ】
本学の教育と研究成果を地域社会へ還元又は地域社会の教育、学術、文化の発展に貢献する活動

【支援期間】
2019年5月9日(木)~2020年3月31日(火)

【応募資格】
・本学の教職員(個人又はグループ)
・本学の教職員と学生(大学院生・短大生を含む)で構成されるグループ
   ※学生のみの応募はできません。

【支援額等】
1プロジェクトにつき30万円を上限とします。採択数 数件程度。

【受付期間】
2019年5月9日(木)~6月4日(火)12時まで

【募集要項】
 20140526-02 ←こちらをクリックしてください。

 

■問い合わせ先
大妻女子大学 地域連携推進センター事務部
TEL: 03-5275-6877 (内線 3782・3783)
E-mail: chiiki@ml.otsuma.ac.jp

【地域貢献プロジェクト】おやつコンテストの審査員募集!

平成30年度 大妻女子大学地域貢献プロジェクト「大妻力を世羅町の第6次産業支援につなげる地域貢献活動の試み」の活動の一環として、おやつコンテストの審査員を募集します。申込締切11月5日(月) ※定員になり次第申し込みを締め切ります。

大人に不足しがちな栄養素を含んだおやつを考案しよう!をテーマに、和食材の米粉、海苔、おから、炒りぬか、こんにゃく、ゴマ、乾物等を活用したものや、学祖大妻コタカの故郷である広島県世羅町の食材(果物、松きのこ、雑穀等)を活用したもの、三陸の食材(和ぐるみ、昆布、魚介類等)を活用したもの等、国産食材を使った美味しい大人向けのヘルシーおやつを本学学生に募集し、多数の応募をいただきました。
本学学生が考案し応募されたおやつの中から一次審査を通過した大人向けのヘルシーおやつを試食し、審査していただきます。
各種世羅茶の試飲もできます!

【開催内容】
1.日時     2018年11月10日(土) 13時30分~15時30分 (受付開始13時)
2.場所     大妻女子大学 千代田キャンパス 本館F棟 536教室
3.対象     千代田区在住、在勤の方(他地区にお住まいのご友人の同伴も可能)
4.参加費    無料
5.定員     先着20名(大人)
6.お願い事項
・当プロジェクトの活動記録のため、スタッフが撮影を行います。支障等ございましたら、お申し出ください。
・大学構内には、駐車および駐輪のスペースがございません。公共機関の利用をお願い申し上げます。

7.申込方法等
申込は、プロジェクト事務局まで電子メールでお願いします。
件名「おやつ希望」とし、参加人数、お名前(ふりがな付)、連絡先(電子メールアドレスと電話番号)を明記し、11月3日(土)までにお申し込みください。※お子様の同伴も可能です。
メールアドレスpeach@ml.otsuma.ac.jp
※皆様の個人情報は、上記のプロジェクトに関する連絡のみに使用します。

8.問合せ先  短期大学部 堀口美恵子(電話:03-5275-6054)
 家政学部 上杉 宰世 (電話:03-5275-6695)

【イベント中止のお知らせとお詫び】「ペットボトルで万華鏡を作ろう!」開催中止について

平成30年度 大妻女子大学地域貢献プロジェクト「子どもの創造性を育てるものづくりワークショップ」の活動の一環として、10月27日(土)に「ペットボトルで万華鏡を作ろう!」を開催予定でしたが、諸事情により開催を中止させていただきます。
楽しみにしてくださっていた皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

【地域貢献プロジェクト】昨年に引き続き予約の取れないおだし教室が ⼤妻⼥⼦⼤学へやってくる!! 参加者募集

おだしをとるって難しそうだし⾯倒・・・ でも家庭でおだしをとれたらいいな・・・ そんな⽅必⾒!!
平成30年度地域貢献プロジェクト「「だし」で育む和食のみらい推進プロジェクト2」の一環で、昨年に引き続き予約の取れないおだし教室が⼤妻⼥⼦⼤学へやってくる!!(講師:博多三徳三代⽬ 上⽥ 江美⼦ 先⽣)を開催します。今年は、1回目でおだしの簡単なとり⽅、活⽤法、だし素材のことまでをわかりやすく学び、2回目で1回目に学んだメニュー数品を実際に調理実習します。
ふるってご参加ください。

【第1回】
⽇時:11⽉3⽇(土・祝) 11:00〜13:30(受付10:45〜)
内容:おだしの簡単なとり⽅、活⽤法、だし素材のことまで、上⽥先⽣の⽬からウロコのお話は必⾒です!
当⽇はおだしを使ったお料理をデモンストレーションで学び、試⾷タイムとなります。(講義がメインです)
講師:博多三徳三代⽬ 上⽥ 江美⼦ 先⽣

【第2回】
⽇時:11⽉24⽇(土) 11:00〜13:30(受付10:45〜)
内容:11⽉3⽇に学んだメニュー数品を実際に調理して試⾷します。
エプロン、三⾓⼱をご持参ください。(調理実習がメインです)
講師:大妻女子大学短期大学部 富永暁子准教授    ※本学学生がサポートします。

【共通事項】
場所:⼤妻⼥⼦⼤学 本館F棟5階 多⽬的調理実習室(千代⽥区三番町12)
定員:先着30名 ※両⽇程参加できる⽅・初参加の⽅を優先させていただきます。
    ※定員になり次第申し込みを締め切ります。

参加費:無料
対象:千代⽥区近隣の⽅
持ち物:スリッパ(上履き)※調理実習室は⼟⾜厳禁です。

申し込み・お問い合わせ先:otsuma.odashimirai@gmail.com
申込方法
参加される⽅全員の⽒名、⽒名のふりがな、住所、電話番号(当⽇連絡のつく番号)を明記の上、お申込み下さい。
こちらからの返信メールが届き次第、お申込み完了となりますので、2⽇経っても返信がない場合は、再度ご連絡下さい。

※注意事項
●駐車場・駐輪場はございませんので、徒歩または公共交通機関をご利用ください。
●託児はございませんので、⼩さなお⼦様連れの⽅は、各⾃で⾒ていただくようお願いいたします。
●試⾷の際は⾷物アレルギーにご注意下さい。
●開催時に担当者が、記録・ホームページ掲載・広報活動等で使用する写真撮影を行いますのでご了承ください。

【地域貢献プロジェクト】企業内ジョブコーチスキルアップゼミナールⅡ 参加者募集

平成30年度 大妻女子大学地域貢献プロジェクト「障害者雇用を支える現場スタッフのためのゼミナールⅡ」の活動の一環として、「企業内ジョブコーチスキルアップゼミナールⅡ」を下記のとおり千代田キャンパスで開催します。内容は、企業の障害者雇用担当者を対象とした、障害者雇用で求められる専門性を4つのテーマに分けて、大妻女子大学の人間福祉学科教員、NPO法人ジョブコーチ・ネットワークの講師陣が講義を担当します。昨年度、多摩キャンパスで開催したものと同様の内容です。 4回すべてを受講した方に修了証をお出しします。4回すべてに参加できない方も単回での受講が可能です。内容は企業に所属する障害者雇用担当者を想定していますが、定員に余裕のある限り、就労支援に従事される方などの受講も可能です。
皆様のご参加を、スタッフ一同、お待ちしております。
申し込み締め切りは、各回開催日の3日前の17時まで ※4回全て受講できる方を優先させていただきます。

【開催日程】
 第1回 「自閉症スペクトラムの特性を理解する」
  日 時:2018年10月16日(火)18:00-19:30
  講 師:松尾 江奈氏(社会福祉法人 横浜やまびこの里)

 第2回 「発達障害者の雇用で知っておくべきこと」
  日 時:2018年11月12日(月)18:00-19:30
  講 師:千田 若菜氏(医療法人社団 ながやまメンタルクリニック)

 第3回 「精神障害者の対応と医療機関との連携」
  日 時:2018年12月11日(火)18:00-19:30
  講 師:森屋 直樹氏(山梨大学 学生サポートセンター アクセシビリティ・コミュニケーション支援室)

 第4回 「面談の基本技術と本人へのフィードバック」
  日 時:2019年1月15日(火)18:00-19:30
  講 師:小川 浩氏(大妻女子大学 人間関係学部教授)

【会 場】  大妻女子大学 千代田キャンパス E棟 (東京都千代田区三番町12)

【参加費】  無 料

【定 員】  50人 ※原則として先着順。 (4回全て受講できる方を優先させて頂きます。)

【お願い】
 駐車場・駐輪場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
 開催時に担当者が、記録・ホームページ掲載・広報活動等で使用する写真撮影を行いますのでご了承ください。

【申込・問合せ先】
 お申込みやお問い合わせ、各回の詳細につきましては、「障害者雇用を支える現場スタッフのためのゼミナールⅡ」の専用ホームページをご覧ください。

平成30年度「地域連携プロジェクト」「地域貢献プロジェクト」が決定

平成30年度「地域連携プロジェクト」「地域貢献プロジェクト」の採択決定通知授与式及び事務説明会を6月16日(土)午後1時00分から千代田キャンパス本館E棟で実施し、採択されたプロジェクトの代表者が集まりました。

今年度は地域連携プロジェクトに19件(家政学部:食物学科2件、児童学科3件、ライフデザイン学科1件/社会情報学部:4件/人間関係学部:人間関係学科5件、人間福祉学科3件/教職総合支援センター1件)、地域貢献プロジェクトに7件(家政学部:ライフデザイン学科1件/人間関係学部:人間福祉学科2件/比較文化学部2件/短大家政科2件)の応募があり、それぞれ16件、7件が採択されました。伊藤学長からは「高大連携、地域連携、企業との連携、国際社会との連携等、社会全体を見据えた連携活動を考えて取り組んでいって欲しい」との挨拶をいただきました。また地域連携推進センター所長である井上副学長からは「地域に根を張り、さらなる大学のあり方を考え、活動に取り組んでいって欲しい」との言葉がかけられました。

  

 

採択された各プロジェクトの代表者とプロジェクト名は次のとおり。

【地域連携プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 石井 雅幸  家政学部 教授 ・三番町アダプトフラワーロードの会との地域美化活動

2 小川 浩  人間関係学部 教授 ・障害者雇用企業との連携によるTボール大会の開催

3 加藤 悦雄  家政学部 准教授 ・親子の居場所づくりに向けた「大泉こども食堂」プロジェクト

4 川之上 豊  家政学部 教授・坂の上の街を囲碁で盛り上げる

5 藏野 ともみ 人間関係学部 教授 ・誰もが子ども見守り隊プロジェクト-子どもも大人も誰かが不自由だと思うことを知るために、私たちの「伝える」取組み-

6 甲野 毅  家政学部 准教授 ・千代田&多摩地域 子供自然体験教育プロジェクト

7 炭谷 晃男  社会情報学部 教授 ・どろん子大運動会と寺子屋活動

8 高波 嘉一  家政学部 教授 ・大学近隣店舗と学生とのコラボレーションによる「健康×ボランティア」プロジェクト

9 田中 直子  家政学部 教授 ・むささび食堂:食事で心の共生を

10 深水 浩司 教職総合支援センター 常勤特任講師 ・神保町の出版と書店を元気にするプロジェクト

11 細谷 夏実 社会情報学部 教授 ・能登の里海を守る:伝統漁と地域の活性化プロジェクト

12 堀 洋元  人間関係学部 准教授 ・唐木田発:学生と地域でコラボする体験型防災講座

13 松田 晃一 社会情報学部 教授 ・地域の子どもたちが体を動かして仲間と遊べるロボット中心の遊び環境づくり支援

14 松本 暢子 社会情報学部 教授 ・多摩における子育て家族の居住・住み替え支援プロジェクト

15 八城 薫  人間関係学部 准教授 ・からきだ匠(たくみ)カフェ~地域がつながる場所~

16 山本 真知子 人間関係学部 専任講師 ・里親・ファミリーホームの子ども支援プロジェクト

【地域貢献プロジェクト】

ここをクリックすると、各プロジェクトの概要が見られます。

1 大西 一也 家政学部 教授 ・子どもの創造性を育てるものづくりワークショップ

2 小川 浩 人間関係学部 教授 ・障害者雇用を支える現場スタッフのためのゼミナールⅡ

3 久保 忠行 比較文化学部 准教授 ・ジュニアアスリートのためのスポーツ栄養セミナー

4 藏野 ともみ 人間関係学部 教授 ・認知症や精神疾患を抱える人々の地域移行・地域定着を学ぶワークショップ

5 高田 馨里 比較文化学部 准教授 ・東京都少女サッカー大会(小学生)支援プロジェクト

6 富永 暁子 短期大学部 准教授 ・「だし」で育む和食のみらい推進プロジェクト2

7 堀口 美恵子 短期大学部 教授 ・大妻力を世羅町の第6次産業支援につなげる地域貢献活動の試み

 

【募集開始】地域連携プロジェクト・地域貢献プロジェクトの募集開始

平成30年度「地域連携プロジェクト」及び「地域貢献プロジェクト」の募集を開始します。

※「地域連携プロジェクト」は地域の方々と連携して一緒に行う活動、「地域貢献プロジェクト」は講座、講演会、演奏会のように地域の方々へ本学の知的財産を提供する活動が対象となります。
※応募の詳細は募集要項をご覧ください。

■地域連携プロジェクト
学生と教職員又は複数の教職員のグループによる地域社会と連携し、地域を活性化する事業を募集します。

【対象テーマ】
地域社会との連携を活性化するとともに、学生の教育に反映できる活動

【支援期間】
平成30年5月10日(木)~平成31年3月31日(日)

【応募資格】
本学の複数の教職員又は教職員と学生で構成するグループ(学生のみの応募はできません)

【支援額等】
1プロジェクトにつき30万円を上限とします。採択数10件程度。

【受付期間】
平成30年5月10日(木)~6月4日(月)13時まで

【募集要項】
20140526-01 ←こちらをクリックしてください。

 

■地域貢献プロジェクト
講座、講演会、音楽会開催等、地域社会の教育、学術、文化の発展に貢献する事業を募集します。
※個人でも応募できます。

【対象テーマ】
本学の教育と研究成果を地域社会へ還元又は地域社会の教育、学術、文化の発展に貢献する活動

【支援期間】
平成30年5月10日(木)~平成31年3月31日(日)

【応募資格】
本学の教職員(個人又はグループ)又は教職員と学生で構成するグループ(学生のみの応募はできません)

【支援額等】
1プロジェクトにつき30万円を上限とします。採択数 数件程度。

【受付期間】
平成30年5月10日(木)~6月4日(月)13時まで

【募集要項】
20140526-02 ←こちらをクリックしてください。

 

■問い合わせ先
大妻女子大学 地域連携推進センター事務部

 

【地域貢献プロジェクト】第2回 予約の取れないおだし教室が ⼤妻⼥⼦⼤学へやってくる!! 予定通り開催

第2回 予約の取れないおだし教室が ⼤妻⼥⼦⼤学へやってくる!!は予定通り10月22日(日)11:00から開催いたします。
気をつけてお越しください。

好評につき第2回 予約の取れないおだし教室が⼤妻⼥⼦⼤学へやってくる!! (講師:博多三徳三代⽬ 上⽥ 江美⼦氏)を開催します。
おだしをとるって難しそうだし⾯倒・・・ でも家庭でおだしをとれたらいいな・・・ そんな⽅必⾒!!
平成29年度地域貢献プロジェクトで、とっても簡単で苦にならない、頑張らなくても続けられる、美味しいおだしのとり⽅から活⽤法まで詳しく教えていただきます。
当⽇は実際におだしのとり⽅、おだしを使ったお料理の作り⽅をデモ形式で学んだ後、みんなで試⾷タイムです♪
ふるってご参加ください。

⽇時:10⽉22⽇(日) 11:00〜13:00(受付10:45〜)
場所:⼤妻⼥⼦⼤学 本館F棟5階 多⽬的調理実習室(千代⽥区三番町12)
定員:先着30名 ※定員になり次第申し込みを締め切ります。
参加費:無料
対象:千代⽥区近隣の⽅(今回初参加の方を優先させていただきます)
持ち物:スリッパ(上履き)※調理実習室は⼟⾜厳禁です。

申し込み・お問い合わせ先:otsuma.odashimirai@gmail.com
申込方法
参加される⽅全員の⽒名、⽒名のふりがな、住所、電話番号(当⽇連絡のつく番号)を明記の上、お申込み下さい。
こちらからの返信メールが届き次第、お申込み完了となりますので、2⽇経っても返信がない場合は、再度ご連絡下さい。

※注意事項
●託児はございませんので、⼩さなお⼦様連れの⽅は、各⾃で⾒ていただくようお願いいたします。
●試⾷の際は⾷物アレルギーにご注意下さい。
●駐⾞場・駐輪場はございませんので、公共交通機関をご利⽤下さい。
●プロジェクト活動記録として、撮影を⾏い、広報などに使⽤させていただきます。
ご了承の上、お申込み下さい。
●皆様の個⼈情報は、上記のプロジェクトに関する連絡のみに使⽤します。

【地域貢献プロジェクト】「間伐材を使った工作で身近な森林保全を学ぼう!」参加者募集

平成29年度 大妻女子大学地域貢献プロジェクト「子どもの創造性を育てるものづくりワークショップ」の活動の一環として、「間伐材を使った工作で身近な森林保全を学ぼう!」を下記のとおり開催します。内容は、準備した材料を使って簡単なルームプレートを制作します。申し込み締め切り10月6日(金)
皆様のご参加を、スタッフ一同、お待ちしております。

【開催日程】
1. 日 時:10月15日(日)13:30~15:30 (受付開始:13:00)

2. 場 所:大妻女子大学F棟442工作室 (東京都千代田区三番町12番地)

3. 対 象:およそ7才児童まで(基本的に親子参加で)

4. 募集人員:25名(15組程度) ※受付は先着順となります。

5. 参加費:無料

6. 持ち物:なし

7. 申込方法:下記内容を記載していただき10月6日(金)までに、メール(ecowork.rc@gmail.com)にてお申し込みください。
詳細につきましては、返信メールにて、ご案内させていただきます。
参加者全員のお名前(ふりがな)、年齢、参加人数、保護者氏名(ふりがな)、携帯番号(当日連絡のつく番号)
※お申し込みでいただきました個人情報は、本企画に関する連絡のみに使用します。

8. お願い
駐車場・駐輪場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

9. お問い合わせ先
大妻女子大学家政学部ライフデザイン学科
教授 大西 一也
TEL:03-5275-6027  E-mail:ohnishi@otsuma.ac.jp(参加申込みは上記gmailまで)